慈雨

jiu

慈雨
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×23
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
48
評価数
13件
平均
3.8 / 5
神率
30.8%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784344815308

あらすじ

店が多忙になり想いを通わせたばかりの恋人・加賀とのすれ違いに憔悴する水沢。そんな折に高校生だった自分を捨てた母親が現れ――?
出版社より

表題作慈雨

受様の恋人で子持ちの会社社長・加賀有隆26歳
ケーキが評判のカフェのオーナー店長・水沢那智26歳

同時収録作品慈雨

武川秀一 カフェアルバイト(高2)
和倉佑真 カフェアルバイト(19歳)

その他の収録作品

  • 春陽
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数7

『雨・雪』シリーズ・『雨』CP続編。

前作『白雨』が大好きでした。
続編のこちらでは、なんとか8年の別離を越えてまとまった2人のその後になります。前作ほどではないですが、結構好きですね。

どうしても『恋が成就した後』というのは、何もなければ単なるあまあまの日常になってしまうのでストーリーを動かすためにアレコレあるのはお約束なんですが、それにしても詰め込み過ぎで忙しかったです。

那智(受)の母親の再登場がいちばんの山か?この母親は絶対また出てくるんだろうな~とは思ってましたが、相変わらず『母』を放棄した女だなあ、と呆れました。

自分が母親だから余計かもしれませんが、こういうキャラクターには(たぶん必要以上に)憤る私がいます。ストーリー的には使いやすいんでしょうけどね。でもこれできっちり決着ついたのか、ちょっと疑問は残ります。『喉元過ぎれば~』を具現したようなキャラクターなので、ほとぼりが冷めたらけろっとした顔で来そうな気がしてイヤだ・・・

さらに有隆(攻)の父親ですが、こちらはちゃんとカタついたようでよかったです。そのためにも、8年というのはこの2人にとって不可欠な時間だったのかもしれません続きね。
『今だからこそ』を感じました。

う~ん、でも那智に横恋慕(?)するカメラマン・羽村は、なんとも半端なキャラクターだなあ、としか思えなかった。当て馬未満というか、本気なのかもしれませんが単なる賑やかし程度にしかなってなかったよ。そして、私はこういうキャラクターが好きじゃないので、ホントどうでもよかったです。

まあ、私の個人的好みを抜きにしても、双方の親だけでも十分ストーリーは盛り上げられたと思うのでこの羽村は余計な気がしました。

ただ、私はBLに出てくる子どもって大抵は微妙な気分になるんですが(子どもを出すこと自体というよりも、その描き方に)、この作品は珍しく隆世の存在に嫌味を感じないんですよ。『あ~、可愛い』と素直に思える。特に好きなわけではないんですが。←のちにこの隆世をメインにしたスピンオフも出てます。

しかし、個人的に今回いちばんのヒットは(作家さんとしては不本意なんじゃないかと思いますが)、あとがきで有隆を評した『男前の着ぐるみを着たヘタレ』という言葉です。うまい!

1

大人編

大人編、雨シリーズのくっついた後話です。
大人同士だから、すんなり落ち着くかというと、そこは、それ、小説な訳なので、なかなかそうも行かない。
おじゃまな当て馬キャラが登場してみたり、大人の見栄的な物がじゃましてみたり、、
でも、雪シリーズカップルとの対比と、子ども(実子じゃなくて弟だけど)がいたりするので、この二人は随分と大人のような気がするけど、実は年齢的にはそれほどでもなくて、まだまだ成長途中ともいえて、その辺が上手く出ているお話でした。

しかし、こういうところで登場する子どもって、やっぱり男の子に限るのかな。
女の子は幼児でも女だったりするしね。

0

メロドラマ後家族

八年越しの恋を実らせた加賀と水沢。
平穏な日々を送る二人だったが、水沢の店に雑誌の取材が入ったことにより急に店が忙しくなり二人は少しずつすれ違い始めた。
しかもその時取材にきたカメラマン、羽村に水沢が目を付けられてしまい……

再会して、恋人同士になった二人の前に次々と現われる障害。
相変わらずのメロドラマっぷりですが、それがこのシリーズの醍醐味だと思います。
すねたり暴走したり、次第にヘタレ化していく攻がなんだかかわいい。
余裕のないヘタレは大好物なので。
色々なものを乗り越えた二人はこれから素敵な家庭を築いてくれそうです(笑)

作中で水沢を心配している若者カップルがなんかすごく「恋人同士」で思わずにやにやしてしまった。
こっちの二人の続きも読みたいな。


2

やっぱり原作は読むべき

CDを先に聴いて、原作を読みました。
そうか、有隆が「白雨」より若く感じたのには理由があったんですね。
大人の着ぐるみを着たヘタレなんですね。那智には甘えちゃうんだねぇ。

有隆との関係も仕事も順調で、平和な日々を送っていた那智の店に、雑誌への掲載依頼がやってきます。
断りきれず掲載されると、忙しくなり余裕がなくなってきてしまい・・・
雑誌のカメラマン・羽村は秋波を送ってくるし、有隆との関係もギクシャクするし・・・
更には行方不明だった母親が訪ねてきてお金の無心はするし、有隆には見合い話が来るし・・・

CDではどうしてもストーリーを追うだけになりがちですが、やはり小説は背景が細かく描かれていて読んでよかったなと思いました。
特に、お店で仕事をしながらあれこれ悩むシーンでは、細かく書かれているからこそ味わえる奥行きがあったと思います。

また、視点としたら那智側にあるわけですが、有隆の見守りながらもジリジリとしている気持ちまで良く伝わってきました。(まぁ、いつもタイミングよく現れ過ぎる有隆ではありますが。)

那智が一人でグルグル悩んではいるものの、有隆はも続きちろんのこと、佑真と武川も、隆世までも那智を守ろうとしてくれていて、本当に心温まる「家族」だなぁと思いました。

我慢して、隠して、諦めてという過去のくり返しではなく、さらけ出して、頼って、甘えても受け入れてくれる人がいることに気付けて良かった良かった。

事務室の防音が悪いから、いちいち佑真や武川に事情が筒抜けっていうのも忘れず入っていて、そこはそれで面白かったです。
エッチシーンもCDより具体的で、那智が素直なもんだから、エロエロですね。

CDでも思ったのですが、羽村さんはこのまま通りすがりの人にしてしまうのはもったいないキャラだと思います。何か後日談はあるのでしょうか。

【春陽】では有隆のマンションへの引越しに合わせて、植田さんの下で修行していたころの那智のことを知ることができました。
植田さんどんだけいい人なんでしょう。
で、こうなるとどう考えても有隆と武川は旦那さん、那智と佑真はお嫁さん同士で仲良しって感じがしますね。

1

恋人から家族へ…

前作の「白雨」はすごく良かったので、こちらも期待の作品です。
もちろん、私はこのお話も大好きです!

「白雨」同様、那智のおっとりで天然なところは変わらず、子供相手にムキになる有隆も、さらにパワーアップしていたし。
子供の目を気にしながらも、二人の密着度の高さはどんどん上がっていくところがスリリングですね。
濡れ場もしっかり…ごちそうになりました♪

しかし今回は有隆にライバルが!
今までも隆世がライバル(?)だったけど、今度はちょっと手ごわいから那智も困ってしまいます。
それだけじゃなく、那智の母から手紙が届いたり、有隆にお見合いの話があがったり、二人の周りは穏やかでない雰囲気が漂います。

那智の立場でヤキモキしたかと思えば、有隆の立場でヤキモキさせられたり、今回の二人は忙しいです。
話したいけど話せなくて、聞きたいけど聞けない。
お互いに思いやっているから、気遣いがアダになってしまうのですが、結果はやはりラブラブなんです。

今回もちょっぴり切ない部分もありましたが、甘ーいところが増えてました。
私はシリーズを通しても、この作品は大好きになりました続き

4

「白雨」の続編です

この二人、好きなんです~。
続きがあると思わなかったので嬉しいな。
「Pommes」のタルトは美味しそうで、静かでアットホームな舞台も良いし、若い方のカップルも可愛い。
加賀の子供(ホントは異母弟)の存在ももちろん欠かせません。
間に小さい男の子がいる設定、基本的に好きなんだ。

今回は「Pommes」が雑誌に紹介されたことで、水沢の安らかな空間にいろいろ細波が立ちました。
取材をしたカメラマンが水沢にチョッカイ。お邪魔虫というほどではなく、加賀のヤキモチが可愛い程度です。お邪魔カメラマンと佑馬とのやり取りが面白いです。

そして雑誌を見た水沢の母親と加賀の父親が相次いで来店。
18歳の時、二人が別れることになった元とも言える親たち…。
しかし、無力で何もできなくて別れてしまった経緯を知っているだけに、今回二人が毅然とそれをはねのけてしまったことに感動。
気持ちだけではどうにもできなかったあの頃と違って、自分の足だけで立って生きていける大人に、本当になったんですねぇ。

流れた月日とそんな二人の成長に感無量ですが、今でも時々子供っぽさを覗かせる加賀が可愛いと続き思います。
18歳の時のやんちゃぶりもまだまだ面影に残ってる。二人ともまだ26だしね。
これからどんどんもっと落ち着いていくんだろうなぁ。
すごい仲良し家族になると思います。
そんな未来も見てみたいと思わせる、ステキな二人でした。

4

慈雨

あぁぁぁ悶えた…
「白雨」の続編です。
一個番外編も出てるので、シリーズにしたら三冊目!
八年の歳月を越えて再会した二人のその後(*´∀`*)
御曹子×タルト屋さん。カフェ営んでます。
カフェもの好きだし、再会もの好きだし、あたしの萌え要素をぎゅっとつめてますなーvv
二人して「相手になら殺されても幸せ」って思ってますからねーwwやばいたまらんww
白雨の続編が出たならもう1カップルの続編も読みたいなあ;
というかこのシリーズほんと好きなのでずっと続いてほしい…。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ