オレンジのココロ‐トマレ‐

orange no kokoro tomare

オレンジのココロ‐トマレ‐
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×29
  • 萌18
  • 中立6
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
15
得点
116
評価数
39件
平均
3.2 / 5
神率
10.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784344815827

あらすじ

総合美術専門学校に通う相馬朗は、デザイン科イラストレーション専攻の二年生。アイドルのような可愛い顔に小柄な体、しかし気は強い相馬はまだ恋を知らない。そんな相馬が気になるのは、爽やかで学生からも人気の高い担任講師・栢野志宏。相馬の就職のことで意見がぶつかりながらも、過去に何かを抱える栢野が気にかかり…。

表題作オレンジのココロ‐トマレ‐

デザイン系専門学校の先生・栢野志宏
デザイン系専門学校の生徒・相馬朗(20歳)

同時収録作品オレンジのココロ‐トマレ‐

冲村功 専門学校ファッション科生
北史鶴 専門学校アニメ科生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数15

攻めが超大人

攻めが先生という立場もあるのかもしれませんが、大人だなぁーという感想です。

私は独占欲丸出しが好きなので最後の最後までそういうのが感じられなくてもどかしかったのですが…

最後にはそういうシーンもあって読みきった感は得られました!

なにもかも溜め込んじゃう受けにそれを包み込む落ち着いた大人の受けが読みたい方はいいかもしれませんね!

どんどん作品がつながっていくので次を読むのが楽しみです\(^o^)/

1

センセイ、曲者です。

信号機シリーズ第二弾、前作にて史鶴にとことん付き合った親友、朗のお話しです。
ぶっちゃけて言うと…わたしやんちゃ受けってあんまり好きじゃなかったりする(笑)
あ、やんちゃはやんちゃでも、猫が爪で引っ掻くような、ツンとしたやんちゃは好き。←分かってもらえるかしら…。
朗って、わんちゃんが吠える感じのやんちゃなので好みからはハズれてるんですが…それでもこのお話は最後まで楽しく読めました。

なぜなら、曲者センセイ栢野の存在と、朗がそうならざるを得ない環境下の中頑張っているからでしょうか。

キャンキャン吠えるのも、朗の性格。
だけど大人の望む通りに甘えてあげるところや、人の機嫌に敏感な部分、ギリギリまで我慢する脆さがすごくすごく愛しく感じました。

前作は学生同士のお話で、二人とも青いなぁなんて思いながら楽しんでいたんですが、今作は栢野の大人の対応と歯がゆさに楽しませてもらいました。

崎谷作品って、前作で、ちょっとコイツムカつくわー、とか思った人を救済するのが上手いなぁと感じるのはわたしだけでしょうか。
栢野も前作ではすこーし敵役(笑)だったから。まぁ、栢野はい続きい先生なんだな、とは思いましたけど。

もしかするとこの先、喜屋武の救済もあったりして…。と思ったりしていますww

1

うーん…

今回も今回も、モヤモヤするー。
崎谷さんの作品は個人的には好き嫌いが激しくて小さいことが気になることが多いのですが、今回もちっっっさいことが気になってしまいましたー(汗

*********************
受けは母が長期入院しており、美術専門学校に通う20歳の朗。
ものになりそうなイラストを描きながらも堅実な会社員となろうとしており、栢野と衝突中。

栢野はというと朗の担任講師であり、デザイン会社を運営している攻めさん。
過去に生徒との恋愛で泥沼化した経緯があり、同じ轍は踏みたくないと考えています。
*********************

崎谷さんの書かれる攻めは、個人的にはダメ男くらいでちょうど良いと思っています。
デキる男やしっかり者だとすんごい説教臭く受けへ語るので、攻め至上主義のわたしでも上から目線を感じて『うるさい!』と思ってしまいます。
残念ながら栢野はそっち系でございます(苦笑
栢野はそれプラス過去の恋人と朗は違っていかに朗は素晴らしいかということを言ってきかせますが、一度はつきあっていて一緒に逃げようとも思った相手のこと悪く言続きって欲しくなかったなあ。
わたしだったら、別れたら自分もそんな風に言われたりするのかしら…なんて思っちゃいますけど。

ひかり(朗の心臓病の母親)のことは、個人的にはまっったく気にならないですね(苦笑
確かに他の家族の意識はひかりに一番に注がれていますが、だからといって朗が幼少時ほったらかされていたわけではありませんし、今は成人です。
他の家族がひかりを一番であっても、ひかりは朗が一番なわけですから何が悪いのかなあ。
子供に自分の苦しんでいる姿を見せたくないとか、本当に危ない時だけしか知らせないで欲しいという気持ちは、わたし自身も身近で経験したことがあるのでわかります。
他の作品でも、こういう病弱エキセントリック女性キャラに厳しい意見が出ていることがありますが、そういうキャラに怒りを感じたことはまだありません。

気になってしまったのは思いっきり受け視点(三人称)なのに、地文の受けの名前表記が相馬(苗字)なんです。
視点が受けですと、よく受けは下の名前で書かれることが多いので(攻めは苗字率が高いけれど)、なんか違和感が…
友人で他作品の受けである史鶴や叔父の昭生は名前表記なんですよね。
例えば『なんだかんだ言って相馬に甘い昭生は』とか、うーんと頭をひねります。
こんなこと気にするのはわたしだけなのかなあ。

それに、このシリーズの他カップル(沖村×史鶴)とのやりとりに何ページ使うの?という状態なのもちょっと。
この辺りがなければもっと本の厚みが薄くなったのではないかなあ。
加えて、こんな口の軽い弁護士最悪ではないですか?
今回、本シリーズの他カップルである弁護士の伊勢が、ペラペラ栢野の過去を喋っていてもうかなり冷めました。
これがまだ主要キャラでなくその時だけのモブならばともかく…
この第三者に説明させることって登場人物の多いBLで見られますが、その作品のカップルでストーリーを成り立たせて欲しいなと思うんですよね。
誰も彼もが、そのシリーズ全部読んでいるとは限りませんし、一巻、二巻とナンバリングされているならばまだしも一応独立させているわけですから。

2

栢野の守り方が好き

読んでいる途中に「好きだーーー!」と叫びたくなってしまいました。
誰に、とかでなくなんだか無性にwこんなに興奮できる作品は久しぶりでした。

皆さんの評を読むと、主に相馬家が理解できないとのことで、そこには私も同意です。何考えてんだ?としか。ただ、家族というのは本当にブラックボックスで他の人にはとうてい理解できないなんてままあることだし、栢野が一度だけ相馬の家族について批判したことで栢野はそこも含めて相馬を包もうとしているんだと思えたので、私的にはそこまで問題にはなりませんでした。
それよりも、そんな環境で健気に頑張り続けてきた相馬が愛おしかったです。

全体に相馬の内面がすごく濃かったなぁと思います。ページ数もそれなりに多かったとはいえ、それだけではない密度があってもっと長い物語を読んだような気がしました。
表面上はいつも快活で幸せそうに見せている相馬の内側にあるものがゆっくり丁寧に描き出されていました。ずっと家族の中で役割を演じなければいけなかった相馬の緊張感と自分自身すら顧みなかった相馬の子供の部分が何とも健気で痛々しく、温めてあげたいけれど触ったら壊れそうな危うさ続きで、本当は全力で守ってやりたいのに栢野が手を出すことをためらったのは立場からではなく相馬のそんなところを感じ取っていたからなんだろうなと思いました。
相馬を守りたい思いがだんだん抑えきれなくなっていく栢野も、出口をなくして限界に近づいていく相馬も、どちらの姿も切なくて。
ついに相馬が崩れるシーンは神と呼びたい。

栢野の守り方がすごく好きでした。

エンタテイメントか?と言われると「違うだろ」と思いますが、切なくていじらしくて、繊細でよかったと思います。相馬の人物設定のリアリティがすごくて、のめり込んで読んでしまいました。相馬だけでなく、登場人物の内面の掘り下げが半端なかったと思います。

1

変わった家族愛

信号機シリーズ2作目です。
今回は前作で史鶴の親友だった相馬が主人公でした。
今回は前作では名前しか出てこなかったムラジの彼女、ミヤちゃんも出てきてムラジ贔屓の私としてはちょっと嬉しかったり(^∇^)しかも、相馬同様に私もミヤちゃんはムラジみたいなおっとり系を想像してましたが見事に裏切られました!でも嫌いじゃないです(笑)
物語は相馬の卒業後の進路についてがメインで進んでいきます。
本人は一般企業に就職して安定した生活をしたいと望んでいるのですが、実はイラストレーターとしての才能があるもので周りがそれを易々と許してくれません。
周りとしてはなぜ、才能があるのに活かそうしないのか歯がゆい思いで相馬を説得しようとします。が、相馬も相馬で一応いろいろ先の事を考えての就職希望なんですね。
ただまぁ、だったら最初からそっち向けの学校に行けば良かったじゃん、てなります。やっぱり、なんだかんだ言って絵を描くことが好きなんですよね。
ただ、『複雑な家庭環境』なので素直にやりたいことにチャレンジする勇気がなかった。
ここの家族はだいぶ変わってますねー。相馬はよくもまぁ、真っ直ぐに育ったも続きんです。
ところで、昭生はひかりをとんでもなく器のでかい女、と言っていますが、本当に器がでかいのって亜由美ですよね。一般的に見て愛人の立場を甘んじて受け止めてるわけですから。
それを全員が許している相馬家の面々が大層変わり者なだけで、ひかりの器がでかいわけではないと思うんだけどな。というより、相馬家はひかりを中心に回ってるように描かれていましたが、そんなにひかりのすごさが伝わって来なかった…(汗)

それはそうと、進路について揉めてるうちに今度は史鶴の元カレ、喜屋武が出てきて不穏な動きをし始めます。
時を同じくして、相馬の母ひかりの容体が不安定になります。
どんどん追い詰められていく、相馬。
果たして、救いの道はあるのか?


最終的には収まるとこに収まったわけですが、納得いかなかったのは家族の問題が何一つ解決しなかったことですよね。
昭生のシスコンぷりには私もちょっと引いたなー。
ひかりの容体が持ち直した後に一連の出来事を伝えて落ち込んだ昭生をまた甥として甘えることで許すって、相馬はどんだけ家族思いなんだ…。
昭生もずるいですよね。昭生こそが相馬を甘やかすべきなんじゃないの?
そこがちょっとしっくり来なかったですね。
次のお話が昭生のお話みたいなんで、そこでいろいろ明かされるのかな?
今んとこ昭生のことがあんまり好きになれないから、読もうかどうか悩んでますが(^_^;)

お話自体は面白かったです。

1

非常に残念な作品

シリーズ二作目は、専門学校の講師の栢野と、
一作目の主人公史鶴の親友、デザイン科の相馬とのカップリング。

相馬は入学当初、栢野をかなり慕ってなついていました。
ところが、偶然「もう生徒に愛情を傾けるのは、やめたい」と栢野が言うのを耳にし、
時を同じく、史鶴の事件で栢野が学校側の立場に立った事に失望し、
相馬は栢野に反発するようになります。

誰にでもにこにこと、いい子な相馬が、栢野にだけやたら反抗的なのは、
実は恋をしていたからだった・・・という事に、やっと気付いた相馬。
そして栢野に告白しますが、あっさり振られてしまいます。
というのは、栢野には、過去にも生徒との泥沼恋愛の経験があり、
それがトラウマになってたんです。本当は相馬の事がすごく大切なのに・・・

そんな時、失恋して傷ついた相馬に、追い打ちを掛ける出来事が起きます。
ひかりの危篤を隠されていたこと。
史鶴の元カレの喜屋武に脅迫され、お金か身体の二択を迫られたこと。
疲れ切った相馬を、栢野は放っておけず、結局は禁断愛へ突入しちゃいます(笑)

歳の差年上攻めが大好物な私には、ラブは大満続き足でした。
開き直ってベタベタに相馬を可愛がる栢野と、それに対するうぶな相馬の反応・・・
結構萌えました(笑)

ただ、相馬家の人間関係だけはどうしても理解できない。
・・・と言うか、ものすごく読んでいて不愉快でした。
ひかり「推奨」の愛人?何それ?と、それだけでも???なのに、
それを子供に言ってしまってることが、とてもまともだとは思えない。
相馬夫婦と愛人の、大人達の間でお互い納得しているんだったら、
それはとやかく言うつもりはありませんが(私には理解できませんが)
その事に子供まで巻き込むのはどうかと思います。

ひかりの様な「明日死ぬかもしれない人」の気持や、その家族の気持は、
確かに健康な私には分からないのかもしれない。
でも、人間「恋をする」ことよりもっと大切な事があるのでは?
ましてや母親なら尚更。
私がひかりは、相馬家の天使ではなく、我儘頑固な女王様だと思いました。

とにかく、これがなかったらもっと評価高かったです。
すごく残念な作品だと思いました。

4

崎谷さんで、私がいちばんダメなキャラクター登場。

信号機シリーズ2作目です。

専門学校の先生×生徒。私は『年の差(年上攻)』『先生×生徒』がたまらなく好きなんですが、このCPはそういう意味ではまったく好みではありませんでした。そう言えば崎谷さんでは、『先生×生徒』で好きな作品はないかもしれません。

メインCPのラブは、まあ朗(受)はそれなりには好きなタイプなんですが、栢野(攻)が苦手な方なので、あまり思い入れはないです。
でもそれ以上に、私は朗の母・ひかりがもうとにかくダメでした。ラブはそこまで悪くなかったと思うだけに、非常に残念です。

冷たい言い方かもしれませんが、私も人の親なのであえてひとこと。親が子どもを産むのは突き詰めれば『親の勝手』なんですよ。
ひかりが朗に『恋をして』というのも、『子どもの幸せを願う』というよりも(いえ、それは親として当然標準装備であるべきなので、わざわざ取り沙汰することではないんですが)、『自分の代わりに』が前に出過ぎている、つまり『子どもを自分の道具に使う(私物視している)』と感じたんです。そこがどうにも我慢なりませんでした。

そもそもひかりは『子どもを産む=親にな続きる』ことをどう捉えているのか・・・人形やペットじゃないんだよ。
私はそもそもフィクション(しかもBLファンタジー)に必要以上に熱くなるのもどうかと思っていますし、普段は大抵なら流せるんですが、これは個人的に我慢の限界を遥かに超えていました。

それに『妻公認の愛人』にしたって『愛人を作る』こと自体の是非はともかく(いや、ありえないとは思うけど、それはちょっと置いておいて)、最低限夫婦と愛人だけの問題として処理すべきであって、朗(や昭生)に気を遣わせる時点でもうどうしようもないとうんざりしました。ひかりを『天使』と表現してましたが、私は相馬家の『独裁者』だと思いましたけどね。

とにかく、いくらフィクション・BLファンタジーと言え、どうしても無理でした。

どうもこのシリーズ、決してキライじゃないのに、何とも微妙な部分があるので、後味があまりよくないことがあるんですよね。
脇キャラクターの酷さは、ある意味崎谷さんテンプレートとも言えますが、このシリーズはそれがとりわけ顕著な気がします。そして、その中でもいちばん酷いと思うのは、考えるまでもなくひかりです。

シンプルにラブだけに絞れば、結構好きなシリーズなんですけどね(ただ、今作はラブもそれほどじゃないんだけど)。

6

副題がうまいなあ

勢いで、信号機シリーズ2冊目読了です。
まず思うのは、副題「トマレ」とか、うまいなあということです。
(ただ、どのカプにおいても、あてはまるっちゃあ、当てはまるのですが)

今回は、1作目でいい友人として存在感のあった朗とその先生の物語。

複雑な環境で育ち、その環境の中で生きるために
まっすぐなんだけど、どこかいびつに生きることを強いられてしまった朗が、
やっと素直に愛されていくというストーリだと感じました。

朗の生きてきた環境が複雑すぎて、そんな中育った朗自身も複雑すぎて、
BLじゃないとしても評価が高いかなと思わされるので、
BLとしては、評価が低くなってしまうのかなとも思います。
ただただ、朗よかったね~と言いたくなりました。

このシリーズに出ている皆が、傷を持っているので、
逆に作りものっぽくも思ってしまうのですが、
その反面素直に、物語として楽しんでしまい、
「痛い」想いを受けとめてしまうという面白さがあります。

0

逆がいい。

信号機シリーズは、実は苦手。
と、いうのもアート系専門学校を舞台に
専門用語を多様してなんか小難しい説明が長いのです。
この手の学校の話は、わりかしわかる方だと思う自分でも
このシリーズのうんちくは、ちょっとしつこい。
そして病弱な母・ひかりの存在がどうにも自分の理解を越えていて
感情移入できないのです。

講師×生徒

しかも先生は、一度生徒に手を出して失敗してるのに
もう一度、手を出す。
というより今回は、生徒から歩み寄るのを待つわけですが
若い肢体が好きなんだなぁ、ほんとにwと、いう目線でしか読めなくて
私、先生×生徒モノは、生徒×先生のほうが好きなので
そのあたりの個人的好みの相違もあってどうも・・・

エロに関しては、この厚みでこれだけ?
崎谷はるひさんにしてはエロのページ数は少なめ
ですがエロが薄いわけではなく初モノを丁寧に抱く大人という
エロさは生々しく伝わってきました。
ただ、すいません。やはり自分的には逆がいい。

3

色んな気持ちが痛かった…

シリーズ二作目で、前作の主人公、史鶴の親友として登場してきた相馬のお話です。
相馬、一作目に出てきた時は向こう見ずな元気者(ちょっとウザい)というイメージだったんですが、色々考えてた頑張ってる子だったんですねぇ…。

専門学校に通ってる相馬は、卒業したら一般企業に勤めようとしています。ところが、担任である栢野は大反対。むしろ嫁とも思えるイラストで勝負するようにと持ちかけてきます。
そして、コンペに出品しろと執拗に迫ります。
そのウザさに辟易しつつ、栢野に対して複雑な心理を持つ相馬。
そんな日常にちょくちょく挟まれる謎の電話から、相馬は事件に巻き込まれます。

最初出てきた時から、あ、この二人が付き合うんだなとは分かるんですが、ここからどうなるの!?ってのが今回特に難航?した感じがしましたね。
栢野の言動にいちいち惑わされてしまう相馬は、頑張って元気な子供を演じてる子で、感受性がとても敏感。
色んな事を抱え込みすぎてどん詰まりになったり色々しんどそうだなぁという性格の子です。
まあの特殊家庭じゃこうなってしまうよね…正直これは優しい虐待じゃないかって気もしましたね。続き意外とみんなエゴイストで子供忘れてる感が馴染めなかったです。
明るい雰囲気を出してるのは必至の演技なのですが、それに気付くのは栢野ってのがいいじゃないですか。必要な救いでそこにはほっとしました。
栢野も色々過去アリな人で、見た目爽やかでモテモテ講師なんですが、あんなに爽やかニッコリな人もある意味怖いんだなと思いました。

今回は現役先生と生徒なんで、微妙にエロ度は抑え気味かな?と思いましたけど、なんかもう、崎谷作品では毎回思うんだけど、生々しくてそういう意味ではエロいんですよねー。
描写だけで状況が分かりますからね。
歳相応…いや、初恋な分ピュアで可愛いのにやたらと虚勢を張る相馬と、爽やかそうに見えてやらしい先生のエロシーンはなかなかですよ。

3

相馬はかわいいんだけども…。

信号機シリーズ第2弾。
今回は相馬のお話ですね。
前作を読んだ時に、きっと相馬のお話もあるんだろうなと思って、どんな恋をするんだろうと思ってたんですが。

う、うーん…。
今回はちょっと読むのしんどかったかも。
お話として前回みたく専門用語が多かったわけでもないし、途中で読むの諦めちゃおうっていうような展開でもなく、続きがそれなりに気になる感じではあるんだけども。
…相馬の家庭事情みたいなのが正直馴染めなかったというか。
相馬の置かれている特異な立場に若干、ついてけなかった気もします。

栢野の過去もいろいろあったし。
ま、栢野の相馬へのかわいがりっぷりは見ててとても楽しくもあったのですが。

どうしても、最終的な印象として相馬と栢野の恋愛面よりも、相馬の家族の方が残ってしまって、あまり恋愛小説を読んだっていう実感がないかも。

3

相馬が愛しいです(≡∀≡)

信号機シリーズ第2弾。この作品はなんと言っても、相馬の家族の複雑さが際立ってもう栢野との恋どころじゃない(笑)

担任講師・栢野×デザイン科・相馬のお話。相馬は「アオゾラのキモチ」の史鶴の友人で、いつも人の気持ちを優先して助けてくれるいい子です。ホントいい子すぎて可哀想なくらい…(T_T)そんなに頑張らなくてもいいんだよ。

いい子な相馬ですが、何故か担任講師の栢野だけには反抗的。栢野は生徒に人気があって良い先生なんですけどね~…と思っていたらとんだクセ者でした栢野先生(´Д`)

相馬の家族に関しては…う~ん…そういう関係もありなのかなぁとしかいいようがない。妻公認の愛人って何?それって相馬はどんな気持ちなんだろうとか、お母さんが死にかけても教えてもらえないって…なんかもうめちゃくちゃ。

相馬は家庭の事情を史鶴にも話してはいなかったんですが、脅迫事件やら色々続き、さすがに耐えきれなくなって栢野に全てこれまでの思いを吐き出します。相馬に栢野先生がいてくれて本当によかったです。じゃなければきっと相馬は壊れてましたよ…(T_T)

栢野は大きくて懐の深い男だと思いまし続きた。優しいけどそれだけじゃない。世の中渡っていけるしたたかな面も持っています。相馬はこれから大変そう(笑)

さて喜屋武に脅迫された相馬ですが、これもなんとか周囲の人達に助けられ乗りきれました。普段自分が皆のために動いているからいざというとき周りが助けてくれるんですね。よかったね相馬(T_T)

全てが終わった後、相馬は栢野先生に自ら食べられに行きました(笑)崎谷作品にしてはエロスは濃くなかったけど、相馬が可愛くて満足です(o・v・o)栢野はやっぱり悪い大人でした。なんかやらしいなぁ(笑)

は~…さて信号機シリーズ最後は相馬の叔父・あーちゃんのお話。う~ん…読むのが怖い。大人のブラックボックスかぁ…

2

泣いたけれども……

 後半3分の1くらいが、ラブです。
 その他の部分は、事件と、相馬君の複雑すぎる家族構成と、栢野先生の過去だったりトラウマだったりと、前作とのからみ、続編へからんできそうなエピソード等。
 もちろん、それらが相馬君と栢野先生のラブに大いに関係しているのでしょうが……、物語を楽しむという点では、物足りなさを感じてしまいました。もっと、ラブを見たかった!

 でも、青春ものには弱く、頑張っている若者は大好きなので、ラブじゃない部分も楽しめましたが。
 それに、大人を不安にさせないように大人ぶっている健気な相馬君には泣けました。


 そして、これでやっと3作目の「ヒマワリのコトバ-チュウイ」が読めます。頑張る若者も好きですが、素直になれない大人も大好きです。3作目、楽しみです。

0

オレンジのココロ‐トマレ‐

専門学校シリーズ第二弾!!
「トマレ」
担任講師     ×     生徒
 | 攻            | 受 
栢野志宏           相馬朗

総合美術専門学校・デザイン科イラストレーション専攻二年朗は、
アイドル顔負けの容姿の持ち主。
総合美術専門学校・講師栢野は、爽やかで学生からも人気の高い担任講師。

そんな二人は朗の就職のことで意見がぶつかり、どうもうまく行かない。
でもその前にもある事件で二人の仲がいきなり変わってしまった。

またしても、不意に聞いてしまった栢野の過去に気を囚われて、
気まずい雰囲気になり、それでも朗は自分の気持ちに気付かないまま。
栢野も自分の過去のトラウマで、もう生徒と恋愛しないと朗に言ってしまう。
それでも二人の関係が変わり始める......


1

恋愛要素は少なめ、か?

スゴイ分厚いのに、事件性やら背景の説明やら、その他いろいろのせいでカンジンの恋愛要素がすくない気がした。というか、ちょっといらない話がもりこみすぎという気もしないでもない。
話は、複雑な家庭環境に育った受がデザイン学校で将来の道を模索しながら成長していくなんてもの。そこに担任の先生である攻がかかわり、前巻の主人公だった親友やらなにやらと仲間達と学生時代を謳歌するのだが、そのあたりはハズカシイくらい青春していてヨカッタ(笑)。
受がとにかく家庭環境が複雑。受本人も不幸な環境とは思ってないが、あまのじゃくでどこかひねくれた性格はその家庭環境のせい。普段にこにこしていい子ぶる受が、それでも攻にだけはくってかかるのを見ると、周囲の人間はもちろん読んでいるがわも気持ちがかたむいているのは大バレで楽しかった。
しかも、この受がとんでもない子供(笑)
自分の気持ちにさえ気づかないくらい子供で、でも子供だから気づいたら1直線。それが読んでいてオモシロイ。
先生である攻にも過去があり、それが2人の距離を縮めたり遠ざけたりするが、オトナなぶん受のまっすぐな若さに背中をむけたりするところはヘタレで続き人間らしい。
恋愛は後半で大きく動くが、そこにたどり着くまでが長い。
それは受がある事件に巻き込まれるせいだが、それがきっかけとなって受と攻の仲も大きく動くけれど、たぶんこのあとに続く(3巻目?)受のオジに関する布石があまりに多くて、読み終わってもすっきりしない話だった。
2人の恋愛はカワイカッタだけに、この2人だけの純粋な続き話が読みたい(笑)

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ