初恋拾七

ubukoi seventeen

初恋拾七
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
双葉社
シリーズ
アクションコミックスBLシリーズ(コミック・双葉社)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784575831207

あらすじ

十年前、壱郎が家庭教師をしていた生徒・潤は、”お兄ちゃん”と慕ってくる素直でカワイイ小学生だった。当時の壱郎は、はかなげで美しい潤の父親に人目惚れして、告白して、押し倒して、そして玉砕・・・。何年か後、突然中学卒業式を終えた潤が現れて制服の第2ボタンを手渡されたその時、初めて潤の自分への恋心を知り、壱郎は動揺する。そしてまた月日が経ち、驚くほど大人びて美しく成長した潤が再び現れた時、壱郎の心が激しく揺らぐー。描き下ろしの表題作「初恋拾七」を含む全4編 えのもと椿のピュアラブストーリー傑作選!

表題作初恋拾七

壱郎/会社員/29歳
吉村潤/高校生/17歳

同時収録作品子供が寝たあとで

晴彦/会社員
吉村哲也/小説家/34歳

同時収録作品初体験

有馬硝三/高校生/17歳
中川柚流/高校生/17歳

同時収録作品CUTIE

結城晴久/会社員
加賀実摘/小学生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

表題作のみ描き下ろしでした

表題作は描き下ろしで、メインは巻頭の「子供が寝たあとで」になります。
壱郎は叔父の晴彦の紹介で、学生時代に小学2年生の潤の家庭教師をしていて、潤の父親である哲也を好きになり若さの勢いでアタックします。
押し倒す所までは行ったのですが、実は哲也の好きなのは亡くなった妻の兄である晴彦で、壱郎の暴走を切っ掛けにして2人は互いの想いを告白しくっついてしまうのです。
そして壱郎の恋は崩れ去り、それから数年後、成長した潤と壱郎の話が表題作の「初恋拾七」という訳。
潤は初恋が壱郎で彼をずっと想い続け、17歳にしてやっと2人の恋愛は実るのでした。
描き下ろしなので、表題作だけ絵が違いますねー。
潤がえらい美人さんに育ってます。
長い年月がかかりましたが壱郎も幸せになって良かった良かった。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ