おとなしく、俺に食われろよ

ヤってみやがれっ!

ヤってみやがれっ!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784576082035

あらすじ

名門鹿鳴学園高等部、前生徒会長の樋口誠也は学園一の色男。その樋口の素行に目を光らせる現生徒会長・河合宏昌は歴代屈指の優等生。来る者拒まずの入れ食い状態で、今日も下級生との逢瀬を楽しんでいた樋口だが、そこへ河合が乗り込んできて!? 
「もう、二度とお前に男など抱かせない…。俺が抱けない体にしてやる」
いきなり訪れた貞操の危機。こんな可愛くない男、絶対趣味じゃない……のに、河合の淫らな愛撫に意識が飛びそうなほど乱されてしまい――。
出版社より

表題作ヤってみやがれっ!

優等生 河合宏昌
学園一の色男 樋口誠也

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ギャグ、ですよね

名門男子校、鹿鳴学園の元生徒会長樋口は学園一の色男で学園一のたらしだ。
狙った獲物は逃がさず、今日も下級生との逢瀬を楽しむ樋口の前に現れたのは現生徒会長で眼鏡の似合う優等生、河合。
前生徒会長の乱れた素行を正すためにやってきたかと思った河合が口にしたのは意外な言葉だった。
「もう二度とお前に男など抱かせない…」
突如やってきた樋口の貞操の危機。こんなヤツ絶対に好みじゃないはずなのに……
果たして樋口の運命は……

ものすごくテンションの高いお話だった。
ギャグ?ギャグなのこれは。
表向きは優等生の(でも裏は超俺様)河合の真顔から飛び出すものすごいセリフやぶっとんだ行動はなかなかにすごい。
「その姿、たまらないぜ…」とか。
「まずはズボンを脱いで股でも開いてもらおうか」とか。
ちょ、お前それどんな高校生。

ただね。普段丁寧語眼鏡な彼にはエロの時も丁寧語のままでいて欲しかった気がします(超好みのモンダイ)

そもそも攻×攻を期待して読み始めたのですが、正直それはそんなにでした。
あっちゅうまにイニシアチブを取られた樋口が自分のペース取り返せそうな気配は薄続きい。
全体的に攻が受を押し切っている感じで、そこに愛はあるのかが微妙な感じ。
どうせならラブまでいってほしかったです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ