LIFE,LOVE 1

life,love

LIFE,LOVE 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
59
評価数
13件
平均
4.5 / 5
神率
69.2%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832285804

あらすじ

「ジャック、男に抱かれていいと思ったのは、おまえが初めてだ」海外の視察先で政治家の養父と間違われた新海隆裕(しんかいたかひろ)は、マフィアに誘拐されてしまった! マフィアの下っ端・ジャックの部屋に監禁された隆裕は、養父の救いを待っていたが、汚職事件の発覚した養父が自分を見捨てたと知り----!!? マフィア×政治家秘書、目を逸らすなスリリングラブ!
出版社より

表題作LIFE,LOVE 1

マフィアの下っ端 ジャック・ロレンス
政治家の息子で秘書 新海隆祐

評価・レビューする

レビュー投稿数8

オラオラファザコン様のお通りだ!

1巻はアメリカ編
長身美形で無欲なアメリカ人下っ端ギャングと
タフで俺様な日本人政治家秘書で義理の息子の
拉致監禁中に目覚めた友情と愛情のハードボイルドストーリー。

下っ端ギャングのジャックは、識字障害でAセク気味。
本当は頭がいいのだけれども、字が読めなくてあらゆることに無欲なので
ギャング内でも軽んじられています。
そんなジャックを馬鹿にせず丁寧に字を教えてあげようとしたのが
世界中を旅してきた元バックパッカーで政治家息子のタカヒロ。
ボスの命令で拉致したタカヒロを自分の部屋で見張っているうちに
二人の間に友情と愛情がめばえていきます。


2巻は日本編
命からがらギャングから逃げ出し、
ジャックを日本まで呼び寄せたはいいが…
二人の関係に躊躇し逡巡するオラオラ俺様受け(義理ファザコン)の物語。

実の両親が早くに他界したため、遠縁の政治家に引き取られ育てられたタカヒロ。
男の中の男のような義理父に認められたいと、
義理父だけを真っ直ぐに見て生きてきた彼は
ジャックに惚れて抱かれて女みたいになってしまう自分自身を受け入れられず
ついつ続きいジャックを遠ざけてしまう。
わざわざ日本まできたジャックは居場所がなくなり…


タカヒロは義理ファザーコンプレックスなんですが
このオヤジがとにかくかっこいいんです。
悪いんだけど信念があって。
さすがオヤジ萌えの西田東です。
2巻からガラッと舞台も雰囲気も変わりますが、
オヤジとのシーンを読むためだけに2巻を買っても損はさせません。

0

青年誌風な表紙が素敵っ

マフィアの下っ端ジャック× 政治家の息子で秘書の新海のお話です。全2巻です。
この1巻は舞台はアメリカです。
表紙が青年誌系で素敵です。目つき悪い男がガン飛ばしてくる絵がカッコいい!

ジャックがボスの命令で、新海という政治家を拉致する予定が、その車には目当ての政治家は乗っておらず、その新海の息子(秘書)が乗っていました。
そこから人質として息子を監禁することになり、ジャックと息子の新海が一緒に生活をします。
新海は拉致された時も英語が分からないフリをするなど、ただでは転ばないタフさを持った男です。いかにも政治家の息子らしく、たくましい。わざとおどおどしたフリはするけれど、心は結構強いようです。こういうタフな男は見ていて面白いです。

ジャックがLDらしい?というあたりが、まるで映画俳優のトムクルーズあたりを意識したような設定ですね♪トムもそっちの人に大人気の俳優さんですよね(笑)らしい、らし過ぎですw
ちなみにジャックはLDですが、聞いた音を正しく発音する能力が秀でているみたいで、新海の名前をタカヒロと日本の発音で発音できちゃうんですね。これってすごいことなんですよ続きね。
英語圏の人だと「ヒ」が「ヒとヘ」のあいだみたいな発音になる人が多い気がする。タカヘ~ロ~みたいなw
ジャックは「読み」「書き」の部分に障害があるけれど、「聞く」「話す」は通常の人の倍以上の能力を持っているかもしれません。
こういう設定をキャラに持たせると海外っぽさが出ますよね~。
西田東さんいいとこに目をつけてる~。

そしてジャックはボスよりも新海とのキスを取るという選択をしちゃうわけですね。
ジャックと新海のアッー!な目で語り合うシーンがたまらんです!

※忘れちゃいけない、アニタさんというHなお姐さん(笑)
実は良い人だったのね!アニタさん好きよっありがとう!

1

長く描き続けてほしい作品

私の中では別格の西田さん。
なんだーこのカッコよすぎる表紙。もう全然BLじゃなーい!
すべてのBL本が、こういうわかりにくい表紙になればいいのに!(笑)
そんなことすると、BL苦手な方が手にとってしまうのか?

終始手抜きっぽい絵柄なのに、なんでしょうかこの魅力。
額が上がってるオヤジなのに、めっちゃ色っぽいのは魔法?
ホリが浅いのに、どうして白人にしか見えないの?
ディフォルメでは線のような目なのに、本気のときの目のセクシーさよ!
マフィアだとか汚職に手を染めた政治家だとか出てきても、安っぽくなく、70年代のアメリカ映画を思わせるような、この独特の雰囲気。
最初っからBLですよ~という構えがないくせに、ひょっとしてノーマル漫画?なんていう不安にはさせないところもまた巧み。

まあとにかく、すごい作家さんです。
何巻まで続くの?85巻ぐらい?
・・・そろそろそんなBLに、どなたかが挑戦してもいいんじゃないでしょうか。

2

2巻をようやく手に入れたので読み始めました。
西田さんの作品。やっぱり面白い。:+((*'艸`★))+:。
自分を殺そうとしているマフィア×政治家秘書。
監禁生活から始まる2人の関係は!?というのが今回。
ノンケな受が男と~な変化もありますが
1巻はどちらかといえば攻の変化を描いたお話だったかなとおもいます。
2巻は受の変化がありていだったので、余計にそう感じるのかも。
命令されて、そのとおりに動くだけだった攻が自分の感情で判断していく。
淡白で女に興味がない、自慰すらしないといっていたくせに
思い余ったように襲い掛かるシーンが好きでした。

表現が難しいのですが
スゴイ作品でした。

3

密室での緊張感

すんげー面白かった。

舞台はアメリカです。
受けは日本人で、汚職政治家の息子。
攻めはアメリカ人で、マフィアの下っぱ。

この二人が「監禁される者とその見張り役」として、狭くて小汚い部屋のなかで一緒に過ごすうち、互いを意識しはじめるのがこの巻です。
緊張と緩和のバランスが絶妙でした。
濡れ場は最後のほうにしかないけど、めちゃくちゃ萌えました。
密室モノって大好きなんですが、不自然さのないのっていいですねぇ。
互いの抱えるトラウマが小だしにされていて、次巻への期待値も上がります。

ほんと、西田東さん最高だよ。
大好きです。

あとがきの20コマ漫画は解読不可能です。
「理解しようとするな!感じるんだ」と言われてるようでしたw
全編あのグニャグニャ漫画だけで構成された、あとがきだけのエッセイコミックみたいなのも読みたいなー。

1

人生劇場へようこそ

こちらのレビューを忘れておりました。

銃の腕以外何一つもっていないジャック。
そして、優秀ではないながらも、沢山の物を持っている隆裕。

誘拐、軟禁、という形で2人の関係は進展してゆきます。

どうしてでしょう?西田先生の描く人物は、悪でも何でも、何かを背負っているような感じがします。
だから憎めない。
政治家父も、ボスも、アニタさんも。

西田先生は纏めるのがうまい方なので、ここで1章が終わりといった感じ。
うまいこと2巻への繋ぎの台詞で終わります。

シリアスで終わったと思えば、あとがきw
20コママンガ、斬新すぎてw
もう最高ですw

3

意外に・・・

え、これこんなに評価少なくて良いんですか!?
という驚きを隠せないほど好きな作品です・・・。
先にレヴューされている方に激しく同意して映画化してほしいなぁと切に思ってしまいます!

続きはいつでるの!?もう、待てない・・・!!涙

ハラに一物も二物も抱えてそうな頭の回転の速い受・・・しかし思わせぶりな過去としなやかな強さの中に見せる脆さ・・・
ハァハァハァ
下っ端でヘタレ気味の攻なのに、肝心なところで魅せるエロティックで凶悪なまでの視線の向かう先に受!
悪戯な戯れの中に互いの人生と思惑と欲望が交錯する・・・!!スリリングで切なくて甘いのに苦味が残る・・・

今後どうなるのか不安もあるんですが、それを掻き消すほどの期待でいっぱい。
あああ続き早く読みたい!!

・・・皆さんも今後を期待しつつ新刊を一緒に待ちませんか・・・!

2

二人はどうなる?

神評価にしてもいいかなと思いましたが、続くので萌評価。
早く続きが読みたい!!!そして、映画化して欲しい!そんなお話。

雨の日に偶然出会った隆裕とジャック。再会したときは、敵味方の関係という無情。
議員の義父に秘書としていいように使われている隆裕は、それでも義父を信頼していて、義父の身代わりでマフィアに誘拐されてもやけに冷静な行動をとります。「お父さんが迎えに来てくれる」と信じているのです。
マフィアの下っ端ジャックは射撃の腕は抜群ですが、失読症のせいか文字が読めません。ボスから隆裕の監禁と監視を命令されますが、最初から非情になれません。
お互いの態度のそこここに、相手を思いやる態度が見え隠れします。そこがまた、変に色っぽい。セックスそのもののシーンは最後だけなのに、全体を通して色っぽいんです。

また、隆裕はヘタレのようでいて頭がきれるキャラクターなのですが、義父関係でなにやら大きな問題を抱えていそう。ジャックも失読症ではあるものの、おつむが足りないわけではなく、今後の身の振り方も気になるところです。

事件は始まったばかりで、主人公たちの素性もまだまだハッキリ続きしていませんが、殆どの場面がジャックの部屋でのお話で、二人の会話が中心なのに、壮大さを感じます。アメリカの匂いを感じる作品です。とにかく、先が楽しみです。

あとがきコマ漫画が入っていますが、これぞ西田漫画という感じ。最終ページを解読された方、いらっしゃったら教えてください。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ