月宿る

月宿る
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
23
評価数
7件
平均
3.4 / 5
神率
14.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
三和出版
シリーズ
サンワコミックス D−コレクション(コミック・三和出版)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784883562060

あらすじ

異母兄弟の直弥と圭嗣。家庭の事情も相まって、兄の直弥に素直になれない圭嗣だったが、ある満月の夜、直弥に犯されてしまう。しかしそれは…。
兄弟愛を描いた究極のラブロマンス。

表題作月宿る

突然現れた全国一の腕前を持つ異母兄
宗家の跡取りとして母親の期待を背負った異母弟

その他の収録作品

  • 第一夜
  • 第二夜
  • 第三夜
  • 第四夜
  • 第五夜
  • 第六夜
  • 第七夜
  • 第八夜
  • 終夜

評価・レビューする

レビュー投稿数2

すごく好みの作品でした

はじめて読んだ樹要先生作品でした。
理不尽なところもあるなぁとは思いましたが、ラストはすごく好み。


0

兄の本当の想いは?

 一ヶ月前、居合術を教える道場の嫡子・圭嗣の前に、突然、半分しか血のつながらない異母兄・直弥が現れた。初めて圭嗣が直弥の抜きを目にした時、あまりのすごさに圭嗣は身動きすることさえできなかった。
 けれど、圭嗣は家庭の事情――圭嗣の母親は直弥が突然現れたことにより、毎日「跡目を継ぐのはあなた」と圭嗣に囁き続けるのだ――もあって、直弥に素直になれずにいた。
 ある日、母親から受けるプレッシャーに押しつぶされそうになった圭嗣に対して、「強くなるきっかけを与えるため」と言いながら直弥は圭嗣を犯した。
 そこにある圧倒的な力の差を刻みつけられた圭嗣。まるでそんな圭嗣に憎まれようとするかのように、直弥はその後も、繰り返し圭嗣を抱いた。
 けれど、圭嗣はそんな直弥が時折見せる優しさに、次第に惹かれていく――。

 そしてある日、身を呈して自分を守ってくれた直弥に、圭嗣は自分の本当の想いに気づき、告げる。
 一時は拒絶されたその想いだが、その晩、圭嗣の想いを直弥は受け入れ、圭嗣は直弥の本当の想いを知る。

 しかし、その後直弥は圭嗣の前から姿を消してしまう……

 もう、直弥はか続きなり、好きの方向を間違えてしまってる感じですが、こういう人、結構好きです。大好きです。
 相手のことを考えて、考えて、相手にとってどっちが本当にいいことなのか、考えた上で、せっかく両思いなのに、自分から手を引いてしまう――そんな気持ちはよくわかる分だけ、切なくて好きです。
 でも、個人的には「憎まれるために抱く」的な最初の直弥の心情の方が好きかも知れません。間違った自己犠牲。これぞ、愛の暴走。

 最後はきちんと再会できて、圭嗣の決死の告白で、直弥も思いとどまってくれて、ハッピーエンド☆ こういう切ない遠回りをした登場人物には、幸せになってもらいたいものです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ