すべてを奪い尽くさずにはいられない

夢花の誓い -弄花伝-

夢花の誓い -弄花伝-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
学習研究社
シリーズ
もえぎ文庫(小説・学習研究社)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784059040873

あらすじ

「命に代えても守る」かつてそう誓った少年は、冷徹な鎧を身にまとい、敵となっていた――。中原一の大国・脩、その宮中は王の寵姫一族の悪政に乱れていた。危機を感じた太子・朱奎は、一度は自分を陥れたこともある敵国・傀の軍師、子瑤に力を貸すよう要求する。子瑤の父は朱奎の師であり、ふたりは互いに惹かれあっていたが、再会した子瑤はかたくなに心を閉ざしていて……。すれ違った想いが今、宿命を動かす!
出版社より

表題作夢花の誓い -弄花伝-

脩の太子・朱奎
傀の軍師・子遙

その他の収録作品

  • 百花繚乱
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

中華戦記浪漫譚?

弄花伝シリーズ3作目です。
なのに、私、読むのこれが初めてです(爆)
いや、CDで1作目は聞いたのですが。
とりあえず主人公が毎回違うので大丈夫かなーと思ったのですが…。

個々のお話としてはこれだけでも読めるんですが、これまでの2作をふまえた上での状況(時系列?)のお話にもなるので、やっぱり本当は順に読んでいくのがいいようです。
これまでの主人公だった登場人物たちも出て来ますしね。

今回のお話は1作目から登場していた脩国の朱奎と傀国の之焉に仕える子瑤のお話。
幼い頃、脩にいた子瑤は朱奎と面識もあり慕ってもいた。
しかし、父親が反乱分子として捕らえられ無実を主張するが認められず。
その手が子瑤にまで及んだ時、助けようとしてくれたのは朱奎だったのだが…。

最初、ちょっと物語に入っていくのに時間がかかりました。
というのもやはり私が読む順番を無視していたせいかもしれませんが。
この世界の情勢みたいなものが語られている部分があって、聞き慣れない国やら人物名やらにてんやわんや。
でも、それが終われば子瑤の物語に入っていくわけで。
脩を離れ傀にいる子瑤が国の続き借りを返すために朱奎に乞われて再び脩へ。
反乱分子の子供だから元々周りはあまり良く思っていないし、子瑤自身もそれ自体は仕方ないことだと思っていて。
しかし、朱奎はつれない子瑤に対して臆することなく。
昔、朱奎が手を離したすきに子瑤の身に起きた出来事が物語の途中で明らかになるのですが。
そのシーン自体ががっつり描かれているわけではありませんが、なかなかひどいです。
そして、それを知った時の朱奎の悔しさといったら…。
自分のせいでそれが起きたのだと思えばやりきれない思いでいっぱいになったことでしょう。
朱奎は全て知ったのかな?
それとも目に見える傷のことだけなんだろうか。
ちょっと疑問。
全てを語られることなく悟ったのだとしたら悔しさもまたどうしようもなく大きなものになるのだろうな。
最後はその傷さえも愛しいと言ってもらえて子瑤の心も晴れたのではないでしょうか。

「百花繚乱」
これまでの3CPが出て来ました。
それぞれのCPなりのちょっとしたいちゃいちゃというか。
タイトルの「弄花伝」の意味を押さえたところで終幕といった感じ。

1

中国戦国浪漫

「命に代えても守る」かつてそう誓った少年は、冷徹な鎧を身にまとい、敵となっていた—。
三国志を思わせる3国三つ巴のなかで、描かれる戦国ロマンです。

最初は名前の覚えづらさと国の名前と知らない役職が出てくるので、ちょっと苦労です^_^;
でも、敵国を攻めるとき、その隙に第3国に攻められないよう、なかば人質として要職の人間を自国に向かい入れるという戦略など、読み物としてかなり本格的。
戦にあけくれる諸国が、あらゆる知略を使って、相手国の抜け駆けをしようという物語は、戦国ファンの私は大好きです。

主人公・子遙は「手を貸してほしい」という名目のもと、脩の太子・朱奎に迎え入れられます。
朱奎は、かつて子遙の父を師として仰いだ人間でした。そして師の息子が子遥だったのです。
朱奎はまだ若い子遙に出会ったときから、お互いに他人に抱く感情とは違う何かを感じていましたが、不幸が彼らを一瞬で引き裂きます。
子遙の父は、敵の策略に落ち、無実の罪で処刑されてしまいます。師の息子である子遥たけでもなんとか助けようとするのですが、それさえもかなわず、あっけなく拉致され陵辱されてし続きまいます。
物語は過去の思い出とクロスしながら、進行していき、次第に二人の関係が明らかになっていきます。
過去のくだりを読むと、冒頭の子遥の朱奎に対する、冷たい態度がよく理解できるのです。

やはり、過去のわだかまりと、今仕えている国の事情が、以前のような関係を許さないのでしょう。

朱奎は、子遙が成長して軍師になり、今、人質として脩に迎え入れるまで、子遥が消えたあとに、いったい彼の身にどんなひどいことがおこったか知りませんでした。
その事実を知ったとき、朱奎はどれだけ自分のふがいなさを死ぬほど悔やんだでのではないしょうか。最初は頑なに心を閉ざしていた子遥も、次第に昔の自分を取り戻していくかのように見えました。
そして物語は、朱奎の友人も絡んで、怒涛のラストに突き進んでいきます。
ここから先は、小説で読んでみてください。ラブ以外も、ストーリーとして楽しませてくれます。


1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ