愛しき爪の綾なす濡れごと 花降楼シリーズ第八弾

kanashiki tsume no ayanasu nuregoto

愛しき爪の綾なす濡れごと 花降楼シリーズ第八弾
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×25
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
85
評価数
20件
平均
4.3 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784592875741

あらすじ

色子としての仕事を忌み嫌う蜻蛉とは対照的に、美貌を活かし一番の売れっ子に昇りつめる綺蝶。そんな綺蝶の心がわからない蜻蛉は、苛立ちを隠しきれない。そんな折、色子のひとりが客と足抜けを…。
出版社より

表題作愛しき爪の綾なす濡れごと 花降楼シリーズ第八弾

要領がよく気さくな傾城・綺蝶
不器用でお姫様な傾城・蜻蛉

同時収録作品愛しい爪の綾なす濡れごと

料理人 幸多郎
男娼 桐香

同時収録作品愛しき夢の織りなす睦言

綺蝶 元男娼
蜻蛉 元男娼

評価・レビューする

レビュー投稿数8

この二人だからこそ

以前、遊郭ものが好きで、オススメされた作品です。

普通は客とが多いのですが、
ここは綺蝶と蜻蛉のお話でした。

こちらは色子と色子のため、
二人の独特のエロさがとても良かったです。

犬猿の仲と言われる二人の関係を書かれた作品です。
小説なのですが、とても読みやすく
いつもは小説は避けますが、サラサラと最後まで読めました。

もともとこの二人の関係が気になっていたというのも
ありますが…小説は苦手だから、という方にもオススメできます。

0

大好きな2人のお話・・・

個人的にただいま花降楼シリーズブーム再燃中で、今まで読み逃していた作品や、過去に読んだ作品の再読中です。

この作品は、迂闊にも読み逃していた作品でした。
何故、迂闊にも・・・かというと、シリーズ第二弾「愛で痴れる夜の純情」での主役でもあり、その時以来大好きなカップルであった綺蝶と蜻蛉が主役のお話が(その後のカップル達の様子を描いたオムニバスもの「華園を遠く離れて」以外で)他にも存在していたことに長らく気が付かなかったからなのです。
完結しているお話だし・・・と油断していました・・・

なので、この作品の存在を知った時には、「綺蝶と蜻蛉にまた会える!!!」と、とても嬉しかったのと共に、でも一体いつのお話なんだろう??と不思議でもありました。

そして、読み終わって納得!!!

「愛で痴れる・・・」等では、省かれていた時代のお話だったんですね。
2人が犬猿の中で・・・と語り草になっていた頃の事が描かれていたんです。
でも、そのままだと切ないだけで終わってしまうところなのですが、同時収録の「愛しき夢の織りなす睦言」で、時代は「愛で痴れる・・・」直後の時代へ飛び、ちゃ続きんと幸せな気持ちで読み終えられるようになっていました。
この流れになっていてくれて本当に良かったです。

何故なら、「愛しき爪の・・・」は、もう相当切なくて苦しくて悲しいからです・・・
「愛で痴れる・・・」では、割と綺蝶の切なくつのる思い、複雑な気持ちが描かれている印象でしたが、「愛しき爪の・・・」では、綺蝶だけでなく、蜻蛉サイドの気持ちがたくさん描写されていて・・・蜻蛉は元々色子の仕事が苦手だというのは知っていましたが、本当にすごく苦しくて辛かったんだな・・・というのが伝わってきましたし、綺蝶と仲良かった時代に戻れないことで、孤独感が増している様子がかわいそうでたまりませんでした。
綺蝶は綺蝶で、鷹村の手前、敢えて蜻蛉と不仲な状態を作らなければならなかったのだ・・という事も明記されていて、蜻蛉が辛そうなのに助けられないという綺蝶の苦しさもまた更に伝わってきました。

更には駆け落ちを企てる色子、桐香のお話も出てくるのですが、「愛しき爪の・・・」においては、予想外の事態に(色々あっても、花降楼シリーズのカップルは最後は必ず幸せになれる・・・と信じていただけに)大変衝撃的で悲しい気持ちになったのですが、「愛しき夢の・・・」で、きちんと桐香達の幸せな姿が描かれていて、とてもとてもほっとしました。

また、今回、鷹村は普段は敢えて悪役を買って出ているのであって、実は結構心優しい人なのかもしれない・・・という面が改めて描かれていて、いよいよますます鷹村への興味が高まりました。
「愛しき夢の・・・」での、綺蝶と鷹村の会話、必見です。

余談ですが、表題作「愛しき爪の・・・」は、「愛しき」を「かなしき」と読ませ、同時収録の幸せ話「愛しき夢の・・・」は、「愛しき」を「いとしき」と読ませています。

0

第二弾を読んでから、どうぞ

花降楼シリーズ第八弾は、第二弾の主人公、綺蝶と蜻蛉のお話。
第二弾では蜻蛉の水揚げが終わった所から綺蝶とお職争いをするようになった頃まで飛ぶのですが、そこの間に入るお話になります。

第二弾を読んでいること前提だと思うので、第二弾を読んでから読んだ方がいいと思います。

私はこの話を読んで、蜻蛉がさらに好きになりました。
蜻蛉は外見の麗しさが目立つけれど、内面も可愛さに客が気付いていたからこそお職を張れるほどになったのだ、というのはこれまでも語られてはきましたが、それが具体的なエピソードとして読むことができた気がします。

特に“理想の客”水梨とダメになった後、また“理想の客”を探してくれると言う鷹村に新たな条件を言うあたりは特に可愛いです。
前々から鷹村はなんだかんだ蜻蛉に甘いような気がしていましたが、そりゃ甘くもなるわ!と。

綺蝶についても新たな一面を見ることができました。
綺蝶はシリーズの他作品に登場する時も、アドバイスをしたり、けしかけてみたり、いつもうまく立ち回っているようですが、やっぱり綺蝶も色子で花降楼には多大な借りがある無力感というか、それをす続きごく感じて切なかったです。


同時収録はうってかわって、綺蝶が蜻蛉を連れ出してしばらく経った頃、第五弾の『溺愛』のさらに後の話。
蜻蛉の別れの宴を開くために二人は久々に花降楼を訪れます。

幸せそうな二人の話なんですが、少しだけ、特に綺蝶の方にほの暗いものを感じました。

ずっと蜻蛉を買う客に嫉妬して来た綺蝶が、ついに蜻蛉の隣で宴会をすることができるんです。
ずっと焦がれ続けた位置に座り、蜻蛉は自分のものだと堂々と振る舞うことができる。
ある意味ものすごく満たされてはいるんですが、そこにある気持ちは幸せとは言い切れないんじゃないかと思いました。

二人で過ごした夜具部屋を見に行くところは、やっと本当の意味での花降楼との決別という感じで、なんというかスッキリして好きです。

あと表題作に出てきた桐香と幸多郎についてもちゃんと決着が着いていて良かったです。

1

成熟された秘すべき想い

シリーズの中でも超人気カップル・綺蝶×蜻蛉のお話です。
私は別にそこまで入れ込むほど好きなカップルではありませんでした。事実、この巻が刊行されたときは「この二人本当に人気なんだなぁ。まぁ読んでみるかな。」としか思いませんでしたし。

感想としては、読んでみてよかったです。「愛で痴れる~」では世渡上手なわりに超絶面食いだと思っていた綺蝶像が、今作の綺蝶目線を読むことでいい意味で裏切られました。

二人が色子見習いから実際にお客を相手するようになったばかりのお話なので、どちらも一番苦しい時期なんですよね。蜻蛉にとってはこの前まで自分に向けられていた笑顔が、自分に向けられることはなくて客や世話役の後輩にむけられる寂しさ。綺蝶は自分の大事なお姫様が客だからというだけで堂々と奪われる悔しさ。しかし中々客をとらない蜻蛉に昏い喜びを感じる…といった風に。

綺蝶の「お姫様」呼ばわりにも納得できました。ただ美人でワガママという表面的な理由だけじゃなかったのね…。自分にとっては割り切れられる仕事を何年経っても生理的に無理だった蜻蛉を神聖視していたからなのかもしれませんね。からかい半分本気半続き分だったんだろうなぁ。自分にはない綺麗な人。いつまで経っても誇りを捨てられない蜻蛉にまぶしさも感じてたのではないでしょうか。

そして蜻蛉の印象も変わりました。前まではこんなに潔癖で色子するのは大変だろうなぁとしか思っていませんでしたが、今回で語られた蜻蛉のお客様を選ぶ基準には思わず涙も出てしまいました。お客の裏切りで涙を流すまで純情だったならさぞや辛かったろうな、とも愛しさまで感じる始末。蜻蛉としては想い出を捨てられない相手の綺蝶からも初めて信頼できたお客にも裏切られたとしか思えれない顛末ですから、どんなに哀しくて悔しかったんだろうと考えると…。綺蝶さん、今までの分幸せにしてあげてね!

ガラリと印象が変わりましたが、挑発されると引くに引けないプライドの高さには変わらないなぁ、と微笑ましかったです。

愛しき夢の織りなす睦言は二人が結ばれた後のお話です。ラブラブで幸せ絶頂の二人が見れます。見世の浚看板を浚ったようになってしまい、手打ちとして花降桜に訪れるといったお話です。前のお話が身を切るようにせつなかったので、幸せな二人を見るとほっとしました。

0

番外編~

読み始めてすぐから胸が高鳴り、思わず涙涙してしまいました。
これまでの流れがあるので余慶に(ノД`)・゜・。
久しぶりにいい小説を読みました。鈴木さんの文章読みやすくて好き。
お話は、綺蝶×蜻蛉編~
番外編ということで、裏側をのぞき見た感じですね。
ツンデレお姫さまを気取っていた蜻蛉の本当の気持ち。
綺蝶を見る目、そして想いが切なすぎてどうしようもないのです。
結論ハッピーエンドとはわかっていても。
本編でちゃんとラブエンドして幸せになってるのを読んでいても。
なおさらって言うかなんというか。
水揚げされてから、客を振りまくっていた蜻蛉~のお話がどうしようもなく切ない。綺蝶が、ようやくなれ始めた蜻蛉の客、水梨と~なシーン。
これも思わずですね。
個人的には、綺蝶の受仕事が詳細に読みたい・・のですけど。。。ないのも残念。

おいといて

逆に、綺蝶の心理描写~も合わされうと最強だとおもう。
ゲームで負けた蜻蛉が贈ってくれた打掛。
自分のために、あれほど拒んでいた仕事を頑張って買ってくれた着物。
大事な日だからこそ、客を採らずこの内掛けのために~な綺続き蝶シーンに思わずギュン。゚(゚*´Д⊂グスン
蜻蛉を抱きたい。蜻蛉を。。。蜻蛉に・・・・・
普段、蜻蛉に見せるのとは別の熱いパッションがなんともいえない魅力。
シリーズ、他のカップルは、わりとお客をとってない子も目立つんですが、ここはバリバリですからね。余計に切ないにょ。

後半は、二人で門をでて~。再びもどった花降楼で~なお話。
ここまでのエロがなかったぶんを取り戻すかのように、ねちっこいエロをありがとうございました!!
マグロ姫・蜻蛉がエロエロされちゃう姿がうまwです。
綺蝶だからこそ~な反応にドックンv
他のシリーズとリンクしたキャラクターが登場するのも面白いです。
桐~さんのその後も最後。すっきりしました。ウマイ!
確か読んでないこのシリーズがもう一冊あったはず・・・・明日探そ!

0

語られてなかった『愛で痴れる夜の純情』と、その後。

花降楼シリーズ 綺蝶と蜻蛉編。
『愛で痴れる夜の純情』では語られなかったお話と
二人のその後のお話が入っています。

『愛しき爪の綾なす濡れごと』では、蜻蛉の客に嫉妬する綺蝶
そんな綺蝶の気持ちに気付かない蜻蛉のすれ違いがじーんと伝わる。
犬猿の仲になってしまった後、短冊に願いをかける蜻蛉は
本当に不器用で馬鹿な子で愛しいと思った。

『愛しき夢の織りなす睦言』では、花降楼を出た二人が
ふたたび花降楼を訪れるお話。
花降楼を出た綺蝶は髪を切り北之園家を継いだのだから
みんな北之園様と呼んでほしかったな・・・
蜻蛉も、尚に戻って欲しかったな。
色子ではなくなった二人は、二人とも髪を切り
男と男の姿で愛し合って欲しいわぁ。

しかし、このカップルのお話は本当に好きだ。
10年同じ大見世にいて、お職を争う双璧だったふたり。
毎月、どれだけの男に身体を売りつづけていたかの証でもあるのに
そこをちっとも不幸だとか自己憐憫を語らないのが好き。

そして、かわいそうな当て馬・東院のその後を知りたい。

1

綺蝶の秘めた想い

『愛で痴れる夜の純情』で想いが通じ合った綺蝶と蜻蛉ですが、今作はその前作の途中に挟まる時間軸となっています。
前作もそうですが、綺蝶よ、どんだけ蜻蛉が好きなんだ……に尽きます。

好きなのに、近くにいるっていうのに触れることも許されず、他の男に抱かれることが仕事で。強い精神力がないと、壊れちゃいますよねぇ。
そして、大好きなことをセーブするためのあの長い爪だったんですねぇ。
毎回思ってたんですよねぇ、綺蝶と蜻蛉は綺麗なネイルだなぁ~と。
ただ単におしゃれのためだけでなく、綺蝶にはいろんな想いを込めたネイルだったんだぁ~と。

蜻蛉も綺蝶のことが好きで、仕事とは言え他の男に抱かれることを厭うようになり、お客が来ても振ることが多くなり、遣り手の鷹村もそろそろ手を考えなければ……と思うようになり、綺蝶の上客・東院の紹介で、俳優の水梨が蜻蛉の相手としてやって来ます。
蜻蛉の出した客の条件をすべてクリアした水梨を、もう断ることも出来なくて。とうとう馴染み客となってしまうのですが、その水梨を横取りしてしまった綺蝶。
東院が紹介したにもかかわらず、綺蝶が盗ってしまったことが解せな続きい蜻蛉。
そうです~、綺蝶の嫉妬です!
でも、天然ちゃんの蜻蛉は、そんな綺蝶の想いに気が付かないんですよねぇ。焦れったいんだけど、またそこがいいんですよ。あっさりうまく行ったら、面白くないもん。
事件はこれだけに留まらず、花降楼から娼妓の足抜け騒ぎも起こり、それには蜻蛉も一枚噛んじゃってて、それを悟った綺蝶は蜻蛉を庇おうと奔走して。
なのに、それにもなかなか気が付いてくれなくてねぇ……。
報われない恋なのに、どこまででも蜻蛉が好きな綺蝶がいい!

0

愛しき爪の綾なす濡れごと

ここに来て綺蝶×蜻蛉の新刊が読めるとは思わなかったので、狂喜ですよ(*´Д`*)
雑誌掲載分の傾城時代の七夕の時期の話と、書き下ろしの身請けした(された)その後の話vv
というかこの巻、普通花丸文庫って見開きカラーってないんだけど、あるんですねー!!
七夕の話は小説花丸読んで知ってたから普通に読んで楽しめたんだけどさ…(表紙で綺蝶が来てる仕掛けって蜻蛉が送ったやつ?)
書き下ろし分がさ…もう萌えすぎてどうなるかと思ったよ…
次はだいぶ間があくらしいけど(凹)まだ続くので楽しみです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ