ラブミッション@

love mission

ラブミッション@
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×20
  • 萌17
  • 中立7
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
18
得点
93
評価数
31件
平均
3.2 / 5
神率
22.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人セレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784812470268

あらすじ

新人作家“カルマともえ”の担当になったエロ漫画雑誌編集者の田中篤紀。“ともえ”というペンネームに可愛い女のコを想像して打ち合わせに向かうと、そこにいたのは絵に描いたようなオタク男子だった。
エッチシーンは得意なのに、せつない恋愛要素が描けないともえに田中は手取り足取り恋愛とは何かを教えていくうちに―!?
大好きなヒトを不器用にしか愛せない真っ直ぐな恋を描いた読み切り6編と描き下ろしを含む、待望のセカンドコミックス!!
出版社より

表題作ラブミッション@

田中篤紀,エロ漫画雑誌編集者
カルマともえ(国分友衛),新人エロ漫画家,21歳

同時収録作品エストレージャ!!

イチタカ,プロレスの練習生兼スペル・ホークの付き人
スペル・ホーク,マスクレスラー

同時収録作品誰彼ベイサイドシティ

チャコ・行き倒れていたところを拾われた
轟弥生・チャコを拾った諒の父親

同時収録作品スリングとスラング

ネロ,東北のド田舎からスカウトされてきたモデル
角好太朗,カメラマン・ヨーコの双子の弟

同時収録作品隷人抄

赤城圭輔,高校生,不良グループのリーダー
太一,進学校に通う高校生

同時収録作品ふたり、ぐらし

雅和,銀行員
大吾,古本屋のバイト

その他の収録作品

  • あとがき
  • おまけまんが

評価・レビューする

レビュー投稿数18

色んな愛が

2007~2008年に発表された短編が6つと表題作のカップルの描き下ろしおまけ漫画が収録されています。
絵柄的にはマッチョ系が多かったり、H度が高かったり、独特の角度やデフォルメされたパーツが個性的なので好みは分かれるかもしれませんが、ストーリーとしては割と王道的なものからダークで病んでいるお話が収録されていました。

私の好みとしては割と王道な表題作や「誰彼ベイサイドシティ」が好きでした。
「誰彼ベイサイドシティ」は主人公の2人も良かったですが、攻め様の幼い息子まで男前で、カッコイイ親子が見れました。
「隷人抄」は一転して病み系のお話です。この作品だけこの単行本の中では異色を放っていると思います。
優等生に見える子が歪んだ愛情を抱いているお話なのですが、私は少し苦手なお話でした。
2人だけでしてくれるといいんですが、他の人が複数絡んでくるとちょっと…ね(汗)。
複数モノや凌辱系が苦手な方は要注意かもしれません。

0

愛を求めて

セカンドコミックスも短編集となります。

エロさ。格好良さ。更に不道徳感。
よくある設定でも鬼嶋さん独特の切り取り方に新鮮などきどきが味わえます。

ですが「ラブミッション」
意味深いキーワードとなります。
作品そのもののいじらしさしたたかさより、全体を通して愛を手探りしてる感じで挙動不審気味。
小気味いいテンポとスピード感に気持ちよくなってる所でなんとなく変なブレーキがかかる。
座りの悪さを感じました。

ともえちゃんみたいな愛に目覚めるなんてリアルではそうそうないけど、愛を意識し過ぎて読者として(作者込?)で空回ってしまったような読後感。

0

エロと萌え


「ラブミッション@」
鬼嶋先生にしては珍しくショタ系の受けです。
エロ漫画家・ともえと編集者・田中の話。
恋を知らないともえ先生がウブでいじらしくとっても可愛い。
恋を知らない先生が恋を知るようになる過程は、まるで赤子が言葉を覚える過程のよう笑
そんな赤子のような先生の話ですが、エロは特盛りでさすが鬼嶋先生だな、と思いました。

「エストレージャ!」
鬼嶋先生本領発揮のガチムチ受けです。
受けの男らしさ、そして色気が詰まった話でした。
これからは攻めも受けを守れるような強い男へと成長していくことでしょう。

「誰彼ベイサイドシティ」
轟親子がとにかく男前なこの作品。
チャコはダメな奴ですが、純粋で、自分の過ちを正すことも出来る子でした。
三人の新たな家族の形に心が暖まる一品。

「スリングとスラング」
モデル・ネロは実は東北出身の超田舎者。
見た目と中身のギャップに思わず笑ってしまいました。
メール一つに打ったり消したり繰り返して悩む受けが中学生みたいで非常に可愛かった。

「隷人抄」
腹黒い、でも不器用な太一と兄貴肌の赤城の報われない続き話。
他の作品とは違ったちょっとダークな雰囲気が楽しめます。

「ふたり、ぐらし」
女兄弟の中で育った乙女な受けと男兄弟の長男の攻めの話。
何だかんた言ってバカップルな二人でした。

全編通してエロ多めです。
しかもガタイの良い子が結構揃っているので、読む人を選ぶかも。
逆に、ハマる人はすごいハマると思います。
そんな私はハマった人なので、神評価です。

1

バディに載っててもおかしくない作家さんですが・・・

ガチ筋肉男の緻密なエロが得意で、いかにも「ゲイ雑誌に載ってそうな」作家さんである鬼嶋さんですが、その中では比較的ソフトでほっそりした人が多い本だと思います。

この本において言えば受けが小さかったり細かったり、ガッチムチなレスラーでも美人だったり・・・とこの本は滾る要素より萌えの要素が強いかな、と。
つまり、普通のBLに近いテイストです。

とはいえ縛られた荒縄の間から覗く番長の胸筋の逞しさだとか、小さい目の受けっ子でありながらナニはしっかり大人の形してたりだとか、鬼嶋さんはやっぱり鬼嶋さんなのです。

いわゆる「野郎」なBLが好きな人なのかどうかを図る試金石になりそうな本ではあります。あ、自分は好きですよ。
ストーリー自体は普通のBL、という感じが強くしてとくになにかプラス、はないんで萌えどまりですが。でもクリクリした目の子もかけるんですね。

普通のBLだけど普通のものをあまり書かない人が書くので新鮮って感じはあるけど、鬼嶋さんの作品の中では自分はもっと好きなものがたくさんあります。

4

絵がすきな作家さん

お話は「どっかで読んだような…」と言う、正直どこにでもあるネタで、エロシーンも「男性向けでよく似たエロを描く作家さんが居るなー」といつも感じてしまう鬼嶋さん。正直1作目からその辺の進展は0ですが、やっぱり絵は線が絞られてきて今時になってきてるし、デッサン力も構図も洗練されてきてるように思います。
ある種の特殊な嗜好のある人が、欲求を満たすために読む作品であり、そうで無い人が評価につられて読むと拍子抜けすると思います。原作付で内容のしっかりしたお話を描かれたら、少し見方が変わるかもしれません。絵は大好きなので。

1

ガチムチといえば 鬼嶋さんvvv

やっぱちガチムチを描かせたら鬼嶋さんですね! 
私が思うにガチムチのムチの部分って一歩間違えれば汚くみえてしまうと思うんですがそれをエロさにもっていく力はさすが鬼嶋さんといったところですかね! そのうえ作中のトモエ先生!! ちょっとショタ入ってる??
普通ちょっとショタ入りすぎるとやっぱり嫌悪感があるんですが、トモエ先生絶妙に可愛かったですvvv

1

ショタ系からガチムチまで色々

この方はガチムチゲイ漫画なイメージがあったので敬遠してたんですが、読んでみたら大丈夫でした。

表題のエロ漫画家の先生がエロ漫画書いてるわりにウブな感じが可愛いですね。オタク受け好きです。
可愛い受けからガチムチ、オヤジ受け、ギャップ萌え、痛い系、ほのぼのとバリエーション豊かで面白かったです!

エロは生々しい感じでBL漫画のそれというよりゲイ漫画的な印象をうけました。

ヤンデレっぽい「隷人抄」というお話は痛い系でちょっと苦手だったんですがあとは全部よかったです。

1

エロい~

ダメだ、絡みのシーンのエロさには、ビミョーに引いてしまいました。そんな細部までリアルに描かなくていいやーん(涙)と思っちゃった。
はい、アテクシまだまだ修行が足りておりません。

でも『隷人抄』を除くと、お話は私好みでした。
作者さんがあとがきで「エロは描けても恋愛が描けない」みたいなことを書いてらしたけど、「ぜんぜんそんなことは無い!」と思いましたよ!
この作者さんの売りのひとつである(?)、ガチエロシーンやマッチョイズム(?)みたいなものを好きになれない私でも、お話そのものに引き込まれたし、キュンキュンさせられたし、コミカルな部分では笑っちゃったし。

表題作の『ラブミッション』と、『スリングとスラング』がとくに好きでした。
『ラブミッション』のオタクの先生は、超絶かわいい。お持ち帰りしたくなるかわいさだぞ。

1

ガツンときた

童貞、エロ漫画家、メガネ、オタク…
個人的にこのワード全てに萌えます!!
特に前ふたつ!

気持ちのこもったエロを書くために、編集者と擬似恋愛をする…
というストーリーなんですが、やはり鬼嶋さん。エロがうまい。
でも、前作はガチムキが多かったのにショタっぽいぞ…
あれ?
と思いましたが、次の作品からはやっぱりガチムキでした(笑)
ていうかエロい。エロすぎる。
生々しさもあります。
鬼嶋さん、アングルがうまいです。
前の作品のときもおもいましたが。

ほんとに、大好きな作家さんです。
みなさんに是非読んでいただきたい!

7

きたっ

エロ漫画作家とか、
ガチムキなマスクレスラーとか、
オヤジとか、
方言とか、


設定がすごい好きっ


すんごい面白いです。


個人的にはエストレージャ!!
が大好きです。


付き人とマスクレスラーのお話で、

弟子×師匠ってのが良いですっ



是非よんでみてくださいっ

5

予想外

前がアレだったから、表紙絵やタイトルがかわいくても、油断できないぞ、と思いながら読んだ

予想と言うか、覚悟を裏切って、中の作品には、小柄でかわいらしい受けがいたりして、
きれいな絵を描く人だったんだと、あらためて思った。
そう言う意味では、前作より怖くなかったけど、細部までクリアなきれいな絵で、穴の襞的なのとか、竿の筋的なのまで、クリアに描ききって下さってるのは

2

待ってました!

 デビュー作「ジョカトーレ、捕獲計画。」で、すっかりファンになった鬼嶋兵伍の二冊目。
 待ってました!

 相変わらず、どの短編も面白いっ!
 それでもって、エロいっ!
 大満足です!

 表題作の「ラブミッション@」がお気に入り。
 トモエちゃん、可愛い~~っ!
 このカワイイ人を自分好みに仕立てることのできる田中さんは幸せ者だ。
 大事にしろよ!

 しかし、この人の描くキャラは本当に幅広いなぁ。
 しかも、どのキャラも愛情一杯描かれていて、好感度高い。
 脇役の女子供まで可愛い。
 
 これからもついていきます!
 大好きだっ!

2

大満足な1冊でした!!

「ラブミッション@」「おまけまんが」(描き下ろし)⇒田中(編集者)×カルマともえ(エロ漫画家 恋愛経験なし)
「エストレージャ!!」⇒イチ(ホークの付き人 練習生)×スペル・ホーク(マスクマン) ≪プロレス≫ 
「誰彼ベイサイドシティ」⇒チャコ(轟の家に居候 元ジャンキー)×轟(妻を亡くしている 息子がいる)
「スリングとスラング」⇒ネロ(モデル)×コータロ(学生)
「隷人抄」⇒赤城×太一 ≪輪姦 凌辱 見せしめ≫
「ふたり、ぐらし」⇒雅和×大吾 ≪カップル≫

前作「ジョカトーレ、捕獲計画。」はかなり癖が強いながらも妙な魅力に溢れていてそこにハマってしまったのですが、こちらの作品は前作に比べると結構読みやすい作品になっている様な印象を受けました。甘々な作品もありますし、可愛い系のキャラが主人公の作品もいくつかあったからでしょうか。激しく好き嫌いが分かれるという程ではなかったと思います。

ただ「隷人抄」という作品は鬼畜度が高めの作品なので苦手な方はちょっと注意が必要かもしれません。全く救いがない訳ではないのですが(でもかな~りブラック)、さすがに読んでいていい気分に続きはなれませんでした。

なので「隷人抄」だけがちょっと苦手で、それ以外は全てお気に入りの作品という感じでしょうか。表題作の編集者×エロ漫画家の話からもう心臓を鷲掴みにさせられ、プロレスラー受の話に身悶えし(ホークさん最高です!!)、オヤジ受と男気あふれる息子のキャラにメロメロになり、美形なのにしゃべると東北訛りというモデルのキャラにかなり愛着を感じ、出来上がっているカップルならではのラブを堪能したりなど、本当に盛り沢山で楽しませてもらい大満足な1冊でした。

4

童貞のエロ漫画家というだけで・・・

エロで軽くて私好みなビジュアルで、全体的に良作揃いですが一番長いお話(「隷人抄」)が私のモラル的に許容範囲を超えちゃっていたので、神になりそこねちゃった。

ここのところどなたの作品でも表題作より他の作品の方がいいと思ってしまう私ですが、これは表題作が一番好きでした。

童貞(恋愛も未経験)のエロマンガ家と担当さんのお話で、先も読めてしまうようなお話なのにエロくて可愛くて全てが許せちゃう感じ。タレ目眼鏡でクルクルパーマがポッと紅くなるのがなんとも可愛い。(そればっかり・・・)作品解説にもありますが、この漫画家先生が女性にはとてつもなくフェミニストだというところもなかなかよい。
さいごの「おまけまんが」も含めてエロかわです。これだけだったら神なんですが。

他にプロレス(弟子×師匠)、宿無し×子持ちやもめ、方言イケメン×美少年、独占欲からの強姦陵辱、ラブラブバカップルなど色とりどりのエッチが楽しめます。そうです、エッチだらけです。

7

個人的ツボをつくのが巧い

兵伍センセーの新刊キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
大好きですww何がって、好みの子が好みの感じで受けてくれてるから。
代表作は漫画家さんのお話ですが、ですが、個人的にヒットはやはりレスラーの奴です。
こっ・・・・・この受はたまらんでしょwwジュルリww
筋肉!男前!ロンゲは好きじゃないですが、これはいいですね。
どうせならマスクしたままプレイのほうが萌えました。
言葉責めながら、後輩君のモノを飲み込むあたり。すばらしいwwww
どこぞのエロビデオを見てるみたいでした。
その後ろのお父さん受。これもなかなか乙。
やっぱりオヤジ受はいまだ健在ですね。子供に気づかれればいいのに(ぉぃ

他、なかなかおいしい短編よりどりみどり。
隷人抄は、深く考えなければエロくていいかなと思います。
続編とかあるともっと面白いと思う。こういう、男前がエロエロに調教されていく様子は、個人的にはすごく好きでときめきます。何度も読んでいくと味が出るかもわからんですね~ww

7

ラブミッション@

鬼嶋さんの二冊目の単行本です。
え…めちゃくちゃおもしろかったんですが!!
何だ鬼嶋さん天才か!!
若干ガチムチかもだけど、とにかくエロい。
モロなエロというよりリアルな感じだー
短編集なんだけど、どれも良かった。
それってすごいことじゃない!?
やーオススメです。
モロとガチムチが平気な人には。笑
ちなみにあたしはプロレスラーの話か東北弁のモデルの話が好きですvv

3

え、エロい

躍動感あふれるエロBLです!
出てくる人たちの白濁液も本当に飛びがよさそうです。
これまでのレビューにあるように「隷人抄」の鬼畜度がほかの作品に比べてググっとそこだけ高めです。
でもそんな鬼畜度が、私はかえって萌えてしまいました。
もしかしたら、すごいマゾっ気があるのかもしれません(笑)。
なんというゆがんだ愛でしょうか。あんな仕打ちをされたらたまりませんが、漫画として
鬼畜な表現はありじゃないかと思いました。
鬼嶋先生には、名前のごとく鬼の道を究めていってほしいと思います。さすがに全編、鬼畜はつらいですけど、お願いします。

2

生々しいなぁ

「スリングとスラング」のみ、雑誌で読んでいて、気になっていた作家さんです。
コミックを読んでみて、あらためてエロイなぁ~って思いました。
でもエロだけではなく、萌えツボも外していないので、ポイント高いですw
ところで、雑誌のときもこんなにはっきりくっきりモザイクなしでしたっけ?
いまいち記憶がないのですが、生々しいですね……。
なんだか短い感想になってしまいましたが、他の方がしっかりレビューされているからまぁいいや……。面白かったです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ