困った時には星に聞け! 2

困った時には星に聞け! 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
冬水社
シリーズ
いち好き・コミックス(コミック・冬水社)
発売日
価格
¥524(税抜)  ¥566(税込)
ISBN
9784887411722

あらすじ

本当に欲しいものはなあに…?あべ美幸が繊細な筆致で描く、現代セイシュン群像第2巻!高校入学と同時に寮に入る事になった宝は、同室の清嶺の女友達である明里と知り合うが…?

表題作困った時には星に聞け! 2

高校生 保坂清嶺
高校生 藤縞宝

評価・レビューする

レビュー投稿数2

全巻読み終わってからの感想レビューでございます
ここまできたらその都度書けば良かったとちょっと後悔(´・ω・`)
とはいえ、読み終わってみてから見返すと
みんな初々しくてなんだか懐かしいww

2巻は、清峰の幼なじみである明里(女)が主体のお話ですね。
ももとも、男の子との友達づきあいが得意
そんな明里が女子クラスで馴染めるわけもなく、
援助交際上等~なお話なのであります。
正直、前半ずっと思ってたのは読みにくい。。。なんですが
いっぺんキャラクター把握するとそうでもないのかな
後半は親密度が上がってるからかなのか・・・むーん

0

彼なりの慰め?

今回は男女の友情みたいなお話。
清嶺の中学時代からの友達・明里。
一応、女友達とつるんではいるけれど心底繋がってるわけではなくて。
上辺だけの付き合い。
それは脆くて簡単に壊れてしまうもので。

そんな明里に投げる清嶺の言葉はまっすぐなもの。
何もオブラートにも包まず否定しているも同じ。
明里がそれだけのことをしてるからなんだけども。
明里がちゃんと付き合える友達の存在に気付いていくお話。

後半は宝の中学時代からのコンプレックスの要因となる男が登場。
「頑張れ」という言葉に込められたプレッシャー。
落ち込む宝を慰める清嶺が印象的でした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ