誘惑ヴォイス

yuuwaku voice

誘惑ヴォイス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784877249618

あらすじ

丸の内に本社を構える建設会社営業一課の眞二は、社命でなんと男声合唱団に参加することになった! そこで出会った寒河は年も近く、料理も仕事もデキるイイ男。更に腰砕けになりそうなバリトンヴォイスの持ち主だ。経済界の大物が集う合唱団の練習に通ううちに、お互い惹かれるようになった。しかし身体を重ねたその翌日、寒河がライバル社の営業だということを知って……!?
出版社より

表題作誘惑ヴォイス

建設会社営業、御曹司&バリトンの持ち主相河寒河
建設会社の営業マン&トップテノール・詫間眞二(25歳)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ライバル同士の恋を合唱に乗せて

社会人が趣味で集う合唱がメインになっています。それ以外にも、エッチ場面や詫間が襲われたときの救出場面などに、合唱を効果的に使っています。それをふざけていると感じた方は合わないと思います。私は面白かったです。でもエッチ中に歌うのはどうよ、とちょっとは思いました(笑)

詫間の目線で進みます。
丸ごと1冊表題作ですが、全体は大きく3つに分けられます。

詫間(受け)は営業の仕事のため、相手先に声をかけられた合唱部に入ります。そこで、寒河(攻め)に会い、惹かれて抱かれます。

寒河がライバル会社の営業だと知り、詫間は騙されていたのかと悩みます。相談をした、寒河の従兄弟・翠川に襲われますが、救出されます。

寒河と思いを通じ合わせましたが、ライバル会社の社員同士がこんな関係になったことを、詫間は悩みます。そこへ、寒河がある提案をします。

主人公・詫間が真面目なのに、全体的にコミカルな感じです。ただ詫間が不用意で社会人としては子供っぽいのが気になるかもしれません。
仕事より合唱の印象が強いです。軽くさらっと楽しく読むことのできる作品です。がっつり重厚なシリアスを望む方に続きはオススメできません!

2

微妙

男声合唱団というアイディアだけで一冊、という感じで、イマイチおもしろみがなかったのが残念。イラストも微妙に合っていなかったような?

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ