私説三国志 天の華・地の風 完全版 5

私説三国志 天の華・地の風 完全版 5
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
2件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
小説
出版社
ブッキング
シリーズ
Fukkan.com(小説・ブッキング)
発売日
価格
¥1,400(税抜)  ¥1,512(税込)
ISBN
9784835443171

あらすじ

先帝・劉備の死後、乱れきった蜀の財政を再建し、呉との関係も修復した諸葛亮は、次に南へ目を向けた。南蛮王・孟獲を臣従させることがどうしても必要だったのだ。異国の匂いに満ちた南の地で彼を待ち受けるが…。[初版:光風社出版 1986~1998年刊]

表題作私説三国志 天の華・地の風 完全版 5

劉備配下の武将・魏延
天才軍師・諸葛亮孔明

その他の収録作品

  • 明き星天狼を見よ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

蜀軍、南蛮の地へ

3巻・4巻と蜀内のゴタゴタを描いてきましたが。
ここに来て一気に外に向かって動き出した感じで。
あまりの勢いに読み終わった後、なにやら頭がボーッとしました。

己よりも強く冷たい、強大な相手に征服されないと燃えない孔明。
そんな孔明を愛し、彼の側にいる為に。
自分の彼に対する執着心を隠さなければならない魏延。
魏延の心の揺れが、切なくてたまりません!

南蛮軍との戦いの最中、懐かしい人と再会する孔明。
切なくて美しくて。絶対に幸せは訪れないであろう再会物語に、
胸が締めつけられました。

孔明が弱気になるたびに現れるという永遠の恋人・周瑜の幽鬼。
これは孤独で誰にも弱音を吐けない孔明の逃避というか。
孔明は都合のよい幻影を作り出して見ているのかもしれないと、ふと思ったり。
魏延ではないですが、孔明を「かなしい」と思いました。

色々な葛藤はあるものの、魏延と孔明のラブ度は高く、続きが楽しみです。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ