愛しのにゃんこ

itoshi no nyanko

愛しのにゃんこ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
3件
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス Cita Citaシリーズ(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784832285866

あらすじ

ふわふわボディにプニプニにくきゅう♪ ツンデレ猫のムーちゃんは飼い主の草加が大好き!! スリスリしたりゴロゴロ甘えたり、草加が寝てる間、人型に変身してHしたり…・と超ラブラブな同棲生活を送っていた。ところがある日、ネコの集会場に乱入してきた犬のジョンにムリヤリ体を奪われてしまった…。その上、草加まで他の男に奪われ十円ハゲもできて身も心もボロボロに……!!!?
出版社より

表題作愛しのにゃんこ

ジョン 傍若無人オレ様わんこ
ムー 飼い主♂を自分の女だと勘違いしてるにゃんこ

同時収録作品夢見るわんこ

蓮 シベリアンハスキー
春 シェパード

その他の収録作品

  • おまけのにゃんこ

評価・レビューする

レビュー投稿数2

俺様わんこ×アホにゃんこ

これ大好きです!猫のムーちゃんがアホ可愛すぎる!
飼い主を「俺の女」と思い込んだり、語尾が「だぜ!」口調だったり(笑)
単なる擬人化、ケモ耳萌えというだけではなく九条さんの動物愛が溢れている素敵な作品です。
擬人化後はもちろん動物の状態のキャラクターに萌えまくりました。
ムーちゃんがジョンに頭をゴツンゴツンぶつける所がたまりません!

ここ数カ月どっぷり動物モノにハマっている私ですが、一番のツボが犬×猫なんです。
この作品はメインがジョン(大型犬)×ムーちゃん(猫)という、まさに私の好みストライク!しかも犬×猫って、だいたい犬がヘタレっていうイメージじゃないですか。
でもこのジョンは俺様わんこなんですよ~。それがまたツボ!

出会いは猫集会の夜。ミケ大将にいつもの如く人型にして貰ったムーちゃんは、巷で噂の凶悪犬に出会い勘違いから喧嘩を挑みます。結果は惨敗。あっさりジョンに犯されてしまいます。

それからも何だかんだでジョンに身体を赦しちゃうムーちゃん。案外流され体質のようです。
双子猫の出てくるお話が特に好きですね。双子に乗せられて無防備な姿を晒すムーちゃんに続きジョンが激怒するのがすごく萌え。
預かり猫のラビやご近所の犬の春などの介入もあり、ジョンが好きなことに気づくムーちゃん。告白シーンが可愛すぎる!

「夢見るわんこ」はジョンに失恋した春と同じ家で飼われている蓮のお話。
少女漫画に憧れる乙女思考な春。蓮が春にムラムラして襲いかけた時も「少女漫画では云々」とそれを拒みます。そのせいでひと悶着ありますが最終的にはラブラブ。
犬バージョンの散歩の時の尻尾をくっつける二匹が可愛い!

これは本当に面白かった~!動物好きにはたまらない1冊じゃないかと思います。

0

だぜ!

『オレはネコ!ネコだぜ!!』で始まる、ちょっとおバカなにゃんこ・ムーちゃんのお話。
語尾に「だぜ」が口癖で、飼い主の草加(♂)をコイビトだと思い込んでいるが、草加の本命である三原の飼い犬・ジョンにあっさりヤられてしまい、ムカつくはずなのに何故かあいつが気になって仕方ない・・・だぜ!という、頭の中は小学生なみのムーちゃん愛の奮闘記(*´∀`)

とにかくムーちゃんが超アホカワイイ!!!の一言に尽きる。
掲載誌もまずはムーちゃんから読む、というくらいお気に入り作品だったので、今回まとまったものを再読してまたもやホクホクした気分になった。
ちなみに登場する動物たちは、ネコマタのミケ大将に呪文をかけてもらうと、夜の間だけ人型になれるので人間との営みも可だし、種を超えた契りも可であるという安心設計(笑)

飼い主の草加とのラブラブ(と本人は思いこんでいる)生活を、横から入り込んできた人間に奪われて、しかも自分は犬にヤられてボロボロになってしまい、挙句の果てにストレスで10円ハゲまでもが・・・と、どうにも思い通りにいかなくてムキー!と怒り狂う可哀そうなムーちゃんが、このお話のオススメ続きどころ。
草加に軽くスルーされたり、草加の恋人である三原に邪険にされたり、その三原の飼い犬ジョンに貞操を奪われてしまったり、本当にどうにもこうにもお気の毒なムーちゃんなのだが、基本的に素直なのでジョンに抱かれている内に、絆されだんだんと彼を好きになっていってしまうところも可愛らしくて良かった!

正直なところ別にBL的なサービスシーンがなくても良いと思えるくらい、普通に笑えるギャグ漫画だった。
暗い部分は全くなし。
ムーちゃんのアホっぷりに笑い、飼い主へのイマイチ届かぬ激しい愛に笑い、そしてジョンになかなか素直になれないツンデレ具合に笑う、そんな全編まるごとムーちゃんな1冊。
猫好きの方は読んで損なし、そうでなくても猫好きになる・・・かもしれない(ΦДΦ)

ところでネコマタのミケ大将だが、ムーちゃん同様気になって仕方ない。
普通の猫だった昔の事をふと思い出すミケ大将。
ネコマタになってしまったくらいだから、何か現世に強い想いが残っているのでは・・・などと、たった3コマのショートに登場していた、飼い主との関係を妄想してみたくなった。
「動」のムーちゃんと違い「静」のミケ大将。
何かの機会に少しでも良いので、過去話を読んでみたいなと思ってしまった。
もちろんその後ジョンとよろしくやって・・・はいないであろう、ムーちゃんの後日談もぜひ。

3

乱菊

>うえおさま
ものっすごいアホネコです(笑)
でもそれがたまらなく愛しいんですよ~♪
まさに「愛しのにゃんこ」。
作者様はネコマンガも描かれているみたいなので、きっと大好きなんでしょうねえ。
猫の生態にも詳しく、さりげなくそれが作中で表現されているので、にゃんこ好きの方は必見ですヨ!(*`▽´*)

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ