純情 3(小冊子付き限定版)

junjou

純情 3(小冊子付き限定版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神12
  • 萌×26
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
13
得点
111
評価数
27件
平均
4.1 / 5
神率
44.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥762(税抜)  ¥823(税込)
ISBN
9784861343261

あらすじ

高校時代の初恋の相手・倉田と偶然再会したライターの戸崎は、当時の想いを暴かれ、身体を重ねるようになる。再び倉田を好きになった戸崎に、倉田も本気を自覚し、ついに両想いに。だがある日、玄関先でキスしていたところを倉田の母親に見られてしまう。関係を知られてしまった二人は、改めて自分たちの関係や立場の違いについて考え――…。大人気作品、いよいよ完結!
出版社より

表題作純情 3(小冊子付き限定版)

俺様ゴーイン我儘リーマン・倉田
フリーライター乙女くん・戸崎

その他の収録作品

  • sweety start

評価・レビューする

レビュー投稿数13

感動の最終巻!

富士山ひょうたさんの作品で、一番好きなシリーズです。高校時代の初恋相手と再会したことで始まる、不器用で切ない大人のラブストーリー第3巻です。

週末はお家デートしてる戸崎と倉田。一緒に出掛けたり、ますますラブラブになってる二人にニヤニヤします。

そんな時に現れたのは、倉田の母親です。倉田の部屋から出てきた戸崎を見て、取り乱す母親。倉田にお見合いをさせようとしたり、戸崎に倉田と別れてくれと言うのです。嫌いな母親に反対されて、不安定になる倉田。戸崎に甘える倉田が可愛いし、甘える様子にホントに心を許してるんだな~と嬉しくなります。
戸崎も、母親に「別れない」と啖呵を切ったのに、ホントは不安で不安で…。倉田の前で、泣きながら「別れるのヤダ」って言った戸崎が切なくて可愛くてキュンキュンします。
結局、父親に理解してもらえて、同棲することになったので、ホント良かったです。
最後まで戸崎を狙ってる宮田先輩は、やっぱり好きになれませんでした。

2

そうしてこれから

将成と圭佑。
そんな呼び方にこっちが照れてしまうほど完全にでき上がってしまった2人。
付き合う相手にはそんな甘え方をするのかと、スキンシップの多さに戸崎同様不意打ち照れしてしまいます。

そうして前巻の不穏なラストが現実に。
親バレした倉田にはこれからを考えるいい機会になったのでしょうが、お母様の気性もまた倉田同様思い込んだら一直線なせいか、ホント嵐のごとくでした。
最近ではあまり考えなくなった男同士として根の深い部分が晒され、その分倉田父の言葉には、重みを感じてしまいます。

そしてためらう間もなく肯定する倉田の決意も、しっかりと伝わってきました。

2人の始まったばかりの恋の行先が、親を交えることでいきなり熟考することになりますが、真摯な気持ちが向かい合い、タイトル通りの気恥かしさとすんなり馴染んでしまう日常に気持ちよく読み切ることが出来ました。

1

本当によかったです!!

リーマン:倉田将成×フリーライター:戸崎圭祐です。
いやー。完結しました!マジでよかったです((´∀`*))

最初は倉田の俺さまっぷりにイラつきましたが、ただ単に人間臭かっただけ
なんですよね~。それに最終巻でやっと気がつきました。

ていうか倉田母が普通に怖かったです( ゚ω゚;)
戸崎がしっかりと自分の意見を述べていたのは本当にすごいと思いました。



ていうか、子供が間違いをしたら、それを止めるのは親の役目とか言っていましたが、
それはまだ成人していない子供の話であって、もういい年した大人には必要ないと
思うんですよね・・・。

確かに子供には全うな道を進んで欲しいという気持ちはわかりますけど、まずは話を聞いてから反対するなり、なんなりしろよ!って思いますね。
まぁアクマでも私がそう思うだけで、何が正しいかとかはわかりませんけど・・・

あと、倉田父!!
すごいな~と思いますね。自分の妻が浮気してるのを子供にバラされて、その上
その妻と話し合いをして、まだ続いていますからね・・・。
私なら無理かもしれない・・・って思います・・・

続き
父のおかげで母の行動はなくなりそうでよかったですよ。
そして、倉田が戸崎に同棲しようと言ったときの戸崎の
あの顔が本当によかったですね!あの顔マジでたまりませんでした(*'Д'*)ノシ

小冊子では、同居初日の話でした。
まぁ~クソ甘かったですね(褒めてます)
そして戸崎のお姉さんが出て来ました!
いや~!いい人でした。ごく普通の方と思いますが、倉田のお母さんがリアルに
怖かったので、余計にいい人だとおもいましたね(ノ∀`;)

あと1ページ目と最後のページに作者さんのインタビューがあったのですが、
この時点で宮田先輩の話を描こうと思っていたに驚きました!!

0

感動の最終巻‼ 真剣な2人の純情恋物語でした!

この巻で終わると思うと寂しい気持ちで一杯です。

初恋の同級生〜突然の別れ…そして、再会して恋人へ…長い長い甘酸っぱい2人の純情な恋路もこの作品で終止符です。

2巻で、やっとお互いの気持ちを伝えあい、心身ともに結ばれた2人!
最初の頃にくらべると、倉田も柔らかな人柄になり、戸崎が照れる位、素直に甘えてくる倉田…すっかり可愛らしくなってます。
やっと甘々カップルになってきた所に、倉田の母が登場し、2人の間に最後の大波を巻き起こしてくれます。

母親の登場で傷つき合う2人。
ノンケとゲイという根本がリアルに描かれていきます。

母親のとる行動に、段々疲れてくる倉田。
それを穏やかに支える戸崎…
だけど本心は怖いんです。
恋愛の根本が違うから、倉田との長い先の将来を考えるとやっぱり不安なんです。
その事が母親の登場で、結婚や子供といった現実を突きつけられ、今の関係が崩れるかもしれないと思い悩みます。
そんな葛藤の中でも、芯の強さを見せてくれた戸崎には圧巻でした‼
倉田に告白された事で、戸崎の芯の強さもより一層増してました。
倉田の母親や宮田先輩の揺さぶ続きりにも負けません。
何が1番大切で、1番守りたいのか分っているから、グッと感情を堪えながら、対峙する姿は本当にカッコ良かった‼

「自分はゲイだけど、もともとオマエは違うから…オマエの気持ちに従うことしか出来ない」
と、ぽろりと本心を口にして泣いた戸崎の姿には、言葉もなく一緒に涙してました。
そして、別れたくない!って倉田に伝えた言葉を聞いて、
あっ‼この2人はもう大丈夫なんだなあ…良かったなあと、感情移入状態で大泣きしてました(笑)

倉田も、自分の気持ちに向き合い始め、行動し頑張ります。
友人にカミングアウトしたり、
父親と、戸崎との将来や、罪悪感で苛まれ続けていた過去の確執を話し合ったり…
戸崎との将来を真剣に考えて、親しい人に打ち明け、理解を得られた事で、強さや深みがましたような感じがします。
あれだけ不器用で、素直な言葉もなかなか口に出来なかった人が、
自分と向き合ったことで自信になり、同棲の話も、戸崎が驚く位すんなり言葉にしちゃうんですから(笑)
でも、この言葉は倉田からじゃないと実現しなかったと思うから、自分も待っていたかのように、よくぞいってくれた…と嬉しくなりました。
それにしても、倉田はすっかり可愛らしいデレ攻になってしまって、最初の頃との違いに笑えます。
恋をして愛しい人が出来ると、人間大きく変わりますね(笑)
最後に、友人から2人の馴れ初めを話した時…ツッコミを入れられ倉田の反応は大好物でした。
やっぱり、お互いに純情だったんだなあと感慨深かったです‼

本当に、ひょうた先生らしい、リアルに描かれた作品で大好きです。
で…好きといったら、煙草の使い方、吸い方も萌ポイントです。
他の作品でも、結構、煙草を小物アイテムとして取り入れられているんですけど、今回は特にシーンが多くて嬉しかった♡
いい感じに、いろんな感情を表してくれていてドキドキ♡萌ます‼

その後…新居でのお話が、書き下ろしと限定版小冊子で描かれています。
ケンカもするけど、すぐに仲直りして、ほのぼの新婚さんを楽しんでる感じが微笑ましかったです。

幸せそうに仲良く暮らす姿をみていると、
最初は価値観も性格も違うあまり、悩み、我慢もしたり、ぶつかり合い喧嘩が耐えなかった頃が凄く懐かしい(笑)

3巻を通して、じわじわでしたけど、一歩一歩過程を踏まえて、しっかり歩み寄った2人の恋愛模様でした。

じんっとせつなくなる場面も多かったんですけど、全巻読み終えると、ほっと温かい気持ちにさせてくれる作品です。
是非是非オススメです。

2

マンガは時間がかかるのね。

コミックスの1巻が出てから2年だから、雑誌連載が始まったのは、もっと前?
マンガで、長編となると、やっぱり長期連載で、
えーっと、連載終了まではコミックス処分しない主義なので、
多分家にあるはずの、第1巻2巻が見つかりません。
まとめてレビュー書こうと思ったのに、、

というわけで、3巻だけの感想。

愛は人を強くするのね。

0

読んで良かった~(T_T)

実は×2 
富士山ひょうた先生の絵あまり好みじゃありません(-_-;)
特に手が手が・・・・・手フェチなあたくしはどーしても
受け入れれなかったのです。
な・の・に
雑誌でチラ見したら面白くってすっかり嵌り
違う作品もついつい購入しました(爆)
う~ん絵で拒否っちゃダメなのね・・・と思わせてくれた第二段作品です。

高校の同級生で お互い意識しながらも 倉田の転校で別れ
社会人になってからの再会 
うんで付き合っちゃうといういかにも王道パターンから
始まるお話なのですが
その後の展開がいいんですよね~

最初体から入っちゃたから中々お互いの真意が見えなくて不安になったり 
戸崎の昔の男に倉田が嫉妬したり 
戸崎にちょっかい出してくる男いたり
倉田の母親が出てきて二人の関係がバレて別れさせられそうなったりと
かなりリアルな事柄ばかりの展開と
その事柄によって書かれている視点が変わり書かれているのでとても面白かったです。

戸崎もおっとり系かと思いきやここぞという時は男前発言しちゅし
自分をしっかり持ってるし
倉田も普段 俺様なんですがちゃん続きと戸崎の事色々考えていて微笑ましかった(^.^)
同棲することになって引越ししたところでお話は終わってしまったけれど
その後の二人も
もうちょっとだけ読みたいな~なんて思いました。

限定版では
ちらっと同棲初夜のエピが書かれてしました。倉田に同情1票(笑)


そしてCDも出てるんですが こちらもお勧めです。
えっえ~(;´-`).。oO しっかり買いましたよ(爆)


2

やったぁ~★

私はハッピーエンド好きなんでこの完結には大満足デス!

倉田の両親登場でハラハラ・・・かなりリアルです。

戸崎は倉田の母親に「彼を好きだと思う気持ちに恥じる所はないです」と伝える。
さらに
倉田は自分の父親に「(孫は)見せてやれない。ごめん」と告げる。

二人の深い愛を見ることができました(涙)

ぜひ1・2・3巻と一気に読んでみてください!
絶対幸せな気持ちになれますから★

小冊子では引っ越し初夜などのエロライフが見れるので萌えキュンですヨ!

2

叶った初恋

実は掲載誌で全て追っていたために、今回は描き下ろしと限定小冊子の為だけにご祝儀買いした「純情」完結編。
やっとのことで両想いになった倉田と戸崎。
これまでの溝を埋めるかのように素直になる2人は、見ていてもくすぐったいほど初々しい。
特に倉田の甘えようといったら、おとなしくなった大型犬さながらで、ああ幸せは人を変えるんだなあ・・・と感慨深くなってみたりして。
しかしもちろんこれでは終わらないわけで、次の火種は倉田の母親。
本当にこれから先も2人で生きてゆけるのかを試されるような、そんな葛藤を描いた1冊だった。

この3冊目を読みながら思ったのは、もしかしたら気持ちが通じ合った2巻目で終わっても、このお話はそれなりにまとまったんじゃあないのかな・・・ということ。
しかしそれをせず敢えて倉田の両親を絡めたところに作者の意図は感じるが、どこまで生っぽさを出してゆくかには悩んだらしく、それは倉田母の暴走ぶりが、倉田父とバトンタッチになった辺りから急に失速していった部分にもよく表れているような気がした。
倉田母の形相からは戸崎は絶体絶命のピンチか!とも思われたけども、意外とすんな続きり認めてもらえたんだ・・・ね?と、正直初めは物足りなさを感じていたが、あれ以上こじれたら続刊決定となるだろうし(笑)、それは本来のテーマから外れてゆくわけで・・・そう考えるとやはり、あれくらいの揉め具合で良かったのかもしれない。

物語の最後は一瞬逸れかけたテーマをぐいっと目の前に引き戻してくれた感もある、とても心に響く戸崎のモノローグでしめられている。
叶うことなど考えてもいなかった初恋が、今はっきりと手の中にある喜び。
倉田は認めたがらないかもしれないけども、それは互いの初恋が叶った奇跡のような恋であり・・・やはりこのお話のタイトルは「純情」で間違いなかったんだなと、ちょっとじんとしてしまった。

ちなみに限定版小冊子は本編書き下ろしの続きとなっているので、激甘(激エロ?)な2人を見たい方は絶対に入手して欲しい。
またひょうたさんの制作秘話などを含めたインタビューや、戸崎と倉田の新居見取り図なども掲載されているので、小冊子とは言うもののなかなかに充実した内容。
ただこの先に発売されるドラマCDとの連動企画でしか入手できない小冊子が、この作品のラストエピソードとなるらしいので、ここまでくると少し食い物にされているかなあ・・・という気もしなくはない。
とりあえずは今回の小冊子までで留めておきたいところだが・・・でも本当はその先も読みたい・・・。
やはりまんまと乗せられてしまうのか!悔しいんだけど!(´Д⊂ヽ

5

乱菊

>高坂ミキさま
ねえもう・・・私は全サとかも面倒になってきているので、その上ここまでのお値段だと辛いです。
ああ・・・やはりあの手しかないか・・・オク・・・・・・( ´・ω・`)ノ

高坂ミキ

私も買いたくないけど、買っちゃいそう
どうやってお金捻出しようかしら(´;ω;`)

乱菊

>藤棚さん
ほんとこんなの悪徳商法ですよネ!(笑)
しかし昨今のBL界はこれが当たり前になりつつあり・・・。
まったくもって由々しき問題です( ´・ω・`)ノ
私も欲しいんだけどCDも買わなきゃいけないのはイタいです。
しかも2枚組なので高い!という罠。
これは公式で購入するのが必須なので、送料込みで5550円・・・ た、高!!!
スミマセン・・・お金の話ばかりで(笑)

藤棚

最近、散財しすぎているので。
ドラマCDは我慢して買わない予定だったのですが。
小冊子欲しさに、買ってしまいそうです。
それにしても、あくどい商法ですよね(苦笑)

限定版の為に2度買いました。。。

あいやー!
限定版あるの知らなかったよー(涙
通常版買った後だったのでどうしようか悩んだのですが、買いました。
冊子読みたかったんで、買いました。。。
買ってよかった。
今度からはよくリサーチしてから買います。
皆さんも注意してくださいね!(え?私だけって?)

最終巻というのが残念に思うくらいハマっていたのですが、ついに最後かー。
もっと戸崎と倉田を読みたかったですねー。
でも、幸せな二人が見れたらそれでいい!

2巻の最後で出てきていた倉田の母親が今回大暴れでしたね。
想像していたのとは若干違いましたが、二人にとっては大きな壁となりました。
どちらかというと倉田の方が、辛かったでしょうね。
母親には心の傷みたいなものがあったし、少し憎んでるのかと思えるくらい母親にバッサリと言い放っていたところもありました。
しかし、そんな時に力になってくれるのが愛!ですよね。
倉田が頼ってた気がしたの私だけ?私だけ?
倉田が戸崎に甘えてましたよねー!
うううう、く、倉田ーーーー(泣
合鍵渡された時の倉田、心が軽くなる感じ、気持ちが柔らかくなる感じがすごく伝わ続きってきました。
しかも、ありがとうってありがとうって!!
倉田が戸崎に言いましたよ、それがすごく二人の距離が近くなったんだって思わせてくれました。

倉田が戸崎の変化に気付いたところもよかった!
泣きそうなの気付いたのかなって思ったんだけど、どうだろう?
倉田が戸崎の頭を撫でて、戸崎が泣いて、倉田が別れるとか考えてないって言って、そして戸崎が俺も嫌だーって泣きながら、そして私も泣きながら読みました。
あの部分があるので神評価!
これは最後にふさわしい!

倉田が最後同居まで言い出したのでもっと話は続いてほしかったけれど、最後上司のあの方に突っ込まれて倉田の初恋も戸崎なのではというところまで明るみになったのでよし!!
あの時の倉田、可愛かった。

小冊子は、本編の続きでした。
倉田哀れ(笑
1・2巻でハマった方はぜひ限定版の方がいいですよー!!

2

終わってしまったのが悲しいです

待ちに待った『純情』3巻です!!
内容は玄関先でキスしているところを倉田の母親に見られてしまい、関係を知られた二人は改めてこれからを考えるって感じです。
すごくラブラブになってて倉田が特に変わったというか優しくなったというか戸崎は甘える表情が増えたって言ってます。
1巻2巻ではなんだか考えられない二人な感じですが、こうゆう関係になってほんとよかったなぁ~と思います。
でもそこで新たな問題がって感じですね。母親の反応は普通そうなってしまうんですかね?戸崎は気にしてないって言ってたけど、やっぱり傷ついてたんですね、倉田に頭なでられて涙流したとき胸がぐっときました。
次に倉田のお父さん登場です。でもお父さんのほうが物わかりがいいというか、理解あるお父さんでよかった。二人のことを認めてくれたんです。
これでハッピーエンドですね☆
ほんとよかったぁ~

小冊子は同居始めてからの二人です。
ただラブラブです(笑)
ホントに終わってしまったと思うと悲しい作品です。
富士山ひょうた先生のほんで一番好きです!!というか今一番はまっていた作品です。



2

よかったね^^

このお話好きです。2人の距離が少しずつ、縮まっていく感じにいつもニヤニヤさせてもらいました。終わっちゃうのは寂しい~
けど、これからもずっと一緒にと言う感じのラストで良かった(^^)

最初の頃はどちらかと言うと、勢いに流されているだけのような戸崎でしたが、手放したくないほど大切な者が出来た彼は強かった、特に、2人を別れさせようとする倉田の母に自分の気持ちを伝えたシーンや、その後に倉田とその時のことを話ながら「別れたくない」って泣いちゃうシーンはジーンと来ましたね。
倉田が戸崎とかかわる事で気持ちに色々変化があったように、戸崎も倉田とかかわる事で変化したんだなぁと思えた瞬間でした。

しかし、限定小冊子付きってなんですかね!もう、これはドラコミックスの常套手段かと思ってたらダリアコミックスでもこれをやるなんて、しかも他の方も書いてるけど、CDと連動の全プレってなんだよ~~~!!!

全プレでラストエピなんて、ずるいよなぁほんと。
私は戦略には乗らない、乗らないんだからね!!

1

高坂ミキ

わーん久江羽さんったら~(T▽T)
平川さんの声は好きだけど、好きだけど…
5500円は高すぎる~
相手役声優さんが私の好きな方だったら
うっかり買っちゃうかもですけど^^;)

久江羽

お久しぶりです。

戦略に乗ってしまった私です((^_^;)
もう、郵便局に行ってきちゃった・・・
どちらかというと、CD目的の私です。
この際、高坂さんも引きずり込もうと思いコメントします。
平川大輔くんの声、いいと思いますよー。

末永くお幸せに

ネットで予約注文をしていたのですが、なかなか手元に届かず。
首を長~くして待っていた3巻!!
待たされた分だけ、手にした喜びもひとしおです。

気持ちが通じ合った倉田と戸崎。
初っ端から「ザ★蜜月」といった雰囲気で、何だかラブラブです。
自分に甘える倉田に戸惑う戸崎は幸せそうで、
読んでいて顔がニヤニヤしてしまいます。

しかしラブラブな二人の前に倉田の母親が現れ、
何やらキナ臭い雰囲気になりましたが。
結局、倉田母は二人の絆を深めるきっかけになったのではないかと。
男同士で一緒にやって行くためには、避けられない問題でしたし。
世間の目とか、色々な苦難はこれからもあると思いますが、
それでも二人で一緒にいたいという倉田と戸崎の覚悟というか、
心意気を感じてじーんとしました。
二人はこの先も、きっと大丈夫ですよね。

そして最後の「初恋の成就」には、胸がキュンキュン!!!
倉田のローティーン並みのリアクションには、
読んでいるこっちが照れましたよ~

「限定版小冊子」も充実していて、大変おいしかったです。
二人のラブラブバカップルっぷりに、あ続きてられてしまいました。
ドラマCDとの連動企画小冊子も欲しいですが。
CD購入で5550円ですか、そうですか……(>_<)

1

社会人の二人だから

完結編です。
両思いになった倉田と戸崎ですが、倉田の母親に関係がばれてしまいひと悶着。

周囲にゲイであることを特別隠してはいない自分と、二人の関係すら誰にも打ち明けていない倉田の立場をきちんと考え、冷静に行動しながらも、倉田への気持ちは一歩も引けないという強い意志を持っている戸崎を頼もしく思いました。
倉田の方も、越えなければならない壁、親や室江へのカミングアウトも一歩一歩進め、これが大人の男の踏むべきステップだと感心しました。

横槍が入るとどちらかが取り越し苦労をしたり、誤解をしたりするお話が多い中、問題にきちんと向き合い解決をしていくストーリーは地味ですが、納得がいくものでした。

描き下ろしと小冊子は引越しの後の様子ですが、二人の性格がなんとも可愛くて、本編で入りっぱなしだった肩の力が抜けました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ