迷える夜の仔羊

迷える夜の仔羊
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
一水社(光彩書房)
シリーズ
光彩コミックス(コミック・光彩書房)
発売日
価格
¥876(税抜)  ¥946(税込)
ISBN
9784905965374

表題作迷える夜の仔羊

荒城月霞:樹の7歳違いの兄。怪盗迷羊
荒城月樹:探偵見習い。21歳。

その他の収録作品

  • ヨロコビの機械
  • Wordless World
  • あなたを知りたい
  • コメント:伊藤明弘
  • コメント:大阪ぴえ郎(雅ゆたか)
  • コメント:内村かなめ
  • コメント:娃田ひばり
  • コメント:谷崎由名
  • コメント:游月里沙

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ひと時代の終わり頃に

互いに抱いてしまった感情故に引き裂かれた兄弟が再会し、
立場を超えて愛し合った末に新しい世界へ旅立ってゆく。
絵柄故にショタ傾向と捉えられそうですが実際は幼年期の
空白を肌を重ねる事で取り戻している成人男子同士です。

表題作も結構骨太ならば併録作も結構骨太です。
自らが作り上げた人工生命体との交歓から何かを知る少年の
話に戦火の中で言葉を閉ざした少年が一時の安らぎを得る話。
そして最後は軽めに、一目惚れで突っ走る少年の話。
ショタブームの区切りとして出た中の一冊としては、意欲作で
あったかと思われます。
時代の色はそれなりに濃厚であり、男性向きかと思われる描写も
多いですが、こう言う作品もあったと言う事で。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ