純情 3

junjou

純情 3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×25
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
8
得点
54
評価数
17件
平均
3.4 / 5
神率
17.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784861343247

あらすじ

高校時代の初恋の相手・倉田と偶然再会したライターの戸崎は、当時の想いを暴かれ、身体を重ねるようになる。再び倉田を好きになった戸崎に、倉田も本気を自覚し、ついに両想いに。だがある日、玄関先でキスしていたところを倉田の母親に見られてしまう。関係を知られてしまった二人は、改めて自分たちの関係や立場の違いについて考え――…。大人気作品、いよいよ完結!
出版社より

表題作純情 3

リーマン・倉田将成
フリーライター・戸崎圭祐

その他の収録作品

  • sweety start
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

最後の最後に問題をまた二人で乗り越えて・・・

最終巻です。
2巻でも紆余曲折あってどうにか気持ちもお互いに言い合えて、良かった良かった・・・といかないところがミソ・・・
本作もドラマCDで既に聴いてはいたので、結末を分かってはいたものの、漫画はそのことも忘れてハラハラしたり、ホロホロしたりしながら読みました。

遂に二人にとって一番やっかいそうな問題が持ち上がります。
それは、倉田母に二人の関係がばれた挙げ句、思いっきり反対されてしまうということ。
せっかく幸せそうだったのに、やはり水を差されてしまった二人に、読んでいて胸が痛みます・・・。
今回も戸崎の姿が切なくて、苦しくて・・・

でも、最終的にはどうにかこの問題を乗り越えたことで、二人の関係は強固なものになり、同棲も始めることになり、やっとこれから本当の甘々ライフ突入なのね・・・と、気持ちの良いラストになっています。

お互い初恋が実って本当に良かった!!!

たくさん悩んで、傷ついて・・・色々あった分、ラストは幸せ一杯な気持ちになりました。


0

自分達だけじゃなく、家族の壁も乗り越えて

第3巻。
高校1年の時の同級生の戸崎と倉田の再会・交際のお話も、今回で完結となります。

幸せな日々が少しずつ始まっていく二人。
手を伸ばせば応えてくれて、抱き締めれば背に手を回してくれる喜び。
お互いを思い合って馬鹿な事をして、そんな楽しく嬉しい日々にも、現実が忍び寄ります。

今回のこの3巻の大きな部分は、やはり、倉田の母の登場、反対、そして父との会話だと思います。

倉田は母との確執が根強く残っている。
それは、母が昔、浮気をした上に自己防衛的言葉を彼に発したから。
何度も掛かってくる電話に嫌気をさし、電話線を引っこ抜いたから母は倉田の一人暮らしの部屋に訪れた訳ですが、そこで倉田と戸崎のキスシーンに出くわしてしまう。
その瞬間、バレてしまうのです。
母の気持ちとしては、以前まではきっと愛らしいであろう女性と交際していた自分の息子を知っていたし、何故男とキスなんか?自分の見た物は現実?うちの子は悪くない、アイツがウチの子を誑かしたんだ…!と思っても正直仕方ないかなとは思います。
だからと言って、興信所か何かを使ってまで戸崎の住所を調べて押しかけ、息子と別続きれてくれないからとベッドにコーヒーをぶちまけるのをヨシとするわけではありませんが、あの動揺は、至って当たり前と言いますか…
「現実を受け入れられない」という観点では、分からなくもない行動かな…とも思えたのです。

だからこそ、ああして戸崎が強い心を持って倉田の母に言葉を発したのには心が震えたし、自身もカムアウトした時に揉めた経緯があるからこそ倉田に委ねる形になるのだと。

自分は倉田を好きだし、別れたくない。
ずっと一緒に居たいし手放したくない。
けれど、どうあがいても、あとは倉田の気持ち一つ。
そうして待つ姿勢を取ろうとする戸崎の切なさと苦しさが痛い程伝わって来ました。


あれで本当に家族や世間の壁を乗り越えた訳では無いけれど、人に流されず、自分が求めるもの、大事にしたいもの、何かが犠牲になっても手離したくないものが、お互いの中ではイコールになって、繋がりも強くなったんだろうなと思います。


とても分かり易く、綺麗で、葛藤も愛情もしっかり描かれているなぁと思うシリーズでした。
戸崎の純粋で一途な思いが再会で蘇り、倉田を再び好きになること。
再会によって、倉田の燻る思いが一気に弾けて愛情が戸崎に注がれること。
きゅんとして切なくて、二人のきずなが強くなるまでの過程が本当に嬉しく思える作品でした。

0

私は大好きなんですけど……

低評価が並んでいたので思わずレビューしちゃいました(笑)

確かに2巻でくっついちゃったし、終わっても良いような雰囲気は出ていました。
がしかし、
やはりあの3巻なしでは終われない!!

真性の自分にノンケの将成を巻き込みたくないと思う圭祐と、その一歩引いた圭祐を心から受け入れる将成。最後のシーンは涙なしでは読めません!

先のレビュアーさんは、元彼と会うのが許せないとおっしゃっていましたが、それって圭祐が本気ではなかったあらわれではないでしょうか??
やっぱりずっと初恋の将成が忘れられなかったんだろうなぁ、と思います。

今までお互い両想いなのに気持ちがバラバラのまま体を繋げていた関係から、お互いのことを本当に思いやる関係に変化するこの最終巻は、読んでて胸がほっこりしました。

1

王道ラブ

1巻・2巻で最終巻です。
最初の1巻から 鉄板王道ラブラブストーリーです。
富士山ひょうた先生の絵がちょっと。(個人的に)
顔が長いと思います。少し短くお願いします。
攻めは受けに対して優しくなりました。
母親が錯乱してピンチだったのですが・・・。
その後は おきまりのラブラブでした。
私が納得できない所は元彼と平気で会う受けです。
別れた男は精神的にイヤだわ!
仕事だからって 完全に割り切れるものなのかなあ。
ゲイの世界ってオープンなのね。

0

次の障害は

なんだかんだでラブラブになった二人の前に立ちはだかるのは、過保護気味な倉田の母親。
その後の展開はわりと王道です。
そこで引いちゃうのか戸崎ー、この乙女めーと思っていたら倉田ママに言いたいことを言ってくれたのでちょっとすっきりしました。
倉田パパの作画のナイスミドルすぎて思わずときめいたのは内緒。

若干の都合のよさは感じつつ、とりあえずハッピーエンドでよかったです。

0

すっきりする終わり方

完結編ということでどんな感じで終わるのかとドキドキしながら読みました。

良かったです。
2巻の最後で無事恋人に
なった二人ですが
3巻では前から意味深な電話を
してきていた倉田の母が登場します。

この母がうざいのなんの!
酷いかったです。
まあ、最終的には丸く収まったのかな?

それに比べて倉田父は
理解力のある方で。
いいお父さんだなと思いました。

戸崎も倉田も好きなのを
全面に出していて
私としてはおいしかったです。
まとめ方が綺麗で
後味も悪くなく
さっぱり終わってくれたので
読んで良かったと思う作品でした!

1

ハッピーエンド

攻め母はうざかったけど、無事にハッピーエンド。
じれったさ、もどかしさのある地に足が付いたロマンスを楽しみました。

0

理想のかたち

完結編です。

両思いになった倉田と戸崎ですが、倉田の母親に関係がばれてしまいひと悶着。
周囲にゲイであることを特別隠してはいない自分と、二人の関係すら誰にも打ち明けていない倉田の立場をきちんと考え、冷静に行動しながらも、倉田への気持ちは一歩も引けないという強い意志を持っている戸崎を頼もしく思いました。
倉田の方も、越えなければならない壁、親や室江へのカミングアウトも一歩一歩進め、これが大人の男の踏むべきステップだと感心しました。

横槍が入るとどちらかが取り越し苦労をしたり、誤解をしたりするお話が多い中、問題にきちんと向き合い解決をしていくストーリーは地味ですが、納得がいくものでした。

描き下ろしと小冊子は引越しの後の様子ですが、二人の性格がなんとも可愛くて、肩の力が抜けました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ