花嫁は十七歳―スキャンダルは華やかに

hanayome wa juunanasai

花嫁は十七歳―スキャンダルは華やかに
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
5件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
プリズム文庫(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784775512937

あらすじ

男に生まれたのに女の子として育てられた桜子は、女子校に通う十七歳。
そして、人妻でもあった。
母親の親友の息子・和彦と結婚した桜子の新婚生活は、想像以上に気楽なものとなった。
つねに女の子としての態度を強いられていた実家での生活より、ずっと自由でいられるのだ。
そんな心身ともに幸せな新妻・桜子の前に、和彦の過去の女が現れて―。

表題作花嫁は十七歳―スキャンダルは華やかに

神津和彦(小説家)28歳
神津桜子(女子高生)17歳

その他の収録作品

  • 花嫁は十七歳 ライバル出現
  • 花嫁は十七歳 スキャンダルは華やかに
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

甘々でした~

シリーズ二冊目になります。

「ライバル出現」
出版社のパーティーに出ることになった、二人。そこで和彦の過去の女と遭遇して。
その女性、亜由美が桜子に絡んできて・・・。

亜由美がいかにもな、嫌な女でした。いかにもすぎて、逆にすごいかと思えました(笑)
桜子は冷静に対処しようとしますが・・・色々あって怪我をしちゃいます。
桜子に怪我をさせてしまったと、落ち込む和彦とか・・・甘々でした。

「スキャンダルは華やかに」
和彦の書いたホラー小説が実写映画になることに。
ホラーが苦手の桜子ですが、和彦に誘われしぶしぶその試写会に行くことになります。
しかし、そこでの写真が週刊誌に載ってしまって・・・。

ホラー小説&映画に怯え続ける桜子は、可愛かったなぁ~。
和彦がちょっかい出したくなるのも、よく分かります。
週刊誌の方は、色々問題にはなりますが、そんな時こそお母様。さすが、強いです。
そして、和彦のほうはポジティブなので、のほほ~んとした感じになっちゃってました。

桜子、男なんだけどすごい箱入り育ちですので、そのせいであまりモノを知らないの続きをイイことに、和彦はいいように色々教えていってます(笑)
ほほえましいのですけどね~。

甘々のお話で、癒されました~。

2

続編も

あいかわらず、表紙はきれいなんですが、内容はつまらなかったです。
トラブルも起きているんですが、淡々としたペースで、肝心のところが受け攻めの雑談で語られてしまって、その場面としては見せてくれないので、まったく盛り上がらない。

このシリーズは、まさにバカップルな新婚さんの日常生活ブログ。
お金を払って読むものじゃないと思います。
若月さんって、こんな感じだっけ、と首をひねりまくりです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ