八犬伝 東方八犬異聞 10

八犬伝 東方八犬異聞 10
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
3件
平均
3.7 / 5
神率
33.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
冬水社
シリーズ
いち*ラキコミックス(コミック・冬水社)
発売日
価格
¥524(税抜)  ¥566(税込)
ISBN
9784887418868

あらすじ

命命(ヤナ)編クライマックス!! 生き神の少女・弥奈と土地神の命命。二つに分かれた魂と少女・弥奈を救うすべは…!? 帝都で楓と玉探し編&信乃の里帰り編に加え、楓主役の描下し『緋ノ塚家のねこ』4頁も必見の第10巻!!
出版社より

表題作八犬伝 東方八犬異聞 10

その他の収録作品

  • act28 弥奈
  • act29 楓
  • act30 帰らずの森
  • act30.5 緋ノ塚家のねこ(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

本当の本当に望むもののために。

まずはヤナの話の後半戦から。
本当の本当に望むもののために。
信乃があっさり蒼を使うあたり素晴らしい。
前巻では荘介と蒼を選べなかった信乃がすっぱり選択したのにも驚きました。
確実に本当に守りたいものっていうのがあるのだろうな。
現八もかっこよかったですv

そして、緋ノ塚の楓のお話。
楓の性格ってなかなかかわいいと思うのよね、やっぱり。
那智との過去のお話も興味深かったし。
那智ってどこか謎な人物だったんだけども、かなり好きになりましたー。
いやー、イイ子じゃないかぁ。
楓の尻にしかれてる感じではありますが(正に!)そんなフツーの獣憑きとは一味違った関係もステキです。
ほかのメンバーもなんだかみんな和気あいあいで。
宴の様子が楽しそうだったのと、毛野が小文吾に薬もらってたシーンが印象的でした。
このまま毛野が小文吾に転べばいいのに…と思ってしまう根っからの腐女子でごめんなさい。

1

いい男ばっかり!

前巻の続きヤナのお話が、蒼(荘介の影らしいです。二人で一人ってやつ?)がその身にヤナを引き受けることによって一旦まとまり、ついでに荘介の玉も持っていかれてしまいますが、次のお話のまわし手として猫憑きの緋ノ塚の猫・楓(オスでもメスでもないらしい)が登場し、ずっと関係はあるのに玉持ちとしてはバラバラだった面々が一堂に会します。

信乃はおこちゃまのままですが、荘介といい現八といい、小文吾といい毛野といい、皆がそれぞれ違ったタイプのいい男なのでそれだけでも萌えます。里美莉芳も緋ノ塚那智もまた違ったいい男だし。
妖し関係の面々もなかなかユニークで、怖いというより楽しみといった感じ。

まだはっきりと正体を現していない2人と玉持ちだと判明した6人が今後どのように活躍し始めるのかが気になるところです。

あと、今回は事あるごとに「信乃が大きくならない」ことを話題に上げていたので、逆に今後再び成長した姿が見られるかもしれないんじゃないかと期待したくなりました。次巻は道節登場でしょうか?

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ