可愛いひと。5

kawaii hito

可愛いひと。5
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784344815230

あらすじ

恋人として幸せな毎日を送る千尋と絢一。ある日千尋の母が千尋に再婚を勧めてくる。両親へのカミングアウトを決意するが…!?
出版社より

表題作可愛いひと。5

高根千尋/開業医
高根絢一/病院受付

同時収録作品可愛いひと。5 / 抱き枕

各務瑛司 千尋の友人
都村春 瑛司の恋人

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

シリーズ5巻目。

前巻に引き続いて、メインCPの千尋×絢一です。今回は家族問題が中心ですね。

絢一(受)の姉で千尋(攻)の別れた妻である美砂が再婚相手の子を妊娠し、千尋の母が『再婚しないのか。孫が欲しい』と言い出すんですね。

この母親がね~、BLではひとつのパターンであろう『子どものように無邪気で可愛い母親』として描かれてるんですが、私はなんてイヤなヤツだ!とイライラしました。
息子の元妻とはいえとっくに離婚してる上、相手は再婚。その上再婚相手との子どもを妊娠中にもかかわらず、入院してる彼女を平気で何度も見舞いに行くって考えられません。しかも再婚相手とも顔を合わせていて、千尋に『(再婚相手の)親とも会ったんじゃ・・・』と問われて『会えなくて残念。お祝いも言えない』と返すような人です。

『(この母は)無神経な人じゃない』と言っていますが、イヤ無神経以外の何物でもないだろ!これが『悪気はないんだ』ならまだわかりますよ。それですべてが許されるなんて思われたら困るけど。

この巻の目玉(っていうのもなんですが)は、千尋の両親へのカミングアウトです。たまにある『両親がもろ手を挙げ続きて賛成』は、何とも気分が盛り下がってしまうんですが、それはなかったです。ホッ。

まあでも、修羅場とまでも行かず、このシリーズのトーンからすればちょうどいい感じに収まったんじゃないかな~と。千尋が35歳で、親がいちいち口を出す年じゃないのもあるかもしれませんね。

まあ一段落、という感じでした。全9巻なので、ここでようやく折り返しですね。

姉の入院に関しては、絢一が姉の見舞いに行った際に入院中のサッカー少年に横恋慕され、告白されるというエピソードもありますが、これはいらなかったような気がしますね。いかにも余計でどーでもいい感じがしました。

0

可愛いひと。5

可愛いひと。ももう五巻ですか!
相変わらずいちゃいちゃしながら日々を過ごしている二人です。
が、攻めの元妻が出産間近になり(再婚済み)、それを知った母親に「孫が欲しい」なんて言われたり…っていう話。
ちょっとした家族内のゴタゴタです笑
何かでも、受けの性格があまり好きじゃない;;
マイナス思考の根暗なんだよな~
マイナス思考はいいとして、全部一人でためこんでしょげてるタイプっていうか…笑
だから主人公カプより脇役の各務×春のが好きなんだよな~
春みたいな明るくカラッとしてる子のが良い♪
あとがき読んだら、可愛いひと。はあと四巻出るらしいです!!
こうなったらもちろん最後まで付き合いますともーー☆

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ