簡単で散漫なキス

簡単で散漫なキス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×24
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
44
評価数
12件
平均
3.7 / 5
神率
16.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  
ISBN
9784403522062

あらすじ

大学生の周平には七つ年上のセックスフレンドがいる。同居中の義兄に想いを寄せる周平は、同じ訛りと声を持つ彼、穂積を抱くことで行き場のない欲望を解消していた。同様に穂積は恋人に二股をかけられ持てあました身体の熱を周平とのセックスで宥めている。互いに割り切った関係でそれ以上の気持ちはないはずだった。だが恋人と一緒にいる穂積を見かけた日から、周平の気持ちは穂積に傾き始め……? 書き下ろし!
(出版社より)

表題作簡単で散漫なキス

荒谷周平/大学生 同居中の義兄に片思い
築島穂積/会社員 彼氏持ち

評価・レビューする

レビュー投稿数8

片方、関西弁って

久我先生の本だから購入。
表紙イラストは線が細いなぁ、くらいの感想でしたが。

これが高久センセのイラスト買いの始まりになっちゃいました。

久我先生特有の関西弁が受だけって。
受が年上で攻の好きな義兄さんそっくりの声って「おお!」だし。
そもそも双方好きな人が別でHのみの関係って。
そそるシチュがオンパレード。
でも詰め込み感が無し。

受には長い間付き合ってる恋人がいて。攻はモテるのに義兄さんにほれちゃってて。
せつないはずなのに、全くせつなさなんか微塵もないよ。

受の恋人がこれまたヒドイヤツで呆れるほどの優柔不断。
こんなヤツは付き合うだけ無駄ムダ。
でも受の性格上、離れることができない。情けない。

攻がたまたま受の修羅場に立ち会ってしまって、気持ちが変わります。
いや、たぶん自然に替わっていってたんでしょうね。

でもあっちもこっちも、は当然受も怒って。
ありゃりゃーな感じに。
すごーくすごーく感情移入できました。

でも結局はどっちもどっちだったんですねぇ。
受もいつの間にかだったんです。

語られる関西弁がいい味出続きしてて、美味しく読めました。
清く正しいお付き合いがすごく微笑ましくて。

受が別れた恋人に放った一言が最高です。
「俺が好きになった男は徹底的に守るて、お前はよう知ってるよな」
「周平に手ぇ出したら、俺が倍にして返す」
思わず胸がすっとして、拍手です。

高久センセのイラストは細いけど、久しぶりにええもん見せてもらいました。またまたイラスト買いできる作家さんに出会えてうれしいです。

3

セフレな関係

初っぱなからセックスシーンで始まります。
久我さん作品では珍しい導入部分に先ず興味を魅かれ、後は定番の、だけれどやはり鉄板モノ萌の関西弁(今回は受の穂積のみ)ですよ。
周平[攻]にも穂積[受]は完全にセフレの関係で、お互いに他に好きな相手が居る。
周平は義兄への告げる事の出来ない想いを抱えていて、穂積は恋人の男がろくでなしで女と二股を掛けられている。
そんな2人がお互いの欲望を満たす為に割り切ったセフレ関係を続けているのですが、周平が穂積が恋人と居る所を目撃した辺りから次第に周平の心の中に他の感情が芽生えて来る。
穂積の恋人はもうおもいっきり駄目男なので、ホントにこんな男のどこが~~~って気分になったので別れてスッキリ!
周平の義兄への感情のなだらかな変化も自然に書かれていたと思います。
しかし今作を読んで思ったんですがどうやら自分は両方が関西弁より、片方が関西弁の方が萌えるみたいですよ。

1

ビバ、関西弁受!

久我さんと言えば関西弁!
でも、久我さん、この関西弁はちょっとヒド過ぎやしませんか??
いくらなんでも、このしゃべりはガラの悪い大阪のチンピラっすよ!
今時、大阪の若者はこんな言葉遣いしませんよ~ってセリフがチラホラ。
次はもうちょっとソフトな関西弁でお願いします。
でも、受だけが関西弁だったのはポイント高いですww
受・攻両方がこのしゃべり方の関西弁だと引いてたかも...
ツンで命令口調の関西弁の受...萌えた!!
普段聞き慣れてる関西弁に色気なんて感じるはずもないんだけど、
こうして小説で読んでみると色気ありますよね~
これがCDになるとさらに萌えるかもww

かなり脱線しましたが、ストーリーの方を...
お互い他に好きな人がいながら、満たされない体の欲望を埋めるように
セフレとなった周平と穂積。
大学生の周平は義兄(智良)を好きになるものの、
もちろん想いを告げることさえできない。
そんな矢先、バイト先に客として来た穂積は智良に声が似ていて、
そんな彼に誘われるまま体の関係を持ってしまう。

一方、穂積は男の恋人(エツオ)がいるものの二股を続きかけられていて、
でも、腐れ縁のような関係で見捨てられずにいる。
そんなある日、エツオの彼女がエツオと共に穂積のマンションに
乗り込んできて、激しい口論の末2人は帰っていくが、
残された周平は穂積に「好きだ」と告白する。
けれど、それを信じられない穂積は追い返してしまう。
落ち込む周平ですが、いつの間にか智良への想いは家族愛に変わっていて
恋をしているのは穂積にだと気付くのですが...

セックスなしで周平と会うようになってからの穂積のツンデレ具合が
かなりかわいかったです♪
とことんワンコな周平もかわいいしww
ただ、エツオがホントにウザいぐらいなダメ人間。
せめてもうちょっとカッコいいとこ見せて欲しかったなぁ~
誰が見ても100%周平に軍配が上がるような設定がちょっと残念。
とは言え、最後には啖呵切ってエツオをだまらす穂積は
私のツボをつくオトコマエ受で楽しめました★

1

関西弁がいいの

エロ増量の苦肉の策、セフレ設定。
最初から、結構な濃厚さの濡れ場で始まります。

お互いに、別に好きな人はいて、身代わりセックスと割り切った、セフレのはずだった周平と穂積。
エロい身体を後ろから穿つと、関西弁でなく声が、かの人の声に似てるから、
自分を満たすその形が、あの人に似てるから、
そんな理由でセフレ逢瀬をしていたはずの二人だったが、
ある日、周平は、友人に無理矢理連れて行かれた合コンの店で、偶然、となりの席に穂積とエツオがきて、二人の会話を聞いているうちに…

このエツオがねぇ、とんでもないダメ男。
そんなダメ男・エツオを目の当たりにしちゃったせいで、周平の気持ちに変化が表れる。

この作品、声が重要なモチーフになっているだけに、ドラマCDで聞きたいなぁ。
智良、穂積、エツオの3人は、できれば関西弁ネイティブ。
声的には,穂積=コンちゃん、智良=ノジ兄なイメージなんだけど、
お二人とも関西弁ネイティブやないのがなぁ、、、
そして、エツオは、英郎さんのいいお声で聞きたい。

1

ドキドキの展開

久我さんも、こんなグダグダでドロドロなお話を書かれるんですねぇ。意外な設定にびっくりしました。しかも、いきなりエロシーンから始まってるし。
本当の恋人同士ならまだしも、セフレでしたからねぇ。この先どうやってラブラブへともっていくのか、ドキドキしながら読んじゃいました。

穂積は周平のカラダに、周平は穂積の声に想い人の欠片を感じで、慰め合っているんですよねぇ。その想い人の身代わりなんです。
ああ、不毛です。どれだけカラダを繋ぎあったって、愛じゃないんですよ。愛は生まれそうにもないんですよねぇ。
ですが、周平が行った合コンの席のとなりに、穂積とエツオが現れたことで、周平の心の中に何か形容しがたい気持ちが生まれます。今までは、名前しか知らなかった男が、実物として目の前に現れたんですから。
でも、穂積に対して何の感情もなければ、そんな気持ちを感じるはずがなく、いつの間にか周平の中で穂積に対する気持ち、智良に対する気持ちが逆転していたんですね。
でも、本人はそれに気が付いていない。

すっかり穂積に距離を置かれちゃった周平ですが、誠意を見せるしかないわけで。エツオとは違うんだ!続き ってところを見せなくちゃねぇ。
やりたい盛りの大学生の周平が、智良を好きになり、穂積と付き合っていく中で、ちゃんと本当の愛を知って成長していくお話でした。

1

何角関係になる?

エロを強化した作品らしいです。確かに今までの久我氏の作品の中では多めです。最初からセックスシーンだし。

セフレの関係にある周平と穂積、彼らを取り巻く周平の義兄・智良(義母の息子)や穂積の恋人・エツオ、エツオの彼女・リナなどなどが絡み合い、本当に好きなのは誰なのか、カラダとココロで知っていくお話です。

最初は、周平と智良がまとまって穂積が捨てられるのか、周平が智良に振られて穂積にすがるのかなどといった展開を考えながら読んでいましたが、そうは問屋が卸してくれませんでした。

周平はどこにでもいるような熱い青年なので、先が読みやすいのですが、智良も穂積もタイプは違うもののきちんとした大人で、「守って欲しい」「頼りたい」なんていう甘い考えは持っていない人たちです。特に穂積は外見に反して登場人物の中で一番“漢”なのではないでしょうか。そこに持ってきて、エツオが徹底したダメ男なのでこっちはわかりやすい。「腐れ縁」の理由にも納得できました。

結局周平の智良に対する気持ちは「変わりに穂積を抱いて済む程度」、穂積に対する気持ちは「代わりがきかないレベル」ということで、よかったよかっ続きた。

展開に不必要なんじゃないかと思っていた、智良さんの元ヤン話もちゃんと伏線だったのに感心しました。しかし、ここまで穏やかな人がヤンキーだった時代って、どんなんだったんでしょう?気になる。

相変わらず、大阪弁(穂積と智良だけ)がいい味出してくれてます。

2

関西弁がいい味だしてます

ちょっとエロいのが読みたくて買った。
まぁエロさは普通だったけど。なんかノーマルだったし。
話はお互い他に想い人がいるセフレ同士が、なんやかんやで恋人になる、という王道モノ。
話はだいたい最初から読めてたけど、まあよかったよかった。
たいした山場もなかったのでサラーっと読ましていただきました。

ただ、「関西弁誘い受け」が素晴らしいですね!
是の阿沙利しかり。なんで関西弁受けが誘うとあんなにも魅力的なのか!
自分自身関西在住・バリバリの関西弁なのですが。
周りの男性がたもみんな関西弁を使いはるんですが。
全く色気など感じだことはないですね。
これがBLマジックなのか。

この作品は受の関西弁がなければ、どこかで読んだ話じゃない?と思うほどの王道なんですよね。もはや「萌」にもならないくらい。
関西弁がこんなにも武器になるとは…

1

簡単で散漫なキス

久我さんの新刊!待ってた!
今回は受けが関西弁でした。
久我さんは関西弁キャラをかなりの確率で書いてくださるので訛り萌えなあたしにはたまらない作家さんですv
お互い好きな人がいて、「代わり」で寝ているいわゆるセックスフレンドな二人です。
そんな二人の関係がだんだん変化していくお話~
二人とも性に貪欲で非常に悶えました(*´Д`*)

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ