光さす道の途中で

hikarisasu michi no tochuude

光さす道の途中で
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×23
  • 萌15
  • 中立4
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
15
得点
96
評価数
32件
平均
3.2 / 5
神率
21.9%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥571(税抜)  
ISBN
9784344816107

あらすじ

高東と真野は、お互い友人以上として意識し始めていることに気づいていた。しかし、高尾はなぜか真野に一線をおこうとしていて…。
出版社より

表題作光さす道の途中で

栗田が小学生の頃からの友人 高東
栗田が高校になってからの親友 真野

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数15

あまりにも冗長すぎ。

個人的には、杉原さんの作品はほぼすべてが『趣味じゃない』んですよ。ただ、個人的に評価としての『しゅみじゃない』はなるべくつけたくないというスタンスですので、なんとか『中立』にできるよう努力していますが、どうしても無理なこともあります。
これもそのひとつで、もう『しゅみじゃない』しかないですね。

淡々としているのは構わない、むしろ好みなくらいです。『ごく普通の日常』も『焦れったい』のも『すれ違い』も好きな方ですし。

でも、杉原さんの作品は『淡々』というより『停滞』で『一本調子の説明が延々と続く』としか感じられないんですよ。
なんとも冗長で、うんざりしました。

杉原さん、確かに『まあ悪くはなかった作品』はありますが、好きな作品はただのひとつもないんです。根本的に私とは波長が合わないんでしょうね。

とにかく、文章や全体の雰囲気(空気感?)がくどい・鬱陶しいと感じるんです。文章については、こちらはまだマシでしたがそれでもなんとも思わせぶりでまわりくどくて、読んでてイライラしました。こういうところが『合わない(相性がよくない)』ってことなんでしょう。
続き
そもそも、これだけの長さが必要な作品なのかも疑問でした。ラストが近付いてさすがに慌てて『巻き』にかかったんですか?と言いたくなるくらい、どうでもいいグダグダを長々と続けられてもううんざりでした。
これはもう『焦れったい』なんて表現していいレベルじゃないだろうとさえ思いましたね。ただひたすらにダルくて苦痛でした。

まず、冒頭で『栗田の死』を提示する必然性からして感じられなかったんです。まあ、言い換えれば初っ端から乗り切れなかったってことになるのかな。
しかも、作中で栗田が事故死するのはかなり終盤になってから。結局1人欠けるのはもう最初からわかってるのに、ここまで散々引っ張ったものをあとこれだけのページ数でカタつけるわけ?と。

いつも思いますが、杉原さんはいっそ短くまとめた作品の方が『余計なもの』がそぎ落とされてスッキリしているんじゃないかな。

作家さんによって『こういう設定(キャラクター)好きだよな~』と思うことは多いんですが、杉原さんは特に『似たような~』が目立ちます。

それが許容できるか否かは、その『似たような設定・キャラクタータイプ』が自分の好みと照らしてどうかの問題だと思いますが、それで言うなら杉原さんのパターンは私の好みとはまったく違います。だから余計に『またかよ!』と苛立つんでしょうね。その上に、作品に漂う雰囲気そのものも決して好きじゃないからなおさら。

キャラクターもストーリーもエピソードも、何ひとつとして『よかった』というものがなかった・・・最後のメールも、これたぶん感動ポイントなんだろうな~と思いつつ(もうその時点で完全に醒めてるんですが)、これこそ究極の『説明で流す』ってやつだよなとしか感じませんでした。

杉原さんは他にも未読の積み本がいくつかあるんですが、もういい加減我慢してまでBL読みたくないので(あ、これは『BLなんか』では決してなく、『楽しむための趣味なのに』っていう意味ですので。念のため)、未読作はもうなかったことにします。

7

静かな音

桜並木のシーンが印象的でした。まるで自分がその桜を見ているような、そんな風に思わせる綺麗な描写が素敵で、ところどころに、ふわっと漂う独特の空気を感じさせる文章に感激しました。

--(以下ネタバレを含みます)--
序盤に一人がいなくなるという衝撃的な事実があってからの展開で、過去を振り返るように三人の話を見ることになるのですが、三人が繰り広げる学生生活を読んでいると、何故か、彼がいなくなるなんて思えなかったです。(忘れたとかでは無いのですけれど。。。)

高校時代の三人の気持ちが静かにゆっくりと、音を立てない様に・・・でも確実にどこか変わっているのに、それに気づかない様に、壊れないように必死に均衡を保ってる。栗田と高東は互いに真野(受け)のことが好きだとわかっていて、今までの友情があってなのか遠慮してる部分があったりして・・・でも、嫉妬などの じわりとした、やわらかい熱がそこにはあって、読んでいて切なかったです。

ずっと苦しいけど、誰も傷つかず欠けない、この三人一緒という関係をずっと続けて行くのかな・・・と思ったら、一人が欠けます。その時、初めて彼がいなくなるという事実続きがちゃんと私の中に伝わってきて、気づいたら泣いていました。無意識で自分は栗田を応援していたのかもしれません。すごくすごく悲しくて、「どうしてあの時、真野(受け)に気持ちを伝えなかったの?」どうして・・・たくさん伝えたいことあったのにって。
彼からのメッセージも二人を気遣うようで、余計に彼の優しさが、暖かさが感じられて、しばらく浮上できませんでした(笑)序盤から分かってたのにな~(;▽;)

春がやってきて、桜をみると彼らのやり取りを思い出します。暖かくて優しい風が桜を揺らすようなお話でした。

1

ラストシーンが好き

友達から親友へ、さらにもう少し近づいた距離感。
高校生から大学生へと時も移り気持ちも距離も変わっていく。
その過程が全ての人にあるのだけれどとてもせつなく伝わってきます。
真野、高東、栗田、3人の思いあふれる終盤は涙がでました。
あの時、こうしていれば、こうしていたら、生きている限りそれの繰り返し・・・。
ひとり欠けてしまったけれどその思いも抱きしめて生き続けてほしいと思いました。
見上げる桜並木、ラストシーンがとても印象に残りました。

3

うーん;

良かったか良くなかったかと問われると「よかったよ」とお答えしますが、読み終わった直後の感想は「惜しい!」でした。
何がって、いろいろと。

正直、三角関係で、一人が冒頭で死んじゃってたら、残る展開はこれ以外ないもの。
葛藤の内容も、死んじゃった一人への遠慮とか、その彼を間においたお互いの気持ちの誤解とか、それ以外ないだろうという想像はつくし、実際そういうお話でした。

それでも設定やなんかは面白そうで、展開もよかった気がするんですが、何故だかエピソードとエピソードの繋ぎがイマイチ。
何がイマイチと感じたのか自分でもわからないのですが、あえて言うなら地の文が?
表現がとか言葉の選択がとかそういうことでもないんだけど、繋ぎが「押しすぎ」か「足りなさすぎ」のどちらかでバランス悪く感じました。
けどこれは、思いっきり好みの問題なので、合う人にはピタッとハマるんだと思います。

面白くなって当たり前な設定と展開をあえて持ってきておきながら料理が生煮えな感じで、ホント「惜しい」です。
残念ながら出来レースを見ている気がして、萌えきれなかったです。
これに萌えないあたり、私続きも年とったなぁ…と思いました><

2

もどかしくて、切なくて...

あ~良かったです。
切なくてキュンキュンしました。
キュンキュンって言葉じゃ、なんか下世話な気がするぐらい純粋で、
かわいくて、もどかしくて、この3人がとても愛しかったです。
3人が3人ともお互いのことがとても大事で、3人でいることを大切に
したいが為に一歩踏み出せず、気持ちを秘めたまま時だけが過ぎて行く。

一体何度、「そこで一言ホントのこと言って!」
「なんでそんなこと言うの?」と思ったことか...
何度も2人の思いが通じるチャンスがあるにも関わらず、
3人で過ごしている幸せな関係が崩れることを恐れ、何年もただの友達
として過ごすことを選んだ3人が切なくて切なくて...

高東がこらえきれず真野にキスした時に感極まって涙出そうになりました。
胸がしめつけられるような高東の告白に、
やっと思いが伝えられたんだね...と。
こんなにキスだけで興奮したの初めてです。
数年間のもどかしい2人を見守ってきただけに、直接的な体の関係より
触れ合うだけのキスがとてもうれしくて、その場面にふさわしく思いました。

でも、その後すんなり2人の仲は進みません。
続き
予想通りの栗田の死によって2人の関係が振り出しに戻ってしまう。
これ以上、まだ2人に障害がいるの??って杉原先生恨みかけましたよ。
結果的には、この栗田の死と、出せなかった真野へのメールによって
2人はやっと誰に遠慮することなく思いをぶつけることが出来たんですね。
最後で2人が思いを告白し合う場面では涙が溢れてきました。
まさか真野からストレートにこんなセリフが出てくると思ってなかったし。
随分遠回りしてきた2人だけど、
これからは毎年2人揃って桜を見ることでしょうね。

4

不器用な三角関係

とっても微妙な三角関係のお話。
おとなしくて不器用な真野、明るくて友達の多い栗田、栗田の連れてきたちょっと読めない高東。
男の子の友達三人組の中で生まれた恋愛感情は、友情と絡まってすっごい切ないです。
当初栗田が死んでいることにすごく「ん??」と思ったのですが、読み終わって納得した。
これはこの形だからより切ないんだ。
愛情と友情と、お互いを想い合うせいで前に進めない不器用な彼らにじれじれしてとても良かった。
特に主人公の不器用さとぐるぐる悩みっぷりはさすが作者!です。

杉原さんのこの繊細な空気感と、三池さんのきらきらしたイラストがすごくあっていると思いました。

5

誰も傷つかない三角関係を望んだ3人の高校生のお話

杉原さんの作品っていつもそうなんですが
激しい熱のようなものはなくて
わりとモノトーンのように淡々と物語が進んでいくのに
何故か常にじわじわと微熱に犯されていくような感じがします。

この作品も
冒頭のプロローグ部分でいきなり核心に触れるくだりがあって
それ以降は、その事実に向かってただ進んでいくだけ。
でも、ちょっとずつ登場人物たちの世界に引き込まれて行っているんですよ。

高校生の男の子3人の危うい関係。
誰かが何か行動を起こすだけでその関係は脆く崩れ去る。。。
それを3人ともわかっているので
不自然だと思いつつも、いつもどおりに振舞うのがじれったくて切なくて
3人の誰の味方にもなれないもどかしさがありました。

悲しい出来事があったり
さまざまなすれ違いや葛藤があったり
けっして明るい物語ではないんですが
なぜかほっこりした読後感が残った不思議な作品でした。

3

キスシーンに悶える自分にびっくりしたv

焦れた焦れた焦れまくって
胸がきゅんきゅんv
だって本の厚みでいうと4/5くらい読むまでキスもないんだーっ!!
ゆえにキスシーンだけで悶えたv
よもやキスシーンだけで悶える自分に再会するとは思いませんでした。
なつかしい自分、おひさしぶりw

何これ?あだち充先生の「タッチ」みたいな?あれ?違う???
男三人友達で三角関係。
友達としての独占欲から、もっと深い独占欲に変化してるのに
みんながみんな気付かないように気付かせないように
本当の気持ちに蓋をしてるんだけど、匂い駄々漏れ~w

自分だけになつく真野がかわいいと思う栗田
栗田にだけなついてた真野が自分にもなついてくれてうれしい高東
きっかけは些細なことかもしれないけど、じわじわじわじわと
恋心が膨らんでいくふたり・・・

高東と栗田の自分への好意に気付きながら
好意の意味を深く考えないで
その場にとどまろうとする“ぼく”語りの真野

真野のキャラ設定が、かわいこちゃんでもショタでもブリでもなくて
ほんとに野良猫みたいに気難しくてピュアなのが良かった。

しっかし、ほんとに焦れシナリ続きオだよw
自分、乙女ゲーム出身なのでこのキスまでが異様に長いシナリオには
どこか慣れっこというか懐かしい気分で読めましたw

7

読むの疲れました・・・

三角関係モノ!(゚∀゚)一人を二人が取り合って・・・(〃д〃)
というものを期待していたら冒頭から一人死んでた・・・orz
私は涙腺が極端にもろく、ちょっとのことですぐ泣いてしまうのですが死ぬ系は完全にアウトです。涙腺決壊しちゃいます。
なので最後に亡き友人からのメッセージを伝えられるシーンはぼろ泣きだったのですがなんとも納得いかない(>△<;)
え?栗田って女もいけるの??
今までの苦しい心情は何だったの??
友情と愛情の狭間で揺れ動く、的なものじゃなかったの???
杉原先生の切ない展開とセリフ回しは好きなんですが、すごく焦らされた上に3人でいたときにはお互いに気を遣い合っていたのに一人いなくなった途端、みたいなのが個人的にはすんなりとは受け入れられなくて中立評価にさせていただきました。
物語全体に流れる空気感というか語り口調はすっごく好きなんだけどなぁ。

5

またまたきました、焦れったリズムの杉原節

またかいっ!と突っ込んでしまいたくなった杉原理生さんの小説でした。
なにが『また』かというと、設定が、杉原理生さんの他の小説にめちゃくちゃ似ている。
ぐるんぐるん悩む、人付き合いがあまり得意ではない主役の受けの性格も、他の小説に似てます。
『よっぽどこういう設定のお話が好きなんだろーなァ』と、クスリ笑いつつ読みました。私もキライな設定ではないので、タダイマな気分です。

今回はスーパー三角関係のお話。
冒頭でいきなり、三角形の一点である栗田という男の死が語られ、それから高校時代に時間がさかのぼり、変化しつづける三人の関係が、丁寧な心理描写とともにゆっくりと書かれてゆきます。
結ばれる二人がどれかというのは簡単に予想がつきます。予想を外れるようなドラマもありません。
杉原理生的焦れったリズムに心地よく身を浸して読みました。

しかし、杉原小説の登場人物みたいな性格の人だらけだったら、人類は絶滅してしまうんじゃないかとw
繊細で遠慮がちすぎる性格の登場人物たちの、スーパーオトメときたらw

2

甘酸っぱい思い

真野・栗田・高東の微妙なトライアングル。
高校時代の恋に近い友情というか、相手への執着心。
自分が一番の友達だと思っていた相手に、
仲の良い友人が出現し、やきもちを焼いたり。
「友達をとられた」と思う、子供っぽい独占欲。
己の学生時代を思い返し、ああ、こういう気持ち、あったなぁ。
判るなぁと、甘酸っぱい気分になりました。

真野が恋を自覚するまでが長いです。
やはり相手が男で仲の良い友達となると、恋の自覚は遅くなるものでしょう。
仲が良ければ良いほど、まさか相手が自分を恋の対象と見ているとは
思わないものです。近すぎて、見えないというか。
その辺りのもどかしさを丁寧に描かれていて、読み応えがありました。

今は何でもスピードアップされ、恋に落ちるのも高速化になりつつある昨今。
こういうじっくりゆっくり、亀の歩みの如く進む恋の過程を楽しむのも悪くありませんね。
杉原さんには今後も「じれったい芸」を極めて頂きたいです(笑)

3

自覚遅し。

受けの自覚が遅いかな。まあ恋って知らず知らずのうちだからいいのかもw

真野は親友の栗田に紹介された高東が苦手で、奇妙なまま3人で過ごしていくんですが、真野は独占欲が強いのでしょう。栗田をとられたと思ってしまい、高東とはあまり話さないんです。真野の独占欲にはちょっとびっくりでしたが、それが原因でもあり3人の関係がまたもや微妙に...

3人がともに大学生になったときも関係がまた変わっていきます。真野の自覚は確かにかなり遅いんですが、ところどころに高東に対する描写が書かれていたのでよかったと思います。

最初嫌い.苦手なやつが恋に変わる瞬間というのは王道でもありますが、やはり王道だからおもしろいものがあります。
甘々なのを好む方はやめたほうがいいかもしれませんね。

3

予想を遥かに超えるじれったさ

杉原さんの作品とあまり相性が良くないのかも!?
今まで3~4作読んできて、薄々そんな予感を抱きつつあったのですが、今作もやっぱり微妙に「う~ん…」と感じてしまいました。

(私個人のイメージですが)杉原さんの作品はじれったい話が多いので、今作もある程度そういう展開を覚悟しつつ読み始めましたが、予想を遥かに超えるじれったさにはさすがに辟易してしまいました(苦笑)。

高校時代の友人3人(真野、高東、栗田)の三角関係が、大学生になってひとつの決着をつけるまでの話なんですが、三角関係といっても三人が恋愛感情を自覚した上でああだこうだとやっている訳ではなく、表面的には友情関係なんだけど水面下で二人がちょっとだけ牽制し合っているみたいな感じなので(しかも一人はそれに全く気付いていない)、高校時代に関しては匂い系と言ってもいいような雰囲気の話になっています。

まぁ別にそれはそれで全然いいんです。でも……
ただでさえ高校生パートで少々ダレ気味のところ、大学生になってもその雰囲気(匂い系)がしばらく続き、全体の半分を越した辺りでようやく「もしかしてこれって恋愛感情!?」と自覚し、よう続きやくキスまで辿り着く頃にはすでに四分の三が経過という展開はさすがにキツかったです。
楽しめるじれったさもありますが、この作品に関しては許容範囲を超えてしまいました。

5

ツボに大ヒット!!!

ほぼ全くエチ系シーンはないのに、とっても胸がドキドキする

シンプルライン や スローリズム もそうだったけど、この作家さん、登場キャラたちが、「自分の心の中の恋の存在を認める」って事を、実に丁寧に描いていく。

この作品も、全編を通じて、真野の繊細な心の揺れを、モノローグで丹念、丁寧に、ひたすら紡ぎ続けていく

で、
この、じれったいモノローグが、たまらなく、ツボ
じりじりと身悶えしながら読んだ。
私的には、超大ヒット

表紙買いしたスローライフで、当たり引いたなって思った通りだ
作者さんのほかの作品も、絵描きさんのチョイスが私の趣味とモロ被り
ってことは、ツボにヒットするのも当然っていうか、必然?
しばらくは杉原祭り になりそう

3

学生歳時記と思春期と

友情なのか恋なのか、微妙な関係に苦悩する少年たちのお話。

シャイで付き合い下手な真野の親友・栗田(明るく活動的)が、ある日友人だと言って高東(外見が良く、近寄りがたいオーラをまとって大人びている。栗田とは親密)を連れてきたことにより、それぞれがそれぞれとの関係に揺れ動くさまが描かれています。三角関係のお話といってもいいかもしれません。

真野目線でお話は進みますが、彼ははっきり言って大変屈折した性格で、自分からバリアを張っているくせに疎外感を感じ、度々「蚊帳の外」という言葉を使いたがります。
三人の関係の中で、自分が蚊帳の外に置かれるのもいやだけど、誰かが蚊帳の外で嫌な気分になるくらいなら、自分が身を引いても仕方がないとか・・・。
また、何でも分かっている風で自己完結型はやとちりマイナー人間なので、いちいちひがみます。
しかし、そんな彼を好きな男が二人もいるものだから、彼のあずかり知らぬところで静かなバトルが繰り広げられているらしいのです。
栗田と高東同志も親しい関係なので、お互いが真野のことを思っていても“抜け駆け”をするわけにもいかず、言葉や態度の端々で牽制球を投続きげるのですが、大学進学を期に栗田が戦線離脱するのです。
真野が栗田を友人として非常に大切に思っているのを知っている高東は、身近にいるのが自分だけになりいい雰囲気になっている時でさえ、最後の一歩が踏み出せません。
で、真野といえば彼らの気持ちに薄々気付いていながら、さらに自分は高東の方に強く引かれていることも感じながら、微妙なバランスを保っている三人の友情を壊したくないことが優先なのです。
私には、この三人それぞれがギリギリまで水を張った容器をこぼさないように持っているように思えました。その水面にさざなみすら立てたくないくらいの緊迫した関係に思えたのです。
そして物語りも終盤、やっとそれぞれの気持ちを打ち明けるチャンスがやってくるのかなという矢先、栗田が事故死してしまいます。
彼がいなくなったことで、真野と高東の関係が急接近するかと思えばさにあらず、緊張の糸が切れたように高東のほうが崩れてしまいます。
真野を挟んでの三角関係ではなく、それぞれが支えあっているような関係だったからこそ、そう簡単には上手くいかないのだなあと思いました。

最終的にはじんわり泣けるハッピーエンドですが、それまでがもどかしいもどかしい。でもそれが読みどころでもあると思います。
高校時代、大学時代のエピソードに加え、桜並木が一つのキーワードです。丁度これからの季節に読むと、雰囲気もよりいっそう味わえるかと思います。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ