砂漠の薔薇

sabaku no bara

砂漠の薔薇
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
12
評価数
7件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
コスミック出版
シリーズ
セシル文庫(小説・コスミック出版)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784774722528

あらすじ

国交を結ぶ前の下見に、アラブの小国サザーランドへやってきたエリート外交官の翠。だが空港に着いた途端、不審な車にさらわらてしまう。と思いきや、次は謎の騎馬の一団に襲われ-!?
あわれ囚われの身となった翠は、身に覚えのない麻薬密輸を疑われ、傲岸不遜な砂漠の首長に尋問と称して、いいように身体を嬲られてしまう。あげく、砂漠での戦利品は首長のものと所有物宣言されてしまい-!? 

表題作砂漠の薔薇

リューク/アラブの小国サザーランドの中の部族の長
久世翠/日本の外交官 策謀に巻き込まれる

評価・レビューする

レビュー投稿数2

砂漠・・物の定番!

なかなか始まりは、過酷な運命の翠は、麻薬の密輸の手先から、
誘拐、監禁、強姦、薬まで使われて、一介の外交官には、
想像も及ばない展開に、そうとう戸惑ったと思います。

リュークこと、ベルクのシャイフ、またこれがいい男なのに、
残酷で、翠を強姦して、自分の女にしてしまい、監禁しかし、
逃げ出した、翠を助けるために、砂嵐の中に飛び出すほど、
惚れこんでしまったという、カワイイ面も出てきた。

王宮を交えた、陰謀に振り回され、悪者に捕まった、翠をリュークが、
助けて、今度は、翠が、命がけでリュークを守ろうとする、
なかなか、読んでいて次はどうなると思いながら、350ページを
あーという間に、読み切っていた。

それにお約束のように、砂漠といえば王子様、やっぱりリュークは、
失踪していた、第一王位継承者だった(予想はしてた。)
また、薔薇のあざが出るのが、興奮した時内モモというのも、
ちょっと、笑える。

身分違いに、翠があきらめて、日本に帰ろうとしたら、自分が
外交官になって、追っかけてくるなんて、ナイス!!

とても楽しめました。

0

本の厚さは伊達じゃない

閉鎖されたアラブの小国「サザーランド」を舞台にした話です。
日本から来た外交官の翠は麻薬絡みのトラブルに巻き込まれてしまい、サザーランドの部族の内の一つ「ベルク」の首長・リュークの一団に助けられます。
しかし戦利品は自分のものだと言わんばかりの態度でリュークは翠を強引に抱き、その後も屋敷に軟禁してしまいます。

ストーリーの本筋としては、凌辱されたことで最初は反発していた翠が、傍にいるうちにリュークに惹かれていくという王道なものなのですが、その中には疑惑、陰謀、策略、嫉妬、裏切り、真実etc…と盛りだくさんの内容で読み応えがありました。
普通なら色々な要素を盛り込み過ぎても中途半端になってしまいがちなのですが、実はこの作品の厚さというのが普通のBL文庫に比べると1.5倍くらいあるんですよ!
最初は読むのに時間がかかるかも…と思ったのですが、複雑な政治・背景などがそれほど書き込まれておらず、難解に感じる部分がなかったことでスラスラと読み進められた上、内容に引き込まれた事もありあっという間に読み終わってしまいました。

特に、敵対している部族に通じている裏切り者がおりその人続き物を探っていくという中で、いかにもこいつが裏切り者だという流れを作っておきながら実は…、という意外性のある展開だったのがなかなか良かったです。
ただその裏切り者の処遇について結局触れられず(どうなったか分からず)終わってしまうのが気になってしまいました。(ちらっとでもいいから何らかのフォローがほしかったかも)

ラストでお互いの気持ちが通じ合ったのに、リュークとの立場の違いから翠は身を引こうとします。結局はリュークの裏ワザ(?)で二人は別れずに済むのですが、これについてはちょっと強引かも…と思ってしまいました。
でもまぁちょっとぐらい都合のよい終わり方になっていたところで、全体を台無しにしていた訳ではなかったので納得の結末でした。

ちなみに本編だけでなく、最後の最後まで小ネタ(あとがきにある二人の後日談)で楽しませてもらえたのも良かったです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ