FLESH&BLOOD 12

flesh&blood

FLESH&BLOOD 12
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
44
評価数
11件
平均
4.1 / 5
神率
54.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199005145

あらすじ

海斗(かいと)救出を阻む最大の敵・ビセンテは不在!! その間隙をついて、海斗奪還に成功したジェフリー一行。けれど再会の喜びも一瞬、逃亡の旅に出ることに。道中、病を押し隠す海斗は、次第に短くなる咳の発作に、内心不安を募らせていく…。一方、いち早く罠に気づいたビセンテは、猛追跡を開始して!? 追う者の希望と追われる者の命を賭けた、息詰まるスペイン脱出行、ついにクライマックス!!
出版社より

表題作FLESH&BLOOD 12

海賊船の船長・ジェフリー・ロックフォード
タイムスリップした高校生・カイト(東郷海斗)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

海斗を好きになった巻でした

F&Bの12巻です。
長かったスペイン編ともお別れということで、ジェフリーと海斗の「こ〜の〜」「うふふ」的な触れ合いが大好きなわたしには嬉しい限り。
だが、しかーし!
そうはうまくいかないのが、このシリーズ(涙

前巻で自分が結核にかかったことを知り、ジェフリーたちに害が及ぶこと、ジェフリーと共にいられなくなることを恐怖する海斗。
なんかもう、可哀想すぎます。
最初の頃、わたしは海斗をあまり好きではなかったんですよね。
なーんか生意気だしね。
でも、ジェフリーを愛するうちにすごく海斗が変わったなと思いました。
お話の後半、ジェフリーたちの為に命を投げうつ覚悟を決めた海斗に涙が出ました。
このシリーズは、自分自身よりも愛する人のことを優先させることが出来る強い人間が多いですが、この巻はそれが顕著でした。

最後、ビセンテは自分の命より海斗を優先させてくれましたが、彼はいったいどうなるのでしょう。
特に個人的には好みでもなんでもないビセンテですが(苦笑)、やっぱり不幸にはなって欲しくないな。
ビセンテの友人、アロンソも。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ