もしかして、あいつに「ホの字」?

不思議飴玉 増量版

fushigi amedama zouryouban

不思議飴玉 増量版
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×21
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
50
評価数
15件
平均
3.4 / 5
神率
20%
著者
 
媒体
コミック
出版社
エンターブレイン
シリーズ
B's‐LOVEY COMICS(コミック・エンターブレイン)
発売日
価格
¥770(税抜)  ¥832(税込)
ISBN
9784757747487

あらすじ

大学生の吉本には、気に入らない男がいる。それは「好きだった子が好きだった男」――松田。多くの女子から誘いを受ける松田を、なぜか意識してしまうのは、嫌いだから? それとも…!? 心も体もとろけた後に甘い余韻が残る──。せつない恋心を描いた傑作、描きおろしを加え登場!!
出版社より

表題作不思議飴玉 増量版

好きだった子が好きだった男 松田
パッとしない大学生 吉本

同時収録作品そのトキメキには訳がある / そのツブヤキには訳がある

安岡 現場作業職
榎木 執務職

同時収録作品アロワナ

同時収録作品夏とノスタルジア

潤 受の師匠の息子/20歳
八島洋 画家

同時収録作品不思議飴玉 シニア版

その他の収録作品

  • 社の中

評価・レビューする

レビュー投稿数8

キュンとしました 笑

一番好きなのはそのトキメキ~シリーズです。
なんというか、初々しさが読む側をドキドキさせました。
不思議飴玉も良かったです。
ちょっと強引なのがまた好みですw

0

本編はもちろんのこと

不思議飴玉シニア版!
これがこの上なくいいです。
おっさん?もはやおじ様くらいの片思いって実際には現実的な要素はないかもしれませんが読んでいてなんか切なくなるような気がしました。

たった数ページで新境地開拓も夢じゃない(笑)

0

不思議飴玉 増量版レビュー。

ユキムラさんの初期作品集の新装版第1弾です。
ほのぼのだったり、笑いがあったり、切ない恋心のチラリズムがあったり、このテンポが落ち着く。全体的にBLというより友情モノの要素が強いです。激しめの話を求めている人には向かないかもしれません。
ユキムラさんの描く、いい歳した大人のグルグルと不器用な恋愛が好きな方向けだと思います。

「そのトキメキ/ツブヤキには訳がある」
同じ会社の社員寮での布団を挟んだお付き合いの話。
「社の中」
狐に憑かれて異界に迷い込んだふたりの不思議な一夜
その後日談が「不思議飴玉」
「アロワナ」
ペットショップ店員とその彼の愛して止まなかったアロワナとの心の交流
「夏とノスタルジア」
再会した恩師の息子との短い夏休みの話。
「不思議飴玉・シニア版」
不思議飴玉に登場した宮下教授の恋の話。

表題作は若干ファンタジー要素があります。それを除けば日常での出会いモノなんですけどね。がっつりファンタジーってワケじゃないからファンタジー慣れしていない人でも読み易いと思います。

↓因みにこんな話。
大学生の吉本には、気に入らない男続きがいる。それは「好きだった子が好きだった男」――松田。多くの女子から誘いを受ける松田を意識してしまうのは、嫌いだから?それとも?

どうして気に入らないと思っている男を意識してしまうのか。そしてファンタジー要素でニャンニャン。こういう流れは御約束ですね。
そういうBLファンタジーという魔法は起きるけど、なんだか納得出来る話の進め方でした。

個人的に宮下教授の「不思議飴玉・シニア版」にしんみりさせられました。うぉお、切ない恋だなぁ!

0

ツブヤく布団……

収録作品の中では「そのツブヤキには訳がある」が一番好きです。
布団のツブヤキがたまらない!!
この健気な布団が使われる日はいつでしょう……?(笑)

呟く布団に笑っていたら、可愛いアロワナも登場。
「赤魚」は「アロワナ」のことを好きだったのでしょうか?
そう思うと、なんだか切なかったです。

表題作シリーズは素直になれない吉本と、
のほほん雰囲気だけど意外と押しが強い松田。
そんな二人のちょっと不思議な恋のお話でした。

押せ押せだけど最終決定権を吉本に持たせている松田が好きです。
飴玉の使い方にニヤリとしてしまいました。さすがだ、松田。
「シニア版」は枯れたオヤジ好きには、たまらん作品。
オヤジの切ない片思いっぷりに、胸がキュンキュン。

全体的にファンタジックでほんわかとした作品ばかりで。
疲れている時に読むと癒されそうな気がします。

1

じつは男らしい?

結果的に受けとなる男の子吉本くんだけど、
元々はノンケで、女の子に告白までしている。
その女の子が好きだったのが松田くん。
でも、その松田くんは吉本くんが好きなのだ。

この設定ビミョーーー

全体的にこのコミックはすごい好きだけど、
上の設定はいらないんではないかと思わないでもない。
だって、女子に恋する男がそう簡単に男になびくってのが考えづらいので。
バイの自覚があればまだしもそういうわけでもないし。
でもそこがなきゃ神評価にしても良いと思ったくらい好きなコミックです。

好きな点は、ズバリ雰囲気!
なんていうか、
切ないのにコミカルで笑えて、無駄に大げさな感じにしてないところが好き!
それと、何度も読み返していたら思ったのですが、
よく考えたらこれは結構男らしいお話だ!
真夏に男子大学生一人暮らしのアパートで、
しかもクーラーない暑い部屋でシャワーも浴びずにエッチするんだから!
体毛や局部の描写こそないけれど、男臭さに溢れている。
全体的には爽やかな雰囲気なので、そのギャップで一層それを感じました。
あぁー面白かった~




続き

0

不思議系の話が比較的多めでした

表題作の「不思議飴玉」よりも、独身寮の隣人同士(安岡と榎木)の二人がカップルになるまでを描いた「そのトキメキには訳がある」「そのツブヤキには訳がある」シリーズの方が好みでした。
二人の気持ちが通じ合いカップルになるまでの流れは、ちょっと急過ぎる印象もあるのですが、丸々一冊全てがこのシリーズという訳じゃないのでそれは仕方ないですね。
「そのツブヤキには訳がある」の布団視点(笑)がちょっと変わっていて良かったです。

それから「アロワナ」というちょっとファンタジーが入った話も好きでした。
かなり変化球的なんですが、まぁこれも恋愛と言えば恋愛だよな…と思わせてくれる内容で、
ちょっと切なさを感じさせつつも温かい雰囲気の話で良かったです。

「杜の中」「不思議飴玉」のシリーズは、「杜の中」は昔話風日本版ファンタジー、
「不思議飴玉」もちょっとだけ不思議系な感じの話なんですが、私は後者の方が好きでした。
また描き下ろしの「不思議飴玉」シニア版のオヤジ二人の関係が妙に気になりました。
あくまでも片想いっぽい感じの雰囲気なのですが、その想いは何年ものなのかしら!?
といらぬ想続き像を膨らませてしまいました。

1

フワーっと甘いもやに包まれているような一冊

作品データは、表題作カップルが関係する作品全体のものです。(帯のあらすじには「せつない恋心」とありますが、せつないというよりグルグル・ワタワタしている感じで、私にはコミカルに見えました。)

表題作は、食べると人を一回使役できる飴が絡んだ、ある意味ファンタジックなお話。
おかしな出来事(「社の中」参照:完全なファンタジー)がきっかけで、
好きでもなかった(というか、苦手だった)松田に一度だけ抱かれてしまった吉本が、
なんだかんだでほだされていっちゃうお話なのですが、
件の飴が効果的な使われ方をしていて面白いです。
松田くんって、吉本を操縦する才能があるんでしょうね。
描き下ろしも含めたシニアカップルの二人の詳しい関係ももっと知りたいところです。

他に、同じ会社の寮に住む二人の、布団が取り持つほのぼの純情ラブ(なんだかんだで一番現実的なので、私はこれが一番好きです。布団のツブヤキもなかなか笑わせてくれます)。
水族館の飼育員と可愛がっていたアロワナと、大魚ピラルクーのホロッとくるファンタジックなお話。
やっと自分に自身が持てるようになった若い画家が、以前世話にな続きった恩師に会いに行き、その息子の愛を知る、自然とノスタルジックが織り成すお話など、
心にしみるタイプの寄せ集めになっています。

3

萌えたԌ

これが噂の(?)ユキムラさんですかI
めちゃ面白かったです。
ファンタジー入ってる話ってどーかなとも思ったんだけど、すごい上手い使われ方をしていて良かったn[g3

私もあの飴玉が欲しいです
LfBLfBLfB

あと、思ったけど「不思議飴玉」って攻め優しいけど、すごい自信家ですよね。そこも好きn[g3


0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ