シンプルライン

シンプルライン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌6
  • 中立7
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
10
得点
34
評価数
20件
平均
2.3 / 5
神率
5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784344815513

あらすじ

一時期、義理の兄弟だった圭一と孝之。大人になって再会した二人は、改めて関係を築き始める。10年前の出来事は忘れた振りで…。
出版社より

表題作シンプルライン

鷲尾孝之/出版社勤務 実家はいくつもの会社を経営
名瀬圭一/フリー翻訳者 孝之の元義兄

その他の収録作品

  • 昨日・今日・明日

評価・レビューする

レビュー投稿数10

先が見える展開でしたが・・・

両親の再婚で義兄弟になった名瀬圭一と鷲尾孝之。
両親の離婚でわかれ10年後大人になって再会する。
兄・圭一は、弟に手を出した過去への罪悪感と血の繋がりがあるのではという疑惑に苦しみ、どんなに好きでも孝之を受け入れてはいけないという思いにとらわれています。
10年の間に圭一が付き合っていた過去の男の影もちらつきます。
孝之の方はもう兄一筋。
年下らしい甘ったれぶりも発揮しながら10年間の成長を圭一に見せつけたいい男でした。
もともと相思相愛なので結末は見えていましたが、孝之の実家にばれたらと思うと複雑です。

1

いや、だから結局何したいわけ?w

惚れた相手が血がつながっているかもしれない弟という背徳感なのか、
好きなのに好きと言えないグルグル感なのか、

どっちにウェイト置いてるんだかわかんねー作品。
ここまでくると、主人公の兄・圭一って、いやだいやだ言うわりに、
秘かに「実の弟かもしんないヤツとH!?ムッハー!」と萌えてんじゃないかと疑いたくなる。
それぐらい、一つ一つの事象がいちいち嘘くさい。

元・恋人も、圭一とよりを戻すつもりで乗り込んだ割にはアッサリ引いちゃうし、
生々しい胸の痛みも切なさも感じられないんだよネ。

決して筆力ない作者だとは思わないが、追い込み感に欠ける文章。
一つ一つの描写が通りいっぺんすぎて、情景が鮮やかに浮かぶとかじゃない。
こういう一人称語りの作品は「ぼく」が何を見て何をどう感じたかを
読者と共有させていくのが必須条件になってくるわけだが、
それがまるっと欠けている気がするんだな。

1

ちょっと鬱々……?

 連れ子同士で、一時期、血の繋がらない兄弟として生活をしていた圭一と孝之。
 十年後、大人になって偶然再会した二人は、改めて兄弟のような不思議な関係を築き始める。
 週に何回か、圭一の家により食事をしていく孝之。
 そんなある日、孝之が圭一の家に泊まろうとした事から、その均衡が崩れる。
 弟だった孝之への恋心を自覚していながら隠す圭一と、兄だった圭一への想いをストレートにぶつける孝之。

 しかし圭一にはどうしても孝之を受け入れることができない理由があって――。

 という話でした。
 全体的にちょっと曇り空みたいなちょっと沈痛な空気が流れてる話。重い……かなー……?
 でも、何だろう鬱々としてるってほどまでは重くないです。
 多分、圭一の心境的には「鬱々」まで重いんだと思うんですが、そうならないのはあくまでも作者さんの書き方のうまさかなー……と思います。

 結局のところ、圭一の悩みというのが、自分と孝之は血がつながっているんじゃないか? っていうところだったんですけど、実際繋がってたとしても、あんまり関係ないんじゃ……って思ってしまうんですけど……。
 続きだってねー、男女だったら、ぶっちゃけるとどんな避妊方法だって完璧じゃないし、万が一子どもができたら……っていう恐れがあるからあれですが。
 男同士ならそれはないしなー……と。
 そもそも生物学的うんぬんかんぬんから外れちゃってるから、そんなに気にする事無いんじゃ……? っていうのは、ダメかしら……?

 すいません、話が逸れました。
 最終的には、圭一は自分の想いをストレートにぶつけてくる孝之にほだされて。
 後、血が繋がっていない事もほぼ確定して、くっついてハッピーエンド。

 ちょっぴり背徳的な味のする少し暗めのお話が好きな方はぜひどうぞ。

2

一人悩む主人公

連れ子同士で血の繋がらない兄弟の圭一と孝之。
10年ぶりに再会した二人。
別れが別れだっただけにとまどう圭一に、ごく自然に甘えてくる孝之に二人は再び兄弟のような、友人のような不思議な関係を築いていく。
けれど、孝之への恋心を自覚していた圭一にとってそれはただ甘いだけのものではなく……

ストレートに自分の気持ちをぶつけてくる義弟孝之と、自分も彼を想いながらも孝之への罪悪感や、自分たちの関係に悩む圭一と。
最初から最後まで恋の障害が自分の中にしかないというのが印象的だった。
兄弟の壁をやけにあっさり越えてしまうこのジャンルにあって、こんだけぐるぐる悩む作品は久しぶりに見た気がする。

悩んでいるのはわかるんだけど、まっすぐで一途な孝之を見ていると悩んで悩んだすえいい訳して逃げたばかりの圭一はちょっとだけ自分勝手に見えてくる。

男同士であることは障害にならないのに、実の兄弟だったらそんなに問題なのだろうか……
って思ってしまった時点で私も相当このジャンルに毒されている証拠だよね。
うん。普通は大問題なんだろうけれど。
でもちょっとだけイライラじりじりしてしまっ続きたのも確かです。

孝之がこういう性格じゃなければ絶対に結ばれなかった二人だよね。

1

生理的に合わない

主人公の受けが生理的に合わない。
こういった恋愛脳の独善的な人って、実際によくいるので余計に生々しい。
弟に対する態度もひどいけど、前彼に対する態度もひどいと思う。しかも主人公自身は、自分のことで頭がいっぱいで、自分の行動を振り返ることも、反省することもない。口先であれこれ言い訳しているだけで、常に保身に走っているような?
このずるさを、卑怯と感じるか否かで、読後感も変わりそう。

それに主人公がこだわっている兄弟のいう禁忌も、そんなに思い詰めることなのか、と首をかしげる。だいたい、男同士だし、ぷっ、というかんじで、共感できない。

これって、もしかしたら、ビッチ受けなのかな。
BL的なイケイケ襲い受けは好きだけど、これはちょっと無理。
この作家さんは初めて読んだんですが、生理的に合わないようです。BLに求めているものや、萌えがまるで違うみたい。
このイラストレーターさんも、初めてだと思うけど、ちょっとクセがあって横顔の糸みたいな目が気持ち悪かったです。

年下攻め、兄弟ものだというので手に取りましたが、まったく萌えツボから外れていました。残念。

1

じりじりとして煮え切らない

圭一の態度が煮え切らない。
好きなのに兄弟だと疑って、孝之を拒否するけれど、孝之の押せ押せなアプローチに流されちゃって「これで終わりにする」って抱かれたり。
兄弟だからっていうことだけで、諦めない情熱的な孝之の求愛を拒むのは、ちょっと弱い気がするんですよねぇ。
もっとはっきりと圭一の狡さも描かれていたら、読後の印象も変わっていたような……。まぁ、圭一があまりに狡かったら、読者の共感が得られないとボツにされちゃうのかもしれませんけど。
それでも、兄弟だからというだけでも、納得いかないような……。
ブラックな一面を持っていたとしてもよかったんじゃない? って気がするんですけどねぇ。
ちょっと残念。
いわゆる“センシティブ”ってやつなんですけど、読み手によっていろいろと受け取り方が違うと思います。
特に、ジリジリ感がすごかったりするから、読み手の心理状態によっては受け入れられたり受け入れられなかったりするかな?
それでも、結局は兄弟じゃないとわかったら、圭一もデレデレ。
ようやく孝之の情熱が伝わったんですね。

一緒に暮らしたいという孝之の願いも、ちゃんと聞き届けられ続き、同居するのも近い未来のようです。
ラストは、めちゃめちゃ甘々です。

1

絡みのシーンの挿絵が文章に追いついてない

親の再婚で義理の兄弟になった後、離婚・・・音信不通
そして再会したというお話なんです。

まあ・・・杉原節ですから
最初からお互いの好きという気持ちは駄々漏れ。
弟の気持ちを悟った上で兄から弟に手を出します。
合意なんだろうけど
弟を完全な“被害者”にしたいために
兄しか触っちゃダメ!プレイ・・・どんだけ拷問w
なんか弟のためとかいいつつも、ものすごい棘を刺して
姿を消してしまう兄・・・なんかちょっとどうかな?って思った。

10年経っても抜けない棘を刺しておいて
再会してからは、なんだかんだと愚図る兄は
本当に狡いです。
まあ年食ってるだけ傷つくことも怖いし失うことも怖いんだろうけど
引くなら引く、押すなら押す、もう少し強い感情がほしかった。
ぜんぶ直情的な弟にまかせっきりというか・・・うーん
なんか精神的に本当にゆるいしずるいし弱い兄に萌えませんでした。
この兄のよさが、見目が美しいところしか伝わらなかったんですよね。
本当にまったく・・・

絡みの描写は、弟の攻め方が妙にねちっこくて
10年分の鬱屈がたまりませんでしたが挿絵がそのエロ続き黒さに
ついてきてない感じがしました。
ものすごく綺麗な挿絵だけども、弟の舌使いとかまったく
絵にしてなくって絡みのシーンも文章に忠実じゃないんです。
文字のほうが3倍エロかった。挿絵がっかり。

0

超絶焦れったい小説です

杉原理生さんの小説は、文章が大好きなので、もうそれだけで、どんなストーリーでもどんなキャラでも、うっとりと、海の中でプカプカたゆたっているような気持ちで読むことができます。稀有な才能だなと思います。

義兄弟モノで再会モノです。
主人公は翻訳家の兄。
両親の結婚によって義理の兄弟となり、離婚によって離ればなれになった義理の弟と、10年ぶりに再会します。
かつて自分より小さかった弟は、立派な青年に成長していた。
急速に惹かれあう二人。
まっすぐに愛情をぶつけてくるかつての弟に、主人公は愛を返すことができない。
彼を遠ざけきることもできない主人公には、絶対に言えない秘密を抱えていたのだ――。

この小説は、煎じつめれば『主人公がちゃんと本当のことを話し、誤解さえ解ければ万事うまくいく』という焦れったい系のストーリーで、こういうタイプの話は私はそんなに好きじゃないはずなんだけど、杉原理生さんの手にかかると、好きな小説になってしまうという不思議さ。
飽きることも苛立つこともなく、流麗な文章に酔いながら、最後まで読みました。
そう、杉原小説は、酔えるのだ。

1

相性なんでしょうか…

鷲尾孝之(出版社編集部勤務 実家はいくつもの会社を経営)×名瀬圭一(フリーの翻訳者 ゲイ 母親が孝之の父と再婚し一度義兄となるも、両親は再度離婚)

圭一は仕事の納品先の翻訳事務所で元・義弟の孝之に十年振りに再会します。親の結婚により一度は義兄弟になる二人ですが、両親の離婚により圭一と母親が鷲尾の家を出てからは、二度と孝之に連絡を取ることはありませんでした。再会後親交を深めていく二人でしたが、想いを打ち明けてきた孝之に対し、圭一はある不安から素直に気その持ちを受け入れられずにいて……

杉原さんの作品をあまり多く読んだことはないのですが、たまたま読んだことのある作品のほとんどが、昔からの知り合いという主人公二人がじれったいほどの遠回りをしてようやく……というストーリーだったような気がします。この作品もその例にもれず元・義兄弟という関係の二人が、十年振りの再開でお互いへの恋心を再確認しつつも“ある事情”のせいで片方が拒み続けて…というじれったい展開が続きます。ちなみに“ある事情”を知っている(疑っている)立場の圭一視点で書かれているため、本当は孝之を受け入れたいのに受け入れられな続きいという切ない気持ちは分かるんですが…

う~ん…ちょっと淡々としてクセがなさ過ぎる感じがして私の好みではありませんでした。読む前からこういう雰囲気(杉原さんの作風!?的なもの)は予想していたので、ほぼ思ったとおりではあったし、スラッと読めて特にイヤなところもないのですが、逆にイヤではないという印象しかなかったということで[中立]にしました。健気な年下攻めキャラとか私からすると結構な萌ポイントのはずなんですけどねぇ。

1

シンプルライン

楽しみだった新刊!!
杉原さんにしては珍しく年下攻め。
連れ子同士の親の再婚で義兄弟になった二人が10年ぶりに再会する話~
お互いのことが好きすぎて好きすぎておかしくなってますねーこの兄弟は!!
束縛というか依存度が半端ないです。笑
受けは相変わらずあれこれ悩んでネガティブちゃん…
杉原さんの文章好きだけど、今回はまだるっこしさいつもの三割増し、って感じでしたーwww

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ