GATE(2)(新装版)

gate

GATE(2)(新装版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ゼロコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784862635242

あらすじ

自分たちの命と世界のために開かれた『門(ゲート)』を閉じなければ――。四獣と契約し、生き残る術を探し始めた晃たちの道は思わぬ人間から“過去の惨劇”へと繋がっていた。30年前、大切な人を失った者たちの想いが未熟な四獣の使い手・晃たちの生死を揺さぶる……。――同じ未来を、同じ悲劇を繰り返さない―― 定められた未来を砕く戦いは謎めく高野山へ! 大人気・四人×四獣のドラマチック・バトル再編集+ショート描き下ろし入り新装完全版。
出版社より

表題作GATE(2)(新装版)

その他の収録作品

  • 番外編 「四獣座談会 2」

評価・レビューする

レビュー投稿数2

謎が深まる

四獣の使い手となり、開かれてしまった次元の門(ゲート)を閉じるという使命に動き出した4人の高校生ですが、30年前の惨劇を知ることとなり、大きな陰謀の渦に巻き込まれていきます。

賀茂先生の謎、高野山に捉えられた桔梗、幽閉されている修繕、桔梗の祖母・九雀や、反対勢力高野山の美僧・寂光、その部下・影政と新しい登場人物もありまだまだ謎は深まるばかり。

4人の高校生たちは、それぞれの特性を生かし活躍しています。中でもこの巻のキーパーソンは斎東一也でしょうか。前巻ではあっさりと終わってしまった感がありましたが、今度は先が気になりますよ。

0

忌まわしき過去が明かされていく…。

旧巻では「始動」と言うサブタイトルがついていた2巻目の6章から8章までと、3巻に入っていた9章から12章までが新装版の2巻に収められています。

何も知らないままでは嫌だと晃たちは自らが生き残る術と、自分たちの中に宿る四獣との関わりとを仲間たちとともに調べはじめるわけですが、それは30年前の思わぬ惨劇へと繋がっている事を知り、ショックを受けます。

四獣の宿主である晃たちをおびき寄せるために、茂の幼馴染桔梗はさらわれ、桔梗を助け出すために高野に向かった茂を追った力はそこで星読みとの修繕と呼ばれる修理とそっくりな男の子に出会います。

それが全てある者の手によって仕組まれたものであるとも気づかずに…。

ここですごく気になるのは青龍の宿主である一也と、寂光(じゃこう)の息子と言われている影政(えいしょう)なんですよね。
2人は考えが異する者の間にいる、いわば敵同士みたいなものなんですが、話の流れから見てもどう考えても四獣の使い手(一也)とそのサポーターである鍵(影政)なんですよね~

反発しながら引かれ合って、一也には影政の動きが見える。
この2人力を合わせればす続きごいパワーを生み出すみたいだけど、この先どういう風に結託(って悪い事するわけじゃないけど)するのか・・・・気になる~

1

高坂ミキ

私も旧版を持っていたので気になりつつ買ってなかったんですが、新装版の3巻が先に手元に届いてコミックス未収録のものが載っていたので、旧版とは違う組み合わせになっている事に気づきました。表紙も以前よりずっとカッコイイのでぜひどうぞ~(笑)

久江羽

旧版を持っているので購入を控えていたのですが、違ったまとめ方になっているんですね?
これは買わねばなりませんね。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ