愛で痴れる夜の純情 傾城編

medeshireru yoru no junjou

愛で痴れる夜の純情 傾城編
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×22
  • 萌14
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
14
得点
96
評価数
26件
平均
3.7 / 5
神率
34.6%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
白泉社
シリーズ
花丸コミックス(コミック・白泉社)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784592204428

あらすじ

売春防止法が廃止され、一等赤線地区が復活。昔ながらの遊郭や高級娼館が再建された吉原は、かつての遊里としての姿を取り戻した。その一角を占める花降楼で、双璧と謳われる傾城・蜻蛉と綺蝶は、禿の頃の睦まじさとは打ってかわって、今や人も知る犬猿の仲だ。気位の高いお姫様・蜻蛉と、それをからかいながら自由奔放にふるまう綺蝶。ところが見世の写真帳を撮るために一緒に出かけた帰り、拉致されそうになった蜻蛉に、綺蝶は…!?
コミックス版オリジナルの番外編「楽屋裏」をくわえた遊廓シリーズ第2弾!
出版社より

表題作愛で痴れる夜の純情 傾城編

綺蝶,娼妓
蜻蛉,娼妓

その他の収録作品

  • 楽屋裏

評価・レビューする

レビュー投稿数14

シリーズの他作品もコミカライズしてほしい

花降楼シリーズ第2弾の「愛で痴れる夜の純情」コミカライズ版の、2巻目です。(原作小説は1冊ですが、コミックスは全3巻でています。)
花降楼シリーズの中でも一番好きなカップルである綺蝶と蜻蛉。
その2人が、小説の挿絵も手がけられている樹要先生の絵でコミカライズされて、とても嬉しかったです。
禿編を経て、それぞれお客をとる立場になった傾城編です。
蜻蛉が意地っ張りながらも、綺蝶の事を意識していて・・・綺蝶のからかいに反発したり、ときめいたりしながらもどうしようもできなくて・・・
一方の綺蝶も、ずっと大切に心ひそかに愛してきた蜻蛉への切ない思いがますます募っているのが良く伝わってくるし・・・と、本編にはHシーンはないものの(ちなみにおまけのお話にはHシーンありです。)、二人の切ない恋模様にキュンキュン、ドキドキ・・・そして切なくなる事うけあいです。
結末を知っていても、感情移入してしまいます。

シリーズ中、コミカライズされたのは「愛で痴れる・・・」だけなのですが、欲を言えば他の花降楼シリーズもコミカライズしてほしいです。


2

切なすぎる……


綺蝶は幼い頃から蜻蛉のことが好きなのですが、
どうしても届かない思いを抱えつつ、
傾城を争うようになり、蜻蛉は幼い頃からの約束を気にしつつも
綺蝶に負けたくないと意地をはりながらも、
蜻蛉を庇い、怪我をした綺蝶のことが心配になり
おろおろしているところなどが、
とても可愛らしかったです。


綺蝶も綺蝶で蜻蛉のことが好きだけど、それを伝えずにいて誂うなどをしていて
私的に思ったのは、これは好きだからこそちょっかいをだすと
いうやつではないのかな…と思いました。

1

ほんとに張り合ってるのカナ…

オトナになった二人ですね。まず、第一に思ったのは、蜉蝣ってほんとに傾城なの…??という疑問。
禿編のときに輪をかけて我がままになってて、そのこと自体は受けの属性としてはグッドだったのですが、ちゃんと仕事してるところが一度も描かれていなかったのは如何なものかと…。
綺蝶と張るくらいの傾城ならそれなりに仕事してるところも見たかったです。というか、それを見せてくれないと説得力がない。綺蝶がお職とれるのはわかるけど、蜉蝣はむりだろー…。いやいやだってのもわかるんですけどね…。でも、そういう世界で傾城にまでなってるなら、それなりのプライドもって客を満足させるくらいの仕事をみせてほしい。そういう潔さというか打たれ強さがないので、いまいちこのキャラを応援できないんですよね…。

そして、やはりストーリーの展開に脈絡がなく、違和感満載でした。どうして襲われた人間が警護もなしに病院からふらふら外出するかなー…(゚-゚;)
ファンタジーやフィクション設定でも、その世界での生活感に説得力ないと読み進めにくいです。ストーリーに集中したいのに、細かいところで気が散ってしまう…というのは損ですよね…。と続きても惜しいかったです。
これ、原作知ってると違うのでしょうね。原作ファンの方には生半可なレビューで申し訳ないです…。あくまで、コミックオンリーの読者ってことでここは一つ…(人д`o))。。。

でもでも、やっぱり絵は恐ろしく美しいんですよね…!見目麗しき着物の御仁を眺めるためだけでも価値はある!(●´▽`●)・*.。

《個人的 好感度》
★★・・・ :ストーリー
★・・・・ :エロス
★★★・・ :キャラ
★★★・・ :設定/シチュ
★・・・・ :構成

0

完結編が発売されたのと、番外編(小説)を読んで、どうしようもなく読みたくなりひっぱりだしてきた。
絵があると小説とは違った感覚でゾクゾクしますなw
お話は、蜻蛉が店に出~綺蝶が店を出る~まで。
思わず泣けてくるよ(゚´Д`゚)ァーン
ちゃんと、蜻蛉が犯されたり、ほかの客取ったり~なシーンも見せてくれるあたりがマンガの力。
現実ちゃんとみさせていただきました。
逆に、怒ったり泣いたり。とまどったり笑ったり。
照れたり、喜んだり。一喜一憂する蜻蛉のかわいいシーンもいっぱいみさせていただきました。
そんでもって、蜻蛉が大事で大事で仕方なくて。
かわいくてかわいくてしかたないって思ってる綺蝶も十分堪能させていただいた次第であります。
なんだかんだいって大事に大事にいたわるような目を向ける綺蝶にキュン。
綺蝶が犯されてるシーンが見たいなんていってごめんなさorz

1

切なさ無くしては…遊郭は語れず!

さあ、「傾城編」の始まりです!
前作は双璧誕生秘話まででしたが…
ここからは、美しく成長した二人の傾城の…
めいっぱい本気で本格的な恋が綴られます。
猫と真珠の恋! …ただし、大人になった彼らはもう、
以前のように、じゃれあってるほど素直にもいきません。
いえ、そうしてはいけないのですからっ!!!
これほど近くにいても、傾城同士の恋はご法度…。
だから…薄いベールに阻まれたような、
もどかしげな想いが、いつもただよう…。
心を強くもって、犬猿の仲を装う(…というか演じる。)
それでも蜻蛉の、昔とは明らかに違う物憂い横顔を見ているだけで…
綺蝶の恋は止められません。(←それは蜻蛉も同じですけど。)
蜻蛉の為なら何でもしてあげたい、いや…絶対になんとかしてあげる…
だから、体張ってでも助けちゃう...
二人の恋が淵になる日は、もう、すぐそこまで来ています☆
この「傾城編」に漂う色香の正体は…ズバリ、切なさです。
切なさ抜きに、大人の恋は語れません。
ついでに言えば、切なさ抜きの遊郭物語なんて、ちっともセクシーじゃないんです。
だってねぇ…切なさというの続きはやっぱり、物のわかった大人じゃないと、
理解も表現も、ちょっと難しいからですねっ。
廓のルールも、孤独も、恋心も、相手の立場も、幸せも…
全部理解した上で、それでも恋を諦められない…恋を選んでしまうwww
要するに、「もののあはれ」がわかる大人じゃないとアウトなんです、この色気は!
人情の機微に通じた綺蝶も、一見…機微に縁のなさそで実は愁いの人な蜻蛉も、
だから合格! だから読者は、心ならずも(いつのまにか)この恋を許しちゃう!
美貌には一滴の切なさを…これが遊郭文学の色香の基本です(笑)
さてアノ場面ですが…最後までしないのが、粋なのでしょうか? この二人?


1

切なさが加速する…。

お互い客を取るようになって言葉も交わさなくなって。
昔とはどこか違う綺蝶にどう接すればいいかわからない蜻蛉。
けれど、最後の最後ではいつも綺蝶は蜻蛉のことを庇ってくれて。
大事にしてくれて。
それがどうしてなのかもわからない。

不意に湧いてでた綺蝶の家の話にも、自分のワガママで引き留めることよりもその方が綺蝶のためだと信じているような蜻蛉が切ない。
そして、蜻蛉のことを想ってるのにどうしてもそのことを素直に伝えることが出来ない綺蝶の言葉に出来ない想いが表情にひしひしと表れててこれまた切ない。
この後、どうなっていくのかが気になるところ。

2

うっ美しい・・・・☆

小説から先に読んでいて
あっコミックも出てるのね~と購入。

小説で妄想!?していた事が
目に見られた幸せに超テンションあがりました↑↑
綺蝶×蜻蛉 の色っぽさにクラクラ~(>_<)でございます。

小説と違い 
あっこの時こういう表情をしていたのね~とか思い 
胸キュンさも切なさも一際堪能できました。

しかし~この二人ホントーに切ない・・・。
お互いを思いあっているのに言い出せない立場だし
好きな人がいるのに客に抱かれる仕事・・・・・やり切れない(T_T)

まだまだ続いてるので 次巻が楽しみです。いつ出るのかしら?



0

色香、出てます!

原作の小説も大好きです。
漫画になると、どうしても切り捨てられるエピソードが出てしまうのは仕方ない事ですが、それでも充分に楽しく読むことができました。
また挿絵で感じた以上に、綺蝶と蜻蛉の色っぽさが現れていてきれいです。
遊郭という特殊な世界観に引き込まれてしまいました。
できたら、他の色子たちの話も出るといいなぁ…。

3

綺麗だな~ĂĂ炫

人気あるのが分かりました。

遊郭ものは乙女の大好物なので、それだけである程度の支持を得られると思うのだけど、
この話の場合、客×色子ってより、色子×色子がメインなので新鮮でした~炫

キチョウとカゲロウの絡みは美しすぎ(>_<)
キチョウは攻めも受けもできるってこと?
やっぱ綺麗なものは良いĂĂ幸せな気分になれますn[g3



でも、一つなんくせをつけると、
小説のほう読んでいないため、そのせいなのかなんなのか、
物語の中の【事件】の部分はなんとなく安さを感じてしまった

2

水揚げされても「おとこ」でよかった

水揚げされて、店の双璧となった蜻蛉と綺蝶のお話。禿編では「おとこのこ」を貫いていてくれたので、特に懸念はしていませんでしたが、傾城といういわば女装をし、さらに水揚げも済ませてしまった状態であるものの、芯は「おとこ」に成長していてでホッとしました。

年季が明けたら二人で大門を出ようと指切りした二人ですが、心とは裏腹に犬猿の仲の状態。お互いのことが気になりながらも一歩が踏み込めず、綺蝶は陰から見守るだけ(時々からだを張ります)蜻蛉はヤキモキハラハラしてばかり、ほんとうにもどかしい二人ですが、立場的にくっつくわけにはいかないので、よくあるもどかしさとはまた違う。

禿編では特に気にも留めなかった綺蝶の過去に関係する事件や、身請けの話などでさらにかき回される二人の関係。
どう考えても思いは通じているのでしょうが、くっつくわけにはいかない。あーもどかしいまま一巻の終わりでございます。

今回の萌ポイントはツンデレいやさ、ツンツン!
次はいつ出るの?

1

切ない二人の想いは……?

 このシリーズ大好きで!
 続きが出るのが、楽しみで、楽しみで仕方がありませんでした!
 この設定の話を樹さんの綺麗な絵で読めるなんて! と、毎回楽しみです。

 舞台は売春防止法が廃止され、一等赤線地区が復活した時代。昔ながらの遊郭や高級娼館が再建された吉原でのこと。
 その一角を占める花降楼では、双璧と謳われる傾城・綺蝶と蜻蛉は今や犬猿の仲である。
 ところが、見世の写真帳を撮るために一緒に出かけた帰り、拉致されそうになった蜻蛉を綺蝶が助ける。そのことが原因で大けがを負った綺蝶を心配して、蜻蛉は見舞いに行くが……

 せっかく見舞いに行ったのに、素直になれなくて部屋の前を行ったりきたりしてる蜻蛉が個人的にはかわいくてしょうがないです。本当は、蜻蛉は綺蝶のことが大好きなのに、それを意地張って言えなくて……そんなところがかわいいです。
 わかりやすすぎて、可愛い。

 本当は綺蝶も、そんな蜻蛉の気持ちには絶対気が付いてるのに、色子同士の恋愛はご法度という決まりがあるから、わざと蜻蛉に嫌われるようなことをする……本当はかわいくて、愛しくて仕方がないのに……

 続きそういう切ないのがたまらない!
 報われない想いっていいですよね。しかも、本当は近くにいるのに……というのが、たまらない。もちろん、最後にはハッピーエンドがいいんですけど。

 この話は、綺蝶が実は御曹司であったことがわかって、蜻蛉がそんな綺蝶に別れを告げたところで終わってます。すごく、すごく切ないところで終わってるので、続きが楽しみで仕方がないです! 早く、続き出て欲しい! って心待ちにします。

1

愛で痴れる夜の純情 傾城編

禿編に続いて二巻目!
あれ前作はどこで終わったんだっけ…
連載始まってから、ずーっと雑誌買い続けてるので、ある意味コミックスが出ても新鮮味はないんだけど、やっぱり続けて一気に読むとぐっとくる(*´Д`*)
描き下ろしの「楽屋裏」は…
こうきたか!!!!
っ凄まじい衝撃がー
次で終わりかと思うと寂しいなあ…タイトル何編になるんだろ?

0

美しくなった傾城2人!

禿の頃から美貌を誇っていた綺蝶と蜻蛉ですが、傾城を争うようになって、益々美貌に磨きがかかり、美しくなった2人に出会えます。
誰にでも気軽に話しかけ、面倒見の良い綺蝶と、いいところのお坊っちゃま育ちで、生き方も不器用な蜻蛉。
そんな2人が、気持ちを表すことが出来ず、すれ違っちゃうのが萌え。
お互い、今さら素直になれないことに対してもどかしく思っているのが、ホントなんとも言えず。
次は完結でしょうか? 楽しみです。

2

サスペンス風味

吉原の大店で色を競う蜻蛉と綺蝶。犬猿の仲と言われながら、心の中では互いを想う二人だった。
蜻蛉が命の危険に晒される事件が続き、その時々体を張って助けてくれた綺蝶への気持ちが蜻蛉の中で膨らんでくる。
伝えたいのに伝えられない蜻蛉のもどかしさにヤキモキします。

少しサスペンス風の味付けがよかったのですが、最後が少しわかりにくかった。ワタクシだけかな。まさか夢オチじゃないですよねぇ。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ