美味しいカラダ

美味しいカラダ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
30
評価数
9件
平均
3.3 / 5
神率
11.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥495(税抜)  ¥535(税込)
ISBN
9784044455408

あらすじ

藤崎都×陸裕千景子で贈る美味しい恋のスペシャルレシピ登場!

パティシエの麻倉は亡き父の店を弟と二人で切り盛りしている。そんなある日松嶋屋百貨店の社員である真田が麻倉に出店依頼の話を持ってきて…?藤崎都が贈る美味しくて甘いラブストーリーが登場!

出版社より

表題作美味しいカラダ

受様の店に通う大手百貨店御曹司・真田隼人
口コミで評判のパティスリーのパティシエ・麻倉佳久

評価・レビューする

レビュー投稿数6

スイーツものを期待したんですけど・・・

陸裕先生の挿絵狙いでget。
大好きなんです、陸裕先生。キレイなんですもん。
藤崎先生のお話とあいまって、ピンク色超王道BLの完成~。

攻めさん:デパート創業家の養子。経営危機に陥りつつある受けさんの
     お店の立て直しを一生懸命フォローする。
     デパートに出店してと勧誘中。
受けさん:父親亡きあと、元々の店と同じ場所でケーキ屋再開したパティシエ、
     賞もらってるほどの腕前だけど、丼勘定な経営。やばし。
他に 美人弟、当て馬幼馴染 が出てきます。

で、この本に期待したのは、あまーいスイーツの記述と、
デロ甘展開。
どっちも特筆するほどではなかったので、ちょっと残念・・それで萌。
お気楽に読むには大変よろしいかと。
初心者さんや、ちょっと今、糖分求めてるというお姉さま向け かと思いました。

もうちょっとスイーツ新作に悩む受けさんとかを読んでみたかったんだけどな。

1

良いなぁこのカップル・・・

先にドラマCDの方を聴き、すごく良いなぁ~このお話&このカップル・・・と感じ、原作本も読んでみたくなり購入しました。
先ず、絵がきれいで素敵です!!「淫らシリーズ」で拝見して以来、陸裕さんのイラストが大好きなので、まず挿絵を見ただけでもドキドキしました。
表紙の絵がとりわけ気に入っていて、二人の雰囲気や関係性が良く伝わってくる可愛くて素敵な絵になっています。

先にCDを聴いているので、読みながら脳内ではCDの声が再生されて、ますますテンションがあがります。

このカップル、本当に良いんです、とても。
格好良くて、可愛くて、出会ったばかりなのに(攻め様は昔から受け様を陰からそっと見守ってはいましたが・・)昔からの親友のような感じで(二人の掛け合いが自然でこれまた良いんです)、二人ともちゃんとお仕事もしていて・・・

攻め様はいちいち格好良いし、受け様は強気で男前だけど、健気で可愛いところもあって・・・

受け様の弟が主役の「とろけるカラダ」という文庫本にちょこっとこのカップルが登場するのですが、それだけでは足りず、二人の話をもっと読みたい!!!という気持ちにさせて続きくれる大好きなカップルです。

あと、この作品をきっかけにパティシエ物にも興味を持つようになりました。

1

この意地っ張りぃ。

親が遺した洋菓子店を営む佳久。
兄弟ふたり、弟に心配かけたくない、兄貴の俺がしっかりしなくちゃ!と自分だけで解決させようと頑張っちゃう。
そんな意地っ張りな佳久を溶かしていく隼人。
経営のノウハウを教え、隼人の誠実さが佳久の心に染み込んで行く。

いやぁ、包容力がある男はかっこいいですな。
佳久の意地っ張りも隼人の前じゃ通用しないってゆーね。

話の流れ上、甘いものは好きじゃないっていう隼人に、隼人でも食べれそうなケーキを作る佳久には胸キュンだけど、本当は甘いもの好きで、佳久の作るケーキが大好きな隼人にはもっと胸キュンでしたー。

1

意地っ張りな受け

 弟と二人で亡き父の店を切り盛りしているパティシエの麻倉佳久。
 そんな佳久のもとに、ある日松嶋屋百貨店の御曹司・真田隼人が出展の話を持ちかけてきた。
 過去の苦い失敗から、デパート嫌いな佳久は、話もせずに断る。
 ところが、急な家賃の値上げの話を、真田は自らの財力でなかったことにしてくれ、店を閉店の危機から救い出してくれる。
 佳久は、真田の真意がわからず、店を売らない保証を得るために、安易に真田に自分の体を差し出そうとしたところを逆に真田にたしなめられる。
 それどころか、経営についてはまるっきり素人な佳久に、店の帳簿をチェックし、アドバイスをくれるようになる。
 デパートに出店を決めたわけではないのに、なにくれとなく自分に尽くしてくれる真田に、次第に佳久は惹かれていくが……

 というお話。

 佳久は、一度は両親が残してくれた店を手放したものの、その後、修行をして、もう一度その店を取り戻した努力家。
 けれど、それだからこそ、意地っ張りな面もあったりして、一人で抱え込んだりして、あんまり弟に心配させたくない、と頑張っていたのだけれど、真田に諭されることで、続き少しずつそれも改善されていって。
 いつしか、真田のことがなくてはならない存在になっていく……というようなあらすじでした。

 どちらも優しくて、丁寧な話で、とても好感が持てました。
 意地っ張り受けと紳士な攻めがお好きな方にはぜひオススメです。

3

パティシェは体力勝負!?

陸裕さんの表紙のイラストのかわいさにホレて買いました★
中身も甘々で、ツンツン受の意地っ張りなところも、
ガマン出来ずに手を出しちゃう攻もかわいかった~♪

励ましの手紙を送ってくれたり、自らの資産で閉店の危機を救ってくれたり
まるで足長オジサン!?
(いや、実際は若いイケメン御曹司なんですが...)
なんか小さい頃に見てたアニメの悲劇のヒロインを思い出しましたwww
そんな設定が久しぶりで、逆に楽しめたかも♪
ってか、誰からの手紙かわかってないのは、佳久、あんただけだよ。
読者は誰もが気付いてるよ、とツッコミ入れましたけどね。

でも、最初から最後まで女々しい口調になることなく、生意気な
ツンツン口調だった佳久はツボでした。
あと、攻が弱気になって「すまない、少しだけ」と言って受を
抱きしめるってのが、これまたツボシチュエーション。
普段強気で大人な攻が受にだけ見せる弱い姿が好きなんです★
まぁ、この流れでエチに突入しちゃうのもお約束と言えばお約束
なんですが、個人的には抱きしめるだけでその場は終わる方が
焦らされてキュンキュンするんですけどね~続き

それにしても、野坂の扱い悪いのが残念...
幼馴染み設定大好きなもので、彼にはもっといい当て馬役をあげて
欲しかったなぁ~
初めの登場の時は友達思いのいいやつだったのが、後半は狂った行動の
オンパレードで、当て馬にすらなってなかったし...
婚約者登場のエピソードもやっぱりきたか~って感じの
金持ちには定番のエピソードだったので、イマイチ話に乗れなかったかな。
前半の1回目のエチまでは萌えたんですが、後半は失速気味。
でも、ツンデレ佳久と甘党S男の真田のキャラは好きなので、
この2人だけのカラミのとこは1冊通して面白かったです♪

1

美味しいカラダ

ケーキ屋がすきというかやっぱりカフェもの大好きだ。飲食店て何かいいよね…!!(まとまってない)
先月は世界一初恋買ったし何か思いがけず藤崎さんづいてるな~
百貨店の御曹司×パティシエ!
うん普通におもしろかったー!
でも藤崎さんて良くも悪くも読みやすくさらーっと流して読めてしまうんですよね;
だからあんまり「大好きな一冊」になりにくい気がする…私的な意見で申し訳ないけど;
陸裕さんの挿絵といえば早く「しあわせにできる」早く読みたいな…一巻全然どこにもないんだもん…
新装版なったりしないのかしら><

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ