憂鬱な彼と無敵のロマンチスト

yuutsu na kare to muteki no romanticist

憂鬱な彼と無敵のロマンチスト
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
26
評価数
10件
平均
2.9 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
プリズム文庫(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784775512906

あらすじ

フランスミステリの翻訳者である相田は、3ヶ月限定でしか男と付き合わない。
なぜなら、深入りした男が必ず不幸になるから。
そんな相田を3年にわたって口説き続ける古生物学者の卵の羽川は、とんでもない強運の持ち主らしい。
相田の痛烈なわがままにもまったく動じないこの頑丈な年下の男は、最強無敵のロマンチストだ。
最近、別れた男にしつこくされて困っていた相田は、やむをえず羽川を自宅に居候させることにしたが―。

表題作憂鬱な彼と無敵のロマンチスト

化石ハンターを目指す古生物学者の卵・羽川正義28歳
大学で仏語の講師もしている翻訳家・相田渉30歳

評価・レビューする

レビュー投稿数7

包容力のある年下男が素敵!

1冊丸ごと表題作です。相田(受け)の目線で進んでいきます。

雪国出身の相田(受け)は付き合った人が事故、急病、雪山で滑落遭難、と次々と不幸になることから、3か月限定でしか男と付き合わない事にしていた。だが、永峰は結婚を決めていたことから安心してしまい期間内は恋人として甘い顔で過ごしてしまったところ、別れを切り出したところストーカーになってしまう。相田は仕方なく、期間限定で付き合っていた男の後輩・羽川(攻め)を「新しい男」と見立てるために同居することにして…。

同居して恋人の振りして両思いという単純なものではなく、羽川と一緒に会って永峰が納得したら、その日のうちに相田は羽川を家から追い出してしまいます。羽川も大人しく出て行き、半月以上連絡を寄越さないという何とも味気ない展開が予想外で面白かったです。

それにしても、羽川がイイ男でした。冷たくあしらう相田を「人を傷つけることで自分の身を必死で守っている」、自分は呪われているというのは死んだ恋人と繋がっていたいからと理解し、何度でも何度でも近づいていきます。「一生振り向いてくれなくても傷つかない。後悔する頃にはどうせ死んでる続き」にはぐっと来ました。鈍いのではなく、鈍く感じていないふりができる芯の強さも格好良かったです!古生物学者らしい骨に絡めた話も納得できる面白い発想でした。

私は結構この作品が好きなのですが、どうにも評価がいまひとつなのは相田が永峰に冷たいからかもしれません。病むほどまで恋焦がれられているのに、期間が過ぎたからサヨナラ。また羽川にもさんざん好きにならないと冷たい振る舞いをするのが好感を持たれず低評価につながっているような気がします。

ですが、永峰から救出された後で覚悟を決めて羽川と両思いになってからの甘い顔は可愛らしかったです。両思い→エッチで終わりという展開でなく、相田の身体を気遣って3か月後に仕切りなおしというのが面白かったですし、甘い二人が長く読めて満足でした。

包容力のある年下攻めがお好きな方にはお勧めです!

1

タイトルだけが…

付き合う男を不幸にするトラウマがある相田は付き合っても3ヶ月で別れる。そんな中、3年もの間相田を好きだと言い続けて身体の関係はあるものの付き合ってはいない強運男、恐竜化石おたくの羽川と相田のストーカー対策の為に一緒に住むことになり…最終的にはストーカーの拉致監禁レイプ事件をきっかけに相田が素直になりむすばれるお話です。
全体的には好きです!
ツンな感じの相田と、それを辛くないことはないだろうにいつも受け入れて待ち続ける羽川。
監禁されても羽川が絶対助けてくれるはずという希望にすがり正気を保てた相田、犯人に対して怒りを覚える羽川、でも相田が怯えるとその怒りを抑え笑顔になれるなど、お互いが大切な想いがとても伝わってきます。
ほんと羽川が我慢強くまっててくれて良かった!
でも相田が、はね、と呼ぶたびにきっと羽川は嬉しかったはず!人付き合いが苦手で親しい人もほとんどいない、そんな人間から自然と出る愛称のような呼び方は特別な感じがしてきゅんってします!(≧∇≦)って私だけでしょうか?(笑)

ただ、相田は憂鬱?な彼なんでしょうか…。
羽川は無敵ではあるもののロマンチスト?なんでし続きょうか…。
そして相手を不幸にするジンクスって…ちょっと言い回しが違うような気が…。
それだけがちょっと残念です。

1

不幸を呼ぶ男

不幸を呼ぶ男って事で、あらすじ読んだ時点ではもっとコミカル系な話かと思ってたんですが、相田〔受〕が心底愛した男が事故で亡くなって彼の事が忘れられなかったりと「不幸」ってより「悲劇」な面もありました。
そんな過去もあり、付き合う男とはあくまで割り切った関係で三ヶ月のみという相田。
そんな彼に対して、あくまでマイペースでやってくる羽川。
この2人の関係に、相田に付きまとう男が絡んできます。
最後は目出度くくっついたからまあいいのかな。
ただ相田と羽川の会話のコミカルさとシリアス度がちょっとちぐはぐな感じがしたので統一感が無かった様に思います。

0

最終的にはかわいくなったと思う。

古生物学者の卵・羽川×仏文翻訳家・相田

相田には恋人を不幸にしてしまうというジンクスがあって。
過去に3人の男が命の危機に曝されたり死んでしまったり。
そんなことがあったせいで恋愛に対する恐怖もあり、ゲーム感覚で深入りせずに付き合える「3カ月限定の相手」との関係を繰り返している。
当然、気に入らなければその期間は短くなるけれど、長くなるようなことはない。

そんな関係から唯一外れるのが羽川という男。
元々は付き合っていた人間の後輩で。
化石ハンターを目指しているというその男は行けば必ず化石が出るというラッキーボーイ。
自分とまるで正反対のジンクスを持つ相田に興味を持っていて。
相田はそんな羽川を最初は煩わしく思っていたし拒絶もするんだけども、少しもめげない羽川に根負けするように時々飲むような友人になる。
そうして、距離を詰めていくと羽川が自分に好意を持っているのは明確で。
やがて告白もされるが受け入れる気のない相田は断る。
そこで話は終わりそうなのに何故か2人はその後時々肌を重ねる関係になります。
羽川は「好きだ」と言い続けているし、相田は断り続けている続きし。

そんな中、元彼がちょっとしたストーカーになり相田の周辺を騒がせ始める。
後腐れのない相手を選んだつもりが付き合い方を間違えていたようで。
その後、拉致監禁ということになってしまうんだが。

ようやくこの辺りで面白くなってきました。
前半はそれほど心動かされるものがなかったんですけどね。
元彼が病んできているのは確かに元彼自身の在り方にもあるのだけれど。
そうしてしまったのは、また相田のやり方が間違っていたせいで、それもジンクスに当てはまるのではないかとか。
それを更に追い込むような言葉を自分が言っていると認識しながらも言ってしまうところとか。
ここにきてようやく、相田にとっての「羽川」という存在に向き合えるようになってくるところとか。
部屋に帰ってからの羽川とのやりとりで相田がようやく過去から解放されつつあるところとか。
それまでの減らず口を叩くような関係のせいもあってなかなか素直な気持ちを言葉にできなかったりもするけど、最後にはとても甘くなってた気がします。
恋人になってからの相田は口調は相変わらずだけども、言ってることがどれもこれも独占欲とかそんな感じの「好き」って気持ちの現れでホントかわいいです。

1

不幸を打ち破った強運の男

自分が深入りした男は必ず不幸になる。
だから特定の相手を作らないという相田。
そんな相田の不幸なジンクスを打ち破らんとする年下の男・羽川。

相田は過去の辛い恋の経験で、たいへん臆病になっています。
しかし彼の受けた傷の大きさや辛さはよく理解できるのですが、
自分の辛さばかりにとらわれて、他人の心の痛みには鈍感な人だなと思いました。
こういう人は自分の脆さを守るために、
無自覚ですが他人に対しては情け容赦がありません(苦笑)
よっぽど人間が出来た人でないと、相田とは付き合えないでしょう。

しかしそのよっぽど人間が出来た人(羽川)が側にいたのは、
相田にとって幸せだったと思います。
おちゃらけてのん気に見える羽川が実は思慮深く、
不器用で棘だらけの相田を丸ごと包もうとするいい男っぷりで。胸キュンです。

羽川の求愛をつれない素振りでかわしてきた相田が、
終盤に見せたデレデレっぷりが可愛くて。
前半との落差に萌えました。

羽川と相田の二人の恋の成就を描いた物語としては、とても好きなのですが。
中盤の山場である拉致監禁レイプが、ちょっとココだけ妙続きに雰囲気が
浮いてしまっているような印象を受けました。

1

乾燥注意

「恋人」となった男が3人続けて事故、病気、死亡と悲運にみまわれ別れを迎えた相田。自分が真剣につきあおうとする相手は不幸になる…と傷ついた 相田はそれ以来、情が移りすぎない「3ヶ月の期間限定」という条件をのむ相手とのみつきあってきた。

そんな中の一人、片瀬の後輩だった羽川は、3年前相田が片瀬と別れたあとからずっと求愛を続けている。
身体の関係もあるけれど、「好きだ」という羽川の言葉は一切拒否。
相田は毒舌で冷淡な氷の女王様。相当なツンデレでした。
心の中はともかく、かなり容赦ないので、性格悪いなと感じる部分もままありましたかね。
しかし羽川が、自分の辛さを全部飲み込んだ上で、さらに相田より上手をいけるほど頑丈で包容力のある年下攻めなので、二人の関係に危うさはないです。相田がどう観念するか、というだけで。

相田をつけまわす過去の男が登場し、相田は拉致監禁レイプされてしまうんですが、これは正直言うと無条件に相田に同情はできなかったです。
自分の傷に人を巻き込むな、という羽川のセリフがあるけれどホントにそうで、自業自得もあると思う。ストーカーはもちろんいいわけないけど、人続きは皆計算通りにはいかない。
こんなことしてたらいつか刺されるんじゃないかと思っていたので、似たようなことにはなったけど、命を落とす前に羽川に捕まえてもらって良かったですね(笑)

「大人」ってことは「ドライ」とは違いますよね。
私はもう少しウェット感ある方がいいなぁ。
二人の丁々発止な会話は乾き過ぎてて…。

1

憂鬱な彼と無敵のロマンチスト

プリズム文庫買うのいつぶりだろww
プリズムに限らず最近オークラ出版は買ってないような…
でも菱沢さん好きだから買ってみた!!
…んだけど、何かよくわかんなかったかも;
色々詰め込みすぎて、それぞれを噛み砕いて解釈する前にすごいスピードで話が展開するっていうか…
何か読者置いてきぼりな感じでした。笑
化石大好きな古生物学者の卵×フランスミステリの翻訳者。
年下攻め、美人受けが好きな方にはオススメ~

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ