愛讐の虜

aishuu notoriko

愛讐の虜
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×24
  • 萌8
  • 中立3
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
12
得点
98
評価数
30件
平均
3.5 / 5
神率
36.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784812437247

あらすじ

「殺し屋のお前を、容易く快楽に溺れるような淫らな奴隷に躾けてやる」
元外国人部隊の精鋭、酒井洋貴は、家族を殺された恨みをはらすため、投資会社を経営する長殿俊臣の暗殺を謀る。しかし、その命を奪う事はできず、逆に捕らえられてしまった。
闇社会とも精通していると噂される長殿の会社に監禁され、拷問を受けても口を割らない洋貴に、ついには長殿自らの手で『陵辱拷問』が施され…。
大手企業の社長室で、淫らに飼われることになった洋貴の運命は――…。
憎しみと快楽の中で生まれるハードコアラブ。

表題作愛讐の虜

ヘッジファンド 総支配人 長殿俊臣
長殿暗殺を企む男 酒井洋貴 

評価・レビューする

レビュー投稿数12

乳首責!

バーバラ片桐先生!ヤバすぎる。乳首責。
エロさハンパないですね!

シリーズ1作目の愛炎の檻はだいぶ前に読んだことありますが…
その時は乳首フェチじゃなかったんですよね(^^;)(;^^)

乳首責に尿道責に前立腺責に…と盛りだくさんでなんて美味しいの!
と思ってしまいました(^q^)

激エロなのは良いのですが、
主人公のお姉さんの婚約者だった長殿。
長殿がお姉さんをどんな風に抱いたのか気になってる節がありますが…
そこはいらないんじゃ?と思ってしまいました。

洋貴が復讐からの暗殺に失敗、監禁、陵辱拷問、家族を殺したのは長殿じゃないと知り、長殿のお姉さんへの愛を知り、長殿に好意を抱く。
えっと、何も出来ずにお姉さん達を死なせてしまった自分を責めていた
洋貴ですが、お姉さんが大好きだった事も伺えます。
逆に長殿は仲良くなりたかったけど恥ずかしくて苦手だった。

当時、長殿に恋心を抱いてた訳でもないので、その節は洋貴がお姉さんの事が好きだったの?
と思ってしまいました。

長殿との情事の最中にそんな節が出てきて萎えました(^-^;

婚約続き者の弟だったとわかると長殿の態度が一気に優しくなります。
そこは好きなシーンです。



2

文句なしの監禁陵辱もの!

 酒井祥貴は幼い頃に両親と姉をひどい殺され方で殺され、その復讐を果たすためだけに、はるばるフランスまで渡り、傭兵部隊へと入り、訓練を積み、憎っき家族の敵に復讐するためだけに、日本に戻ってきた。
 復讐の相手は「長殿俊臣」。
 祥貴の父の死後、祥貴の父が経営していた会社をのっとり、裏にも表にも通じ、好き放題している男だった。
 祥貴はそんな相手の隙を狙い、命を奪おうと試みるも、相手の思わぬ反撃に遭い、それを果たせなかった。
 それどころか、逆に相手に捕らえられ、拷問されることになってしまう。
 祥貴は長殿の部下たちに、拷問を受けることになるが、どんないひどい拷問を行われても、祥貴は決して自分の背後にいる人間について口を割ろうとはしなかった。
 それもそのはず、祥貴の背後に祥貴に殺しを指示したものなど誰もおらず、あくまでも祥貴自身の意思で長殿を殺そうとしたのである。むしろ祥貴としては、自分がかつて長殿が殺した一家の生き残りである、と知れることの方が問題であったのだ。
 そうして祥貴が口を開かずにいると、ついには長殿自らの手で『陵辱拷問』が行われることになってしまう。
 それ続きでも決して屈服することのない祥貴に長殿は興味を持ち、祥貴も次第に長殿が口にする言葉に、自分の家族を殺した犯人が長殿ではない気がしてきて……

 という話でした。
 えーっと、この作者さんらしい監禁陵辱描写で、監禁陵辱が大好物の人にはたまらない作品なんじゃないかと思います。
 同じ作者さんの作品とはいえ、時々「あれ?」という方向に行くことはあるんですが、これは憎しみ合う二人が、あくまでも「手段」として身体をつなげる話……なので、こゆーいどろどろな監禁陵辱モノとしては文句なし! です。
 その代わり、その手のものとしてはベタベタですけどね。

 なので、逆にあまあまとか、キュンキュンを求める人にはオススメできない作品ですね。
 濃いぃ作品を求める人はぜひ、遠慮なく目を通してください。

1

プレイ内容は好みだけど…

プレイ内容は好きです。
あり得ない設定にも目をつぶれます。
でも、好みだからこそ、すごく惜しい感じ…

なかなか攻めに屈しない受けはいいんですが、堕ちる瞬間があっさりなのがもったいない。
これからされる事への恐怖感とか、絶望感とかをねちっこく書いて欲しかった。
一応ハッピーエンドだけど、終わり方も唐突でびっくり。
ページ足りなかったなら、最後にHねじ込むよりも2人の心情とか、会話をしっかり書いて欲しかった。

プレイ内容は本当に良いんです。
もう少し心情を書き込んだら絶対神評価だらけになると思うのに、すごくもどかしい…

1

バーバラ片桐の凌辱モノとしてはかなりいい出来

3P・複数プレイモノとしては、ちょい地雷なバーバラ片桐センセイ。
お道具にやたら頼りすぎなのと、凌辱の理由がちょっと理不尽なのが
その主な理由でありますが、本作はスピード感や臨場感もあっていい。
相変わらず濃度の高いダークエロスではありますが、
さすがラヴァーズ文庫からだけあって、きちんとうまくまとまっている!

今回は3Pはあくまでモチーフであって、いわゆる3P主体作品ではない。
がっ! 3Pシーンも落とし込み方としてなかなかよろしかった。

ヘタレな子が復讐を胸に、フランス外人部隊に入隊、そして日本に舞い戻る。
――復讐のために!
「君よ憤怒の河を渡れ」ばりの復讐とまではいかないが、
こういう突飛な出会いもありかなとは思わせる。

かなり早い段階から、真犯人がネタばればれなのが惜しいんだが、
イキたくてもイケない焦燥感と、底なしの快楽のバランスがいいです、ハイ。
あえていうなら、後半、すべてが解決したあとの邂逅で
もぉちょっとネチネチなエロスを展開してほしかったかなー。
「萌」と「萌×2」の中間ぐらい。

0

壮絶な人生

受が壮絶な人生過ぎて、
シリアスなはずの展開なのに、コメディーに感じてしまいました。

酒井は、姉を殺された仇をとるため、外国人部隊で鍛え、
姉の元婚約者、長殿を殺そうとする。
しかし、見破られ、とらえられてしまう。
口を割らない酒井の目的などを知らない長殿は、
吐かせるため、拷問~陵辱をしていく。
調教されていく酒井は、姉を殺した真犯人に気づくようになる。

今回も、道具を使って、あの手この手の陵辱に
おなかいっぱいになりそうです。

後半は、打って変わって甘くなるので、
そこが読みたくて、再読します。

0

本家のSも驚くほどの、どS調教が素晴らしい!!

エロス重視作品。
「監禁調教」というエロテーマでいろんな設定のエロスを探求したシリーズと作家さん自身がおっしゃってるシリーズでいうと、同レーベルの『愛炎の檻』に続く第2段にあたる作品です。

エロテーマを設けて、いろんな設定でエロスを書きます!という作家さんのスタンスが素晴らしいと思います!
なので、いろんなシチュで「監禁調教」というエロテーマを楽しむというのがポイントです。
物語の深さやキャラ設定はこのエロテーマを盛り上げるための香辛料みたいなもんなので、そこは深く突っ込まないほうが楽しめます。

さて、今回のシチュは、家族を殺した敵(ヘッジファンドの総支配人)×復讐に燃える殺し屋。
受の殺し屋は、殺された家族の敵を討つために、攻めを殺そうと画策するのですが、捉えられ嬲られます。

このシチュの醍醐味は、復讐相手に対する深い憎しみを持った受が、簡単に陥落されないところにあります。
どんなに酷い攻めを受けても、決して音を上げない。負けを認めず、抗い続ける。
その並々ならぬ忍耐力。
燃えます!!!!
イジメ甲斐のある相手をめちゃくちゃにイジメる快感というか…
続き
世の中にどんだけいるかわからないですが、どSな読者にはたまらないどSプレイが盛り沢山です!ヽ(゚`∀´゚)ノ

プレイはどれも執拗でねっちこいものばかり。
基本は射精も自由にできない感じです。
手足の拘束、乳首攻め、尿道攻め、バイブ、コックリング、3P…などなど。
振動機能付きの金属での尿道攻めとか、異物挿入のまま野外の連れ回しなど、個人的に激ツボなハードなプレイも山盛りで、大満足です!!。゚ヽ(゚´=Д=`)ノ゚。
よくぞ…よくぞここまでやってくれた…!!と拍手喝采。

殺しのターゲットにするくらい、攻めに対する憎悪を秘めている受けだからこそ、耐えられるような激しい攻めがずーっっと続きます。しつこいくらい続きます。
普通のシチュならあっという間に快楽に溺れて飼い殺されていることでしょう。
そういう意味で、『殺しのターゲット×殺し屋』という設定を120%活用した素晴らしい攻めの数々だといえます。

ふつうのSMにはない、受けの忍耐力がみれるのがとてもよい。
Mは基本的にイジメられて喜んじゃうので、張り合いがないというか…いつも物足りなさを感じてしまうので、これだけ虐め抜かれても抗い続ける相手は本当に貴重なのです…(=ω=)ジーン…

まあ、この作品の攻は、本来Sではないし、受の殺し屋も本来Mではないので、
想像を絶する忍耐力で耐え忍ぶ受にだんだん愛情を抱き、受の家族殺しの真相が判明して誤解が解けた後は、ふたりはふつうのラブラブなカップルになってしまったのが、少々残念ではありました…。

本家のSも驚くほどの、どSな調教をやってのけたというのに、平和が戻ればふつうの恋人同士になっちゃうなんて…もったいないっ!!君たちには十分すぎるほどSMの素質があるから、続けたまえよ!!!…と、心のなかで願ってみたり。

それはそうと、久々に読み返して思ったのは、挿絵の素晴らしさ!!
個人的に、奈良さんの絵はこの時期(から以前)のものが一番好きです。
最近のイラストもキレイだとは思いますが、やはり表情の繊細さやパーツのバランスなどが、この時期以前の頃が好みだなぁ~と改めて感じました。

そんなわけで、激ツボなハードエロと、個人的に好きな時代の奈良さんの挿絵のコンビ、という最強に私好みな1冊だったのだと、改めて気づき、絶対に手放せなくなったのでした。笑

本家のSM以上にキレのあるSプレイが堪能できる作品です。
ハードだけどスカとか汚い描写はないのでSMが苦手でなければ楽しめると思いますよ~ヽ(・∀・)ノ♪

《個人的 好感度》
★★★★・ :ストーリー
★★★★★ :エロス
★★★★★ :キャラ
★★★★★ :設定/シチュ
★★★・・ :構成

4

サディスティックにw

今回もぶっ飛んでますね(ノ゚Д゚)ノ ))))))●~*
痛めつけても吐かないのならば、快楽ではかせて見せようホトトギス。
復讐のために、攻を殺しにやってきた受。
ところが、まぁ見事につかまってしまう。
誰に雇われて、なんの目的で、そんな尋問が続く。
酷く打ちのめされても何も口を割らない受に快楽という名の苦しみを与え続ける。性で躾け、従順な犬へ~というお話ですね。
マフィアだの拳銃だの、陵辱だの調教だのと、最近バーバラさんのを立て続けに読んでいるせいか、ちょっぴり麻痺してきましたね。
そして今回。陵辱の限り=というわりにはちょっとぬるかったかなと・・私の雑感です。
1個まえに読んだやつのほうが、長くてねちっこくてヒドかったな・・・・。
なんて思うわけですが、しょっぱなの4P
これは萌えましたwwww
攻×受。そして無表情なガードマンたち。
ガードマンたちに、乳だの股間だのを吸わせながら後ろを犯す。
の図がなんともエロティック⊂彡☆))Д´)パーン
気持ちに反して感じまくってしまう受。乙です。

拘束され、玩具を埋め込まれ、永遠ともおもえる快楽を繰り返さ続きれる受。
慣れることのない快楽の波に。
そして共犯者だった男のイチモツまでうまそうに頬張らせられるという陵辱プレイもございます。穴だけは貸してやらなかったのが救いかしら。

そして事件の真相とそれからと。
中盤すぎるまで、というか、真相がわかりはじめるまでの攻の冷血なまでの責め苦に反しての後半と、受が真実に気づいてからの気持ちの落ち具合がなんと乗り切れませんでした。
姉を殺した犯人、姉への攻が抱いていた感情。
そして現在の今攻めに感じている気持ち。
あんなにツンツンぎらぎらしていたものが、泣き虫の受に戻ってしまうというのが。。。。ギャップ・・と。いい意味ではギャップなんだけど・・。
表紙の絵が絵だけにイメージが追いつきませんでした(笑

ジックリしっかり話しの粗と、キャラクターを脳裏に焼き付けてもういちど読むともうすこし楽しめるかなと思える作品だったかなと思います。

1

これ大好きですー!

帯『耐えれば耐えるほど快感は強くなる。お前の限界を試してみようか-…。』

現時点でのバーバラさんのラヴァーズエロエロシリーズ(と勝手に呼んでます)の中ではこれが一番好きです。
先ずエロい!!道具責め好きなんですよー、大好物です。
家族を殺された復讐の為に、気弱なお坊っちゃんが洋貴[受]が死ぬ気で外人部隊で心身を鍛え長殿[攻]を暗殺しようとするのですが失敗してしまい、依頼者を吐けと拷問されるも口を割りません。
そこでこれでもかこれでもかーって位に責め道具が登場します。乳首責めもしっかりあって乳首スキーにもたまらんです。
その後もひたすら道具で嬲られ責め続けられますが、強靱な意志で耐える洋貴の姿が萌えます。
長殿は冷ややかに卑猥な道具で責めるんですがその冷ややかさもイイ!
復讐に目がくらんでいた洋貴が、長殿の傍で彼を見ている内に本当に彼が己の家族を殺した犯人なのかと疑問を持ち、長殿もまた洋貴に妙な感情をふと感じ始めます。
最初は復讐で暗殺マシーンの如くギラギラしていた手負いの獣洋貴が、最後の方でその鎧が崩れて行って本来の性格が覗いてくる所がもっそい可愛いのです。
ハー続きドな展開ですが読後感はいいです。
何といっても洋貴が実は泣き虫だったりと非常に可愛くて最初とのギャップに萌え萌えしました。
健気な頑張り受に弱いので洋貴はもっそいツボでした。
エロと萌えと両方大満足で自分的には神です。

奈良さん挿絵は筋肉がムチムチしてて、あと乳首!!乳首描写が最高でしたー。
この方の描く乳首は大好物です、いい乳首だー。

1

ひたすら拷問・・・

バーバラさんと奈良千春さんのコラボ!!ストーリーが拷問&調教のかなりハードなものなので奈良さんの力量が発揮されるとてもよい作品でした。

『あ、ここ挿絵がほしい!』と思ったところに思いっきりエロいイラストがありとても満足。挿絵だけでもおなかいっぱいになる作品です(笑)

ストーリーはというと、ひろきは姉の恋人だった長殿が、姉の死にかかわっていると思い込み復讐しようと長殿のもとに乗り込みます。ただあっさりつかまってしまい、裏にいるのは誰だと長殿に拷問され調教される毎日。
革バンドに、前にはベルト後ろはバイブ、さらにクリップをつけられ24時間なぶられ続けられる生活はエロさ満点です。

少しずつ事件の真相が解明されていき、こじれた糸がほどけたときぶつかり合うのではなく、本来の二人の姿になり素直に愛しあいます!!

エッチ:★★★★★  道具にSな言葉攻め、さらにイラストがGOOD!!

1

エロと切なさの境界線

やー、もう力一杯調教もの。
エロスに関してはお腹いっぱいです。
手を変え品をかえあれこれです。
だがしかし、中盤から後半で急速に二人の心が近づきだしてからは、あれ正直エロいらなくない?と思ってしまったあたりで私の負け。
む、難しいなあ。えろす。

暗殺者、それも元外国人部隊出ということでイラストの受がかなりマチョです。
昔のなら絶対に拒絶しているだろう色々を気づけば軽く受け入れられるようになってる自分が怖い。

そういえば前半の拷問の始まりのあたりで、長殿は祥貴に色々するときにボディーガードの皆さんに手伝いをさせているんですが……いくら仕事だからってそれでいいんですかボディガードのみなさん!!
って思ったことだけは忘れずに書いとこうと思います。
あれ、そこはツッコミ禁止ですか……?

2

焦点はエロで。

趣は「エロ」ですね。

ストーリーに関してはもうちょっと切なさが欲しかったのは私の個人的な好みなんですが。
バーバラさんの作品はたまにエロの中にももの凄く切ないものがあって、それが好きでたまに買うのですが、なかなか的中率は低いんですよね。
でもそのたまに当たるのが凄く泣ける作品なので年に数冊つい手を出してしまいます(笑)

エロがなければBLじゃないっ!って思う人にお勧めの一冊。

1

リンク作と思ったのだけど…

予約購入画面を見たとき、前回の「愛炎の檻」とタイトルが似ていたのでリンク作かな?と思って買いましたが全然違ってました。
全く別物の話ではありますが、前回同様 監禁、陵辱、調教ものです。

このお話を簡単に書くと、過去の家族を殺された事で家族を殺した相手に復習を企む男、やっとその機会を得たがあえなく失敗し、捕まって逆に監禁陵辱される嵌めになる…とそんなところでしょうか。

前回同様かなりエロエロ、ラヴァーズだし、奈良さんだし…ってそこか!!

洋貴と長殿は実は過去に会った事がありました、洋貴の姉が長殿の婚約者だった事があるのです、洋貴以外の家族が誰かに殺されていなければ長殿と洋貴は義兄弟になるはずだった…
両親と姉が殺された惨状の部屋に残された覚えのある香り・・・それは長殿が普段つけていたオーデコロンと惨殺された姉の身体の上にかけられていた彼のコート。洋貴は両親と姉を殺したのが長殿だと思っていて愛する家族の復讐誓うのですね。

今回のお話は設定にあまり無理が無く、監禁や陵辱にも洋貴の事を、自分を殺すために雇われている殺し屋だと思っていて、雇った相手を吐かせる為明確な理続き由があったので違和感無く読めました。
エロエロあっても、全体的な流れは結構ハードでシリアスです、洋貴の過去も悲惨だし、洋貴と同じ目にあったら私ならその時に精神(こころ)が壊れちゃうかもしれません。

ただ、どんなに相手を憎んでいてもその憎しみを持続するのは人にとって難しい事なのかもしれないですね、目の前にいる相手が心底酷い人物ならまだしも、そうでないのなら、尚更一緒に過ごす時間が長くなればなるほどお互いに情がわいてくるわけだし。

それにしてもすごいのは、ほぼ24時間動きっぱなしのバイブもさることながら、そんなの毎日入れられて、洋貴の事を見張る意味も込め自分のボディーガードとして常に長殿の側に控えさせられている洋貴の身体の屈強さ。人間じゃないですよ^^;)

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ