同い年の後輩×先輩のさわやかキャンパスラブ

恋は愚かというけれど

koi wa oroka to iukeredo

恋は愚かというけれど
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌11
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
11
得点
53
評価数
19件
平均
3 / 5
神率
5.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784403522093

あらすじ

大学生の謙人はサークルの後輩の進藤に片想い中。進藤の潔い性格と男らしい容姿を、ほぼひと目惚れ状態で好きになり、穏やかな性格の謙人を進藤も慕ってくれている。このまま一番仲のいい先輩としてそばにいられればいい―― そう思っていたある日、進藤から友人の吉島が好きだと相談されてしまう。辛い気持ちを隠し、進藤の恋を応援することになる謙人だが……?
(出版社より)

表題作恋は愚かというけれど

進藤貴之/大学生 サークルの後輩 
皆内謙人/大学生 サークルの先輩 

その他の収録作品

  • 恋のとりこ
  • あなたに夢中

評価・レビューする

レビュー投稿数11

片想いの懸命さが可愛い作品

久我さんの関西弁カップルのお話です。
久我さんといえば関西弁と相場は決まっておりますが、個人的にはどちらかは違う方が好きです。
こちらはふたりとも関西弁です。

********************
受けの謙人は、はやくからゲイの自覚があった大学二年生。
地味な顔立ちではありますが、明るく優しい性格。

攻めの進藤は大学一年で、謙人のサークルの後輩。
長身で愛想はないけれど生真面目で、一浪しているため謙人とは同い年。
********************

女の子っぽい健気受けはよく見ますが(そっちも大好き)、こちらの謙人はキチンと青年でさらに健気というキャラです。
そんな謙人は進藤に切ない片想いをしていて、朝、進藤と偶然会ったふりをして一緒に大学まで行くことだけを楽しみにしているんですよね。
健気過ぎでしょう。
昔の少女漫画の主人公のごとく、ピュアな感じ。
本当に等身大という感じがとても好感が持てますし、進藤に好きな子がいると知り、なんか一緒に悲しい気持ちになりました。
感情移入しやすいキャラでないかと思います。
ゲイではあるけれど女の子に続きもとっても優しくて、きっとこんな先輩がいたら惚れるだろうなあと思わされる好青年です。

このふたり、けっこう早めに両想いとなりますが、そこからの進藤の嫉妬や独占欲がかなり微笑ましい。
謙人は自分が男の体をしていることで進藤が冷めないかと、ひじょうに心配しているわけですが、そんな心配いらないよ!とアドバイスしたくなるくらい進藤、謙人に夢中です。

甘くて、ちょっとせつない等身大の学生物が読みたい方にはかなりオススメです!

2

大好きです!

受けの片思いが大好物の私にはたまらないお話でした。

ゲイの皆内はサークルの後輩である進藤をひそかに思っているけれど、ノンケの進藤に告白するつもりはなく、仲のいい先輩後輩の関係で満足しようと思っていました。
しかし、本人からの相談で進藤が同じサークル内の女性を好きだと知ってしまいます。
自分の気持ちを隠したまま進藤の恋愛を応援をしなければならない、でも二人が親しくなっていくところなんて見たくない。
そんな皆内の思い悩む姿が切なくもかわいかったです。

同時収録の続編では片鱗をみせていた進藤の独占欲が遺憾なく発揮されていて楽しく読めました。

あと、進藤は一浪したので普段は後輩として皆内に敬語をつかうのですが、嫉妬で気持ちが高ぶったりすると同い年らしくタメ口になるところが個人的に萌えツボでした(笑)

0

結構読みなおしますが・・・

久我先生の本、好きなんです。
でも、この本はちょっと感情移入しづらかったかな。
なのになぜか何度か読みなおしてしまうのは、どうしてなんでしょう?

ノンケ×ゲイ、で大学生もの。
このシチュエーション結構好きです。
主人公の子がわりとうじうじ悩むのですが、これがかわいく見えてくるので、つい読み返してしまうのかもしれません。

若いころっていろいろ、自分の中での思い込みで突っ走ってしまいそうですが、これはそういうところが自然に書かれていて、おもしろかったかな。

1

再読率、高いです

攻・進藤貴之 大学1年 
受・皆内謙人 大学2年
同じサークルの先輩後輩ですが、進藤は1浪ですので同い年です。

新入生勧誘でトラブっていた進藤たちに助け舟を出した皆内。
「見た目も性格もめっちゃ好みのタイプ」と惚れてしまいますが、相手がノンケなのはわかりきっているので気持ちを封印。
その進藤が皆内のサークルに入り、偶然にも同じマンションに引っ越してきたことを知って、片思いの気持ちを抱えたまま先輩後輩として親しく付き合いようになります。

ある時、吉島を好きだという進藤の気持ちを聞いて、失恋。
なんでもない様子を取り繕うとしますが、進藤とギクシャクしてしまいます。
進藤は皆内が吉島を好きだと誤解して態度の変わった皆内にしつこく食い下がります。

読んでる側からすれば、あんたたち両想いじゃないの?と鼻で笑っちゃうくらいカワイイく青い二人です。

「恋のとりこ」は初Hまでの2人です。
この話、凄く好き~。

皆内は、ノンケの進藤が男(自分)の身体を見たら萎えちゃうのでは、やっぱり違うと気づくんじゃないか、とビクビクしてます。
そこに進藤のバイト仲間でゲイ続きの日高が皆内にちょっかいかける。
自分がモテる事に気づいていない皆内は無防備で、進藤はハラハラ。

皆内に「もっと警戒しろ」と言い含めながらキスをする進藤。
強引に押し倒す進藤を「嫌や」と突き飛ばしてしまう皆内。

気持ちいい。だけど怖い。進藤が男の身体を見たら正気にかえるかも、嫌がられるかも…。

そーいう皆内の悩みを勘違いした進藤がイイですね~。
尻を触って拒絶されたから、抱かれるのが嫌なんだろう、と勘違いするとは。
しかも1週間も皆内を放って悩み続けた結果が、
「どうしても抱かれる勇気がないんや。皆内さんにも譲れんことはあるやろうけど、頼む。抱かしてくれ」
と土下座ですよ。

かわいいカップルで、何度読んでも楽しい作品です。

2

受け攻め、ふたりとも関西弁

どっちかが関西弁っていうんじゃなくて
両方とも関西弁なんですね。
他の登場人物も関西弁で、関西弁だらけです。
・・・けっこうめずらしいと思うんですけど。
私は、はじめてでした。

同い年の後輩×先輩、大学生同士の初々しい恋なのですが
攻めはノンケゆえに?自分の恋心の矛先を勘違いしてたりw
けっこうおばかだなと思った。
受けは、フェミニンな感じの天然モテ男なのですが
関西弁だから女々しさがなくなんかすごくさばさばとした
男前な感じで読めたのも良かったです。

えっちも、丁寧に入ってて満足v

0

青くていいね~w

久しぶりに大学生同士のお話を読みましたが。。。いいですね~、青くてw

片思いのうきうきした気持ちとか、相手を見てちょっとだけ期待してしまうドキドキ感とか
失恋して、ないても泣いても涙が止まらない辛さとか
甘酸っぱい青少年の恋が甘くて切ない。

ノンケの進藤に一目惚れしてしまったゲイの皆内。
相手がノンケとわかっているので、自分の気持ちは内に秘めて
それでも、一緒に登校したり
サークル活動が出来る事のが嬉しい皆内の様子が微笑ましいです。

一方の進藤も
どう考えても「おまえ、皆内のこと好きだろ??」って態度なのに
ノンケゆえ、自分が男に恋愛感情を持つ事が信じられなくて
そんな自分の行動に頭がついていかず
あろう事か、皆内と仲のいい女性の先輩・吉島の事が好きなんだと勘違いしちゃって
さらに混乱する事に。。。

二人とも、自分ひとりで気持ちを抱え込んでグルグルしてますが
それって、誰もが一度は通る道だったりするので
懐かしい気持ちとともに、とても共感出来ます。

それは、すったもんだの挙句付き合い始めた後のお話「恋のとりこ」でも同じで
お互いに続き男と付き合うのが初めてなので
その辺の認識のすれ違いとか
相手がノンケなので、自分の身体を見て拒絶されたらどうしよう?と不安な気持ちで
相変わらず、微妙にずれててヤキモキさせられます。


恋することで、愚かなほど嫉妬したり悩んだり束縛したり。。。
そんな、若さゆえの突っ走っちゃう恋愛模様を楽しんでください。


あ。個人的には、全編通して「関西弁」ってのがかなりツボでしたw
(関西弁フェチなので、それだけで評価UPですw)
普段の何気ない会話さえ漫才のようなボケツッコミが炸裂してて
思わずメモしそうになりましたよw

0

もてる受と、ちょっぴりヘタレ攻

同じ大学に通う皆内と進藤、同じサークルの先輩後輩でもあります。
皆内は「もうノンケは好きにならない」と心に決めていたのに、進藤が好きで好きでたまらない!
平静を装う皆内だけど、進藤一挙一動が気になってしかたがない。
ある日、「進藤は同じサークル内の女の子・よっさんが好きなのだ」…と、勝手に誤解した皆内は、失恋のショック(←勝手な思い込みと勘違い)から進藤と距離を置いてしまう。
進藤に対する恋心を必死で隠そうとしても、皆内の行動はどんどん不自然になってくる…。
周りの女の子が、皆内を好きだったり、進藤を好きだったり…。
そんな事もあって、二人の誤解はどんどんエスカレート。
皆内の失恋中(勝手に思い込んでただけ)の気持ちに、ちょっぴりせつなくなりました。

今回、登場人物がほぼ全員大阪弁なので、慣れない人は読みにくいかもしれません。
私も途中何度も「これ、どっちがしゃべってんの?」と、分かりづらいところもありました。
しかし、セックスを迫られる場面での大阪弁は、なんだか笑いが入ってしまい、ほんわかした雰囲気が漂っていて、微笑ましくて、面白いスパイスになっています。
続き会話にしっかりオチがついているのも、久我さんの持ち味。
恋で悩む大学生っていいなぁ~、と思えるお話でした。

3

すごく久我さんらしいお話で安心して読めました

ただ表題作だけは雑誌で読んでいてその時も思ったんだけど、やっぱり進藤の気持ちがよくわかんない。最初吉島が好きだと思っていて、それがホントは謙人の方が気になってたなんて勘違い、普通ないと思う(笑)。
その点については「そうだ」とハッキリは言ってないんだけど、そうにしてもそうでないにしても無理を感じてそこだけが引っかかってしまう。
進藤って誠実で嘘のないいいヤツなんだけれど、手放しでカッコいいと思えない所がある。

だけど大学生活や飛び交う関西弁は楽しそうだし、可愛くて男前な謙人には好感が持てるし、全体としては楽しめる話でありました。
ノンケの進藤がモテまくって謙人がヤキモキするならありきたりだけど、実は謙人の方が無意識にかなりモテていて進藤の方がヤキモキしていることの方が多いというのが、良いよね。

書き下ろしで、社会人となる二人の様子が読めたのが嬉しかった。
先輩後輩とは言え同い年なんですが、書き下ろしは謙人が年上みたいに見えました。
同い年でも学生と社会人ではたった1年でも気持ち的に差を感じるものか? 進藤が思ってるほど謙人はそんなに先に行ってないと思うので、これで続きは進藤アセり過ぎ(笑)。

1

久我さんならでは

切ない恋のお話でした。
わかっちゃいるけど、ノンケの男に惚れて失恋して、泣いて泣いて自棄酒飲んで。
「よっさんはええ奴や。見る目あるで進藤」
自分の気持ちを押し殺し、すべて飲み込んで、このセリフを言わなければならなかった謙人。辛かったやろなぁ……。そう思うと、もうウルウル来ちゃって大変。

失恋したはずなのに、相手はなぜだかまだ構ってくるから、距離を置いたら
「皆内さんらしくない」
と詰られ、つい出ちゃった本音
「俺の気持ちがわかったかて、おまえは俺のことなんか好きにならんやろ……!」

いやいや、この心からの切ない叫び。胸にズキッと来ちゃいましたよ。精一杯恋愛、それも片想いしてるんですものねぇ。
でも、この言葉でようやく気持ちが通じるんですから、ホントよかったです。
3年後の書き下ろしででも、まだまだ甘いふたりだったので、安心しました。

テンプレ・王道なのかもしれないけれど、ノンケに惚れて失恋して、それが切なくて健気で一途で。私の萌えポイントに思いっきりヒットしているから、私はのめり込んで読んじゃいました。
あと、女の子の同級生やら後輩が出てきますが、続き男前だったりスッキリしてたり。女の子も魅力的でした。

1

本人たちにとっては大問題なんですよね

大学生同士のまさに青春真っただ中!といったような話でした。
皆内と進藤は同い年なんですが、進藤が一浪しているので皆内が先輩という立場です。
皆内はゲイで、大学に入ったら恋人を作ろう(ノンケを好きになって片思いで終るのはもうやめよう)と決意するのですが、大学2年になってサークルの勧誘を行っていた時、新入生だった進藤と知り合い、結局はまたノンケ(進藤)に恋に落ちてしまいます。

サークル内では皆内が進藤に片思いしているだけではなく、AはBのことが好きで、
CもBが好きかと思っていたら本命はAで、BはDのことが好きで(C→A→B→D)、
と言った様な複雑な恋愛模様が展開している訳なんですが、「あ~なんかそういうのありそう…」と皆がちょっとずつ上手くいかない恋愛にヤキモキする感じが伝わってきました。

皆内は進藤の行動ひとつで気分が浮上したり撃沈したりと、まさに恋愛中心で生活が回っている感じで、一方の進藤も今まで覚えたことのない感情にうろたえ、かなりヘタレな(というかデリカシーがない)行動を取って右往左往してしまうのですが、二人の間にはそれほど障害がある訳ではないので、ただただ続き青臭い恋愛をしているなぁ…としみじみ感じてしまったのですが、大したトラブルや障害がなかったとしても、本人たちにとっては恋愛が上手くいかないというだけで大問題なんですよね。

もちろんそういう気持ちはものすごく理解できますし、日常系シチュエーションモノ(等身大の恋愛を描いた作品)として面白くは読めたのですが、やっぱりちょっと物足りなさを感じてしまいました。
それにもともと久我さんの作品が好きなので、読む前からハードルを高めに設定してしまったところもあり(他の久我さんの作品と比べてしまった結果)[中立]になってしまいました。

0

やっぱりポイントは関西弁

大学の学園祭実行委員会の先輩・謙人と同い年の後輩・進藤のお話。

礼儀正しいわりに口が悪い。けれど笑うと目じりに皺ができて、それが男っぽくてかっこいい。歩くときは相手に歩調を合わせるetc.(謙人調べ)…謙人じゃなくても好きになっちゃいそうな後輩・進藤。
ほぼ一目惚れの彼と過ごす時間を少しでも多くしたいが為に、健気にも生活サイクルまで合わせようとする謙人。
明るい笑い顔と人当たりのよさと努力の賜物のファッションセンスで、地味めな顔のわりに老若男女にうけがよく、意外と女の子にもてる謙人はゲイなので、進藤の親しげな態度とサークルの女子・吉島が好きだという現実に一喜一憂し、果ては恋を諦めようと一線を引くのでした。
完璧に見える進藤も意外と他愛ない奴で、動じない風に見えるわりには謙人の言動に結構振り回されております。
吉島女史が見極めてくれなければ自分が謙人を好きだということにすら気付かず、謙人の態度の変化に戸惑ったままだったかもしれません。

その後、やけビールを飲んだ翌朝仕方なく掃除をしている謙人の元へやってきた、吉島に振られた進藤の、素に戻っている言動に苦笑すること請け合続きいです。
関西弁だからこそできる掛け合いが、よかったねだけでは終わらせない深い味を出していると思います。

第2部「恋のとりこ」では、せっかく両思いになったのに、“女の体じゃない”ことに幻滅させてしまうのではないかと自信のない謙人と結構ヘタレな進藤なので、キス止まりの毎日。
当て馬なゲイの日高君も登場し、こんな二人は無事にエッチができるのか?といったヤキモキする話になっています。
謙人がグルグルするだけならまだしも、進藤まで取り越し苦労でグルグルしているからこの二人はなかなか先に進めへんのやー!でございます。

で、書き下ろしは進藤の卒業式の後の話、なんだかんだ言って二人とも、おもいっきりヤキモチ焼きでしたっていうわけ。おしあわせに!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ