糸瓜喰ふて浮く街へ

糸瓜喰ふて浮く街へ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック(同人)
サークル
銀玉えくすぷろ~ら〈サークル〉
ジャンル
銀魂(ジャンル)
発売日
ISBN

あらすじ

江戸に帰って来た高杉。街の中の火事を見つけ、火事は好きだと言う。
そしてこれから江戸を火の海にしようとしていた。その中で桂との
思い出を思い出していく、『紅桜編』直前と思われる話。

※現在は、銀桂・高桂再録本『長き世の遠のねむりのみな目覚め 波乗り船の音の良きかな』か、
商業アンソロジー『ZOOM UP桂~JOY Frame~』((株)ピクト・プレス)で読めます。

表題作糸瓜喰ふて浮く街へ

凶人・高杉晋助
狂人・桂小太郎

評価・レビューする

レビュー投稿数1

果たして見透かしていたのはどっち?

ずはり紅桜編を読みながら読んで欲しい本。

全て高杉視点で進行する話。一見、高杉が桂に見透かされているように見えるが
よく見ると高杉も高杉なりに桂の事を見ている。その高杉の思い出の中で
桂は高杉を助けるために大胆な行動に出る。その大胆さが紅桜編の桂の単独奇襲に繋がってると思う。

二人は常にお互いの行動を読んでいる。だから、桂の奇襲に高杉は驚く事なく、桂の話を聞いた。桂も話を聞くという確信が
あったように思える。

そんな凶人と凶人から見た狂人のお話。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ