代償は獣の罠

代償は獣の罠
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
6件
平均
2.2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫black(小説・白泉社)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784592850458

あらすじ

メーカーの営業部員・田嶋の元に、新たな上司が来た。年下だが遣り手の彼・河西はかつての教え子で、過去に一度だけ肉体関係を持っていた。これをネタに河西は田嶋を脅迫し、体を要求してきて…!?
出版社より

表題作代償は獣の罠

年下の上司で元教え子・河西岳輝
営業部員・田嶋一貴

その他の収録作品

  • あの日の影
  • 残された影

評価・レビューする

レビュー投稿数2

鬼畜? ワンコ?

攻が高校生の時に大学生だった受が家庭教師を受け持っていて、その時食ってしまった、という過去を持つ二人が職場で再会。しかも元教え子は上司。というストーリー。

前作「華族花嫁」が面白かったので続けて読んでみたのですが。
冒頭からしばらくは二人の馴れ初めと、現在の状況が淡々と説明的に綴られて行くだけで、細かな心情や人となりがまったく見えてこず、キャラクターに感情移入することが出来なくてかなり苦痛を感じました。何度そのまま投げ出してしまおうと思ったことか。

ストーリーに転機が訪れると、その苦行も一転します。
受がピンチに陥り攻が助けに来るという王道展開ながら、その途端、キャラクターの個性が引き出されて役割がはっきり見えて来るようになりました。おかげでそれ以降は楽しく読み進めることが出来ました。

嫉妬深くて独占欲の強い攻。最初は強引で俺様っぽく振る舞っていますが、後半は年下らしいいじらしさが感じられて良いです。
美人だけど人付き合いの下手な受は、美人という以外は普通の人。というより、美人設定も改めて説明されないと時々忘れます。攻に対する負い目があるせいか、謙虚を通り過ぎて続き卑屈になってしまっているのが美人に感じさせない要因かも知れません。

数だけならエッチシーンはそれなりに多いような気がするのですが、あまりエロく感じないのは攻が鬼畜になり切れない(=受を心から愛してる)せいなのでしょうか。
後書きで作者様が「鬼畜でケダモノな攻を目指した」と書いていますが、個人的にはケダモノというよりワンコだなと思います。10年も受を思い続けていたなんて健気すぎる。

2

あれ?キャラ変わってません!?

幹部候補の年下の上司(河西)×無愛想だけどやり手の部下(田嶋)というカップリングです。
ただしこの二人は10年前、家庭教師(田嶋・大学生)と生徒(河西・高校生)という関係で、田嶋が男にフラれて自棄になった時、河西が田嶋に対して恋心を抱いていることを利用し、河西を誘惑してHをしてしまったという過去があります。

この作品は2本の中編(「あの日の影」「残された影」)で構成されているのですが、前半の「あの日の影」がカップル成立までの話になっているため、(二人の関係なども含めた)状況の変化が若干性急気味になっている印象がありました。
「弄んだ償いをしろ」と河西が田嶋を強引に抱く…という(ある意味王道な)鬼畜系の展開で始まるのですが、(ある事件をきっかけにして)意外とすんなりわだかまりが解消してしまったのには、正直ちょっとガッカリしてしまいました。(別に鬼畜系が好きという訳でもないのですが、どうせならもうちょっとその雰囲気を楽しませてくれても良かったかな…という意味で)

また田嶋・河西ともに(特に河西が)キャラが変わっているのがちょっと気になってしまいました。
気持ちが通じ合って続きからは相手に対して甘くなる傾向があって当然だとは思うのですが、それを頭に入れていてもちょっと違和感を感じてしまうレベルだったかもしれません。
特に河西のキャラは後半完全にワンコですからね。あぁ別にワンコというのはいいんですよ。ただ最初に登場した時とは明らかに別人だろう!というのが気になるだけで(苦笑)。ちなみに個人的にはワンコキャラの河西の方が好きでした(初心な高校生時代も含め)。

…とキャラについて結構ああだこうだと言って来ましたが、カップル自体についてはそんなに悪くはなかったと思います(年下ワンコも好きですし)。
でもやっぱり全体的に統一感のない印象が残ってしまったのは残念でした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ