ボーダーライン

borderline

ボーダーライン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌10
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
13
得点
51
評価数
18件
平均
3.1 / 5
神率
11.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784862525185

あらすじ

友達と恋人の境界線は、どこにあるのか───。 優等生でいるために自分を抑えてきた坂口は、秘密を共有する風紀委員の溝口と身体を重ねたけれど、その刹那的な関係に答えはなくて──!? 恋心の断片を繊細に描いたセンシティブ・ラブストーリー集。

好きだと思ったらたとえ相手が男でも───
出版社より

表題作ボーダーライン

寡黙な風紀委員 溝口
優等生の風紀委員長 坂口

同時収録作品バディ!

風紀委員に推薦された新一年生・神木静
攻様のバディとなった風紀委員/三年・真木

同時収録作品初恋 前・後編

受様の学校の数学教師・岡島
攻様が気になっている高三生・後藤雅

その他の収録作品

  • 真木先輩ピンチです
  • 初恋アフター
  • ボーダーラインの向こう側

評価・レビューする

レビュー投稿数13

表題作よりも同時収録のインパクト強すぎて

■バディ!/真木先輩ピンチです■
神木 静(風紀委員・高1)×真木(風紀委員・高3)

風紀に推薦されたからには丸刈りを覚悟していた静だが、想像していたよりも自由度の高い面々に吃驚。
バディを組むことになった真木は何だか風紀委員に似合わない雰囲気で、ガラの悪い知り合いも多い。
そんな先輩を問題児のように思っていた静だが、カツアゲの現場を押さえる姿を見て印象を改め…。

何か表紙の大人な雰囲気とは真逆の元気なCPでした。
ちみっちゃくて真面目なシズが受けだと思っていたら…実はシズが攻めっぽい?
数年後と言わず既に襲われちゃっている先輩www

■ボーダーライン/ボーダーラインの向こう側■
溝口(風紀委員・高3)×坂口 千秋(風紀委員長・高3)

再婚した親の間に弟ができ、家族仲も良好でどこもかしこも温かな家…なのに何故か息苦しさを感じていた坂口。
没収した煙草を吸おうとしているところを同じ風紀委員の溝口に止められて…。

バディ!の2人と同じ“風紀組”メンバー…とは思えない大人っぽい2人。
先の2人のイメージカラーが赤やオレンジなら、この2人は深い緑の続きイメージかな?
描き下ろしで2人が再会してくれて嬉しいです。

■初恋/初恋アフター■
岡島(数学教師)×後藤 雅(高校生)

気持ちの良いことが好き、体を繋げることで安心する、相手は誰でも良かった…そんな雅だったが数学教師の岡島のことが気になり…。

正直、セフレの大喜の印象が良すぎて岡島先生の存在感が希薄。
だって良いとこガツーンと持っていっちゃってるんだもん。



あとがき(バディ!・初恋編)で書かれていた設定、何でCUTしちゃったのー!
それ読みたかったよ(´·ω·`) ショボーン
ってか青年剣士風・塚本(風紀2年)と中性的美青年・佐倉(風紀2年)の話も読みたかった…。

1

それぞれのカプの雰囲気が楽しめました

初読み作家さんです。
でもこの作品の事はかなり前から知っていて、この大人っぽい表紙が印象に残ってました。
中身の絵もスッキリ綺麗系で好きなのですが、表紙の印象とは少し違う気がします。
全部で3組のカップルのお話が収録されているのですが、表題作と「バディ!」は同じ学校の風紀委員同士というリンク作。そしてそれぞれのカプの後日談的な描き下ろしが収録されています。

表題作は表紙の雰囲気からも分かるんですが、高校生なのにとっても大人っぽい印象でした。
寡黙で受け様の側にいつも付き従っている渋い攻め様と、メガネで真面目そうに見えるんだけど心の中では少し葛藤を抱えている受け様。
風紀委員のもう一組のカプは遊び人に見える攻め様と、真面目そうな新入生。この新入生の設定が意外でおっ?と思いました。先輩がタジタジになってるのが面白い。
そしてラストはちょっと痛い切ない系のお話。教師と生徒なんですが、ノンケとゲイのお話でもあります。
先生が見かけによらず懐が深いというか、男前な所があって良かったです。^^

0

気持ちが重なれば言葉はいらないのね

いや~この作者さん、ほんわり甘々がウリだと思っていたら、こういうのも描くんですね!うれしいオドロキでした。

何がいいって、「ボーダーライン」の溝口!しっぶ~~~~!
溝口君、キミ本当は三十代ではないかね?
とても高校生とは思えないオヤジ臭さで、寡黙に委員長に影のように従う。ツボです!
・・・あっ、これは主従ものだったの!?(今気づいた)

お話は委員長・坂口の視点で進んでいきます。何の不満もないはずの環境の中に居心地の悪さを感じている坂口の気持ちを、ふとしたことで溝口に知られてしまいます。
そのことについて特に何も触れないまま、そっとそばに寄り添う溝口。言葉にも行動にも出さないまま、お互いの中に何かを共有して寄り添っているうちに、卒業という変化が波紋を起こします。
動揺してボーダーラインから足を踏み外してみたい坂口とそれを受け止める溝口。気持ちを重ねる二人。
このシーンが、ほんとによかった。
「これは?」と言って手に触れる。セリフはこれだけです。なのに二人の気持ちがあふれているのがビシビシ伝わってきました。
理想の主従ものですよ、これは。
番外編でも溝口君、続き濡れ場で「いれるぞ」しか言ってない。。。
・・・ひげ無くなって見た目若くなっても、やっぱりオヤジ臭い・・・(笑)

ほかに、「バディ」という学園ラブコメものも入っていて、こういうのも描くんだ~と思いました。静くんは、結局攻め受けどっちなのでしょう?なんとなく、襲い受?それとも成長して攻めに??どっちもいいなぁ(笑)

「初恋」
さみしい思いをして育った後藤君。ビッチで淫乱という設定ですが、なんだかんだみんなに愛されていて、あんまりひどいこともされてないみたい。(よかったね)
やさしい先生に受け止めてもらって末永くお幸せに~。

やはり表題作が一番良かったです。溝口×坂口(というか溝口)をもっと見たいなぁ・・・。

0

抜きっこ

1ページ目を見た瞬間「え?合作?」と言ってしまったぐらい表紙と中身の絵が違うな~と感じました。この作家さんは始めてだったので表紙の絵のかっこよさに惹かれて買ったのですが、中身は可愛い系の絵です。

3つの短編が入っており一番好きなのは表題作であるボーダーラインです。親友でもなく恋人でもないけど好きな人という関係と二人のキャラが好きでした。この絵は表紙の絵と近くて絵でも楽しめました。そしてポイントは抜きっこです!どっちもノンケならいきなり挿入ではなく抜きっこから始めるべき!という信念を持つ私にはこの抜きっこには心が打たれました!そして書き下ろしではきちんと挿入までされているのが嬉しいところでした!

1

あとがき設定に萌えたv

初読みの作家さん。
なかなかステキでした。

「バディ」
最初はかわいいシズが受なんだと思ってたんですが…。
なかなかどうしてシズ襲ってるし!
このまま是非、攻として下剋上してくれるといいな。
その方がすっっごい好み♪
シズが思ったよりもかわいい性格でなく男前だったので押せ押せでどうぞ。

「ボーダーライン」
すごく雰囲気が好きです。
同じ風紀委員を舞台にしてるのに「バディ」とはまるで空気感が違う。
かわいらしさはどこにもなくて。
ただ静かに淡々と流れてゆくような。
静かな中、温度は上がらないままなのかと思いきやはっきりと言葉にすることもなく。
それでも何か思うところはあって。
それでも離れることもまた仕方ないと思うような?
描き下ろしでその後の2人が再会できたのでよかったです。
ここからまた2人の関係を始めればいい。

「初恋」
見事な淫乱でしたが、こういう子って大概はピュアな部分があったりするんだよね。
本当はずっとただ1人の人を想い続けてて。
個人的には大喜がなんか好きですv

あとカバー下?のあとがきに書かれている設定が非常に続きステキでした。
佐倉の設定もだが塚本がヒジョーに萌えます!!
友情を越えてくれればいいのに…。
この2人のお話も見てみたかったな。
でも、そうすると「ボーダーライン」がないのか?
それもちと惜しい気がするな。

1

表題は萌えなんだけど

生徒会モノ(?)で風紀委員のお話なんですが、なんか校内見回りのためにバディ組むとかなんとか…イマイチ自分がこういう世界観に感情移入出来ないもので「バディ!」は萌えられませんでした。静が誘い受けっぽい感じはよかったですが。

表題のボーダーラインは結構好きでした。
優等生でいるために自分を抑えてきた坂口は、秘密を共有する風紀委員の溝口と体を重ねたけれど…
優等生くんのボーダーラインが切れる場面がよかったですね。あと単純に見た目が好きでしたw

表紙がシンプルで素敵だっただけに期待してしまったのでよけいに萌えられなかったみたいです。

0

群像の断片

表題作と併録作のギャップに賛否両論ある様ですが、
評者はギャップがあるからこそそれぞれの主題が
際立っているのではないかと考えます。
風紀組シリーズの二組は多分コインの表と裏なのです。
但し両A面扱いですが。

『初恋』はおませで訳知り顔の受がさり気なく経験の深い
攻に翻弄される未来を想像するのが楽しいシリーズです。
彼等も風紀組の連中と同じ場所にいたなら、と夢想
しますがそれは多分余計なお世話なのでしょう。

2

表題作より同時収録が萌えた

表題作は風紀組と呼ばれる風紀委員の話。
ぶっちゃけ表紙の2人の話はあまり印象にありません(・ω・;)
その風紀委員にいるもう1つのカプのが萌えました。先輩×優等生の後輩かと思ったら、この後輩なんか攻めっぽい!笑

そして一番好きなのが『初恋』
教師×生徒なんですが、受けが淫乱でセフレが何人もいてセックス依存症みたいになってます。
そんな受けが攻めに恋して。
こういう誰彼かまわず抱かれて愛を知らない受けが、恋をしてどうすればいいかわからなくなってしまうストーリー好きです。
なのでこの話が一番印象に残りましたね~

0

なぜこの表紙?

それにしても、何で、よりによって、一番地味なカップルを表紙にしたかな?
確かに,drapレーベルのテイスト的にはこれはアリだし
平積みになったときに、あまりにも白いので逆に目立つってのもアり
表題作と、この本の半分を占めている「初恋」はこのテイストだもの。

けど
TOPの話は「バディ!」で、
そっちが表題作で、BBCレーベルだったりしたなら、絶対、カバーをめくった中の本体の表紙の絵柄とタイトルで、特殊ピンクのピカピカ(笑)
むしろ、このテーストで全編っていうのも読んでみたいなぁ

まあ、この本に関しては、それやっちゃうと、それはそれで中身とちょっと食い違っちゃう気がするから、、カバー下のお遊びでちょうどいいのかもね


1

風紀委員

風紀委員の設定が細かいので、もうちょっとそちらを重点的に話が展開して欲しかったような気がしました。
なんとなくもったいなかったような。

表紙が普通の恋愛ものっぽい感じだったので、そのイメージで読み始めたのも
「あれ?」
っとなった理由かもしれません。
個人的にはカバー下のお遊び表紙でも良かったかなあ。
わかりやすくて。

淫乱な子のお話はセフレの大喜くんが光すぎてて、先生がかすんでました。
なぜこっちじゃないんだ…(笑)
あと、お父さんとの関係がさっくりカットされたという作者の裏話を読んでさらに「それカットしないでくれたらよかったのに…」と残念に思いましたね。
淫乱=満たされない愛。幸薄いのをこれでもかっと入れて欲しかった。

あと。坂口くんの弟、永嗣くんがめっちゃんこかわいかったです。

1

好きだと思ったらたとえ相手が男でも

これは面白かったデスヾ(o゚ω゚o)ノ゙
積本がハンパないので買い控えようと思いつつ手を伸ばしてよかった!!
代表作「ボーダーライン」。
規制の緩い学校を取り締まる風紀の要。
風紀の基準は風紀委員を見ろっていうのは面白かったです。
キャラクター的に落ち着いた雰囲気を持つ二人なお話でしたね。
その前においてある二人のテンションが明るいというか、どこかお茶目な感じでのつくりだったので、構成の仕方もウマいなとおもいました。最近のドラコミックは割といいのもってくる傾向にあるような気がしております。ありがとう。
個人的に、淫乱君も好きです。最後、先生とのまとまりは、案外さっぱりまとまりすぎて先がよめてしまったな~という面持ちではあります。
他の人とのHが濃かった分、先生とはさっぱりなのか~っていう感じがね。
ただ、シャワー室覗かれての、恥らうしぐさはコレまでにない男の子な部分が見えて可愛かった。
先ほどの冒頭のカップル。ちびっ子で黒髪の後輩が攻。
しかも、かなりのテクニシャンというのがツボでした。
絵的にもすごく可愛くて良作wwwww
藤谷先生のほかの作品も読んでみたく続きなりまして候。

追伸:ボーダーラインの受眼鏡クンの髪型がドツボです。

3

もこ

思い切って、他作品も集めてみました^^*
読むのが楽しみです。
今年ヒットするといいですね~。今後にも期待

かおる

もこさんの書いているとおり、最近のコアマガジンさんのコミックはヒットが多いです。
藤谷さんの作風いいですね。今年、ブレイクするんじゃないでしょうか。

ボーダーライン

何か表紙が古街さんの「オルタナ」に似てるな、と思いながら購入した一冊。爆
これ手に取ろうとしたらお兄ちゃんがすごい傍まで来てて焦りました。笑
風紀委員会の中の2組と、セックス依存性の子の話。
おもしろかったーvv
最初微妙かと思ったけど、後半になるにつれてどんどん良くなった気がします!!
この作家さんて既刊出てるのかな?
名前見たことある気がするんだけどな~
既刊あるなら集めたいな!!!!

2

それぞれのシリーズに分けてもいいくらい

高校の風紀委員のお話が表題作。カバーイラストが大人っぽいのでまさか高校生の話だとは思いませんでした。表題作シリーズともう1作プラス描き下ろしです。

再婚した親の間に弟ができ、どこにも欠点の無い家族のなかに息苦しさを感じている風紀委員長・坂口。没収した煙草を吸おうとしているところを同じ風紀委員の溝口に止められて・・・んー、このお話の面白さをなんと表現したらいいんでしょう。それこそ、ボーダーラインの上を歩いているような不安定な心地よさな感じ。二人とも大変静かで淡々としているタイプなので派手な盛り上がりは無いですが、中に秘めた熱さを感じます。

「初恋」は先生と生徒のお話で、生徒の後藤がセックス依存症的な存在で、先生が彼を包み込むようなお話になっていますが、もとの設定どおりに描いて欲しかった。漫画というのは小説に比べ描ける内容が少なくなるのは仕方が無いし、そのためには削ぎ落とすことも必要なのでしょうが、コミックス化するのなら描き下ろし分を加えるとかして、厚みがあって納得の行く作品に作り変えてもいいと思います。これ1作で1冊のコミックスにしてもよかったんじゃないでしょうか?後藤も先生続きも大喜(後藤の親友)も、出てこなかったお父さんも、しっかりとした背景があるお話が好きです。“最後に読んでね”の「あとがき」を先に読んどいて良かったです。

それから、口絵の後藤と先生ですが、最初は風紀委員の真木と成長して眼鏡になった静かと思っちゃった。「バディ!」の主人公の二人です。同じ風紀委員でもこっちはドタバタしています。そのうち下克上ですね。(ん?いまも静が攻なのかなぁ?)

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ