好みじゃない恋人

konomijanai koibito

好みじゃない恋人
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×215
  • 萌17
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
11
得点
122
評価数
36件
平均
3.4 / 5
神率
5.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199005152

あらすじ

「どちらが先に後輩をオトすか、競争しないか?」。有能な営業マン・香月(かづき)と、営業成績のトップを争う同期の八木(やぎ)。精悍な容貌で行動派の八木に、香月は密かに片想い中。ところが、偶然会ったゲイクラブで、好みが同じ可愛い系と誤解されてしまう。香月は真実を告白できないまま、手強いライバルを演じることに。そんな二人だけの勝負を楽しむ八木が、ある日突然、SEXの誘いをかけてきて!? 
出版社より

表題作好みじゃない恋人

八木洋一郎/香月の同僚でライバル 
香月涼/ビール会社の営業 八木の事が好き

評価・レビューする

レビュー投稿数11

せつなさいっぱい

丸ごと一冊がひとつのストーリーでした。

この作品、ハッピーエンドなんですけど
最初からず~~~~~っと切なかったですョ!
だからと言って、泣けるというのとはまた違うんですけどね。
でも、そういうタイプ・・・切なくてきゅぅ~っとくるような
ストーリーがお好みの方にはGOODかも♪

勘違いから、切ないストーリーが繰り広げられるのですが
そうは言っても仲良しな2人なんですよね。
そこが切なくても読んでいて救われるところ。

ストーリーの中では、受け様の目線で心情がしっかり書かれていたのですが
攻めの八木サンの心の中も、あの時どんな気持ちだったのかしら?この時は
なんでこんな事言ったのかしら?と思う所が多々あったので
そこも読んでみたかったです!!

1

ゲイ×ゲイ

こちらの作品はゲイ×ゲイのお話でした。

受けが攻めも「お仲間」であるけれど、
その部分をクリアしていても、
自分が好みのタイプではないことに落ち込んでいる姿に、
なぜか萌とは違うキュンが来ました。

同情っぽくもあり、何だろうな、友達だったら励ましてやるんだけどな、みたいな謎の感情が。


最近意外とゲイ×ゲイを読んでいなかった事に気が付きました。

むしろ最近読んだものを振り返るとノンケ×ゲイかノンケ×ノンケが多かったです。

本作品はゲイ×ゲイなので、リアルゲイっぽさもあるけれど、
かと言ってそんなに生々しいゲイ話ではないです。

やはりBLにおけるゲイは、体優先でガチムチはあまり好まれないでしょうし。

あと本作品のセールスポイントは、
リーマンものですが、
適度に仕事の話を入れており、仕事の話がさほど多くない部分です。

仕事話が少なくて、恋愛話に重きを置いて欲しい人にとっては読みやすいのではないでしょうか。

1

確かに好き系の話。

友人にこういう感じの話が好みだというのを話して、「それなら、コレ」とチョイスしてくれたのがコレでした。
うん、確かに好き系の話でした。

ある日、ゲイバーで同期の八木と出会った香月。
香月が隣に可愛い子を連れていたことから、同じように可愛い子が趣味なのだと誤解されてしまい、八木と職場での可愛い同僚の争奪戦をしようと一方的に持ちかけられてしまう。
本当は最初に連れていたのはただの友人だったのだが有耶無耶にしたままライバル関係は続き、2人して失恋した後、八木は関係を求めてきて…。

最初にちゃんと訂正しなかったばかりに間違った関係を築いてしまった香月。
一方的にライバル視されているうちに、八木に惹かれていくようになるのだが。
好みでないことがわかっているから口にはできない。
身体を求められた時も本来なら断るべきだとわかっているのに、「身体だけでも」と求めてしまう気持ちもあって。
それがどう考えたって幸せな結末を迎えられないのはわかってるのに。
自分で自分の首を絞めるようにしてどんどん感情を沈めていくような感じが非常に好きです。
素直になれずに自分の殻に閉じこもって続き始める前に諦めてしまう。
後押しされて一度は勇気を持てた香月もトラウマのような言葉に打ちのめされて。
どんどん逃げに入ってしまう感じがいいな。
素直になれずに強気に出て何でもないふうを装って。
最後にはぶちまけてしまうけれど、個人的な好みを言えばあそこでもまだぶちまけないくらいの子の方がいいかな。
もちろん、この後の展開を考えたらぶちまけないとお話にならないのですが。
八木じゃないけど、あの場面でグーパンチは驚きました(笑)
最後はラブラブな感じでよかったです。
個人的には舞原も好きなんで武田と幸せになれたらいいのになーと思いました。

0

不器用物同士

本当は、好きなのに、勘違いからライバル視され、
一緒にどっちが後輩を落とせるか?といった勝負をする
2人の恋模様。どっちも女々しくないのが面白い。

特に受の香月は、本当は八木のことが好きなのに、
八木とは正反対な、かわいい系男子が好きだと
勘違いされてしまい・・・という点が面白い!

また、香月は、継母からのトラウマがあり、
その心の葛藤が、胸に刺さります。

是非2人のラブラブ後日談も読んでみたいです。

0

坂道を転がるように

誤解から好きな相手と競うことになり、友情を育み、好きだからせめて友でいたい、、と思っていたのに、ヤッてしまった。
そんなのダメに決まってんじゃーん!!でも、好きなんだもん拒めない、拒みたくない。
ワカるよ~(泣)
で、セフレ状態。終わった後に後悔するんだよね。
誤解が誤解を呼んで、坂道を転がるように望まない方へ転がっていく。
あちゃ~、すっごい分かる。ダメな時って、とことんダメ。
なんでこうなっちゃったの?好きだと言えれば簡単なのに、今更言えないよねぇ。
本気の相手とセフレはイカンねぇ。身につまされます。
経験がある人も無い人も、ワカる、ワカるよ~、あ~あと思いながら読んだのでは?

テンポのいい文章で、すとーんと読者も落ちる感覚。
この方文章が巧い。物語に落ちるって、文章力が無いとね。
BLでは基本的な文章で??と引っかかる作品もよく有りますから。
他の作品も読んでみたいと思いました。

0

誤解が誤解を呼ぶ

攻・八木洋一郎
受・香月涼

2人とも24歳ぐらいかな。
同期入社のサラリーマン。
ともに営業成績優秀でライバル関係。

入社直後にゲイクラブで友人(カワイイ系)と飲んでいた香月は、同期入社の八木を店内に発見する。
八木も香月に気付いて近寄ってくるが、よりにもよって香月の友人を「好みのタイプ」といい、香月の恋人だと誤解。

否定する隙もないまま、気付けば、
「香月もカワイイ系が好みのゲイ」と八木に思い込まれてしまいます。
しかも仕事でも恋でも「いいライバル関係」を演じさせられるハメに。

香月は少しばかり複雑な家庭の事情が原因で、自分は感情的に成熟していない、欠けたところのある人間なのだと思い込んでいます。
ですから素直な感情表現は苦手で、いつも取り繕ったようなポーカーフェイスを作ってしまう。

八木とのライバル関係からセフレになり、微妙な四角関係になりかけた後で、香月は一度八木との関係を絶ってしまいます。
卑屈にも思える香月のヘタレ具合…。

ヘタレな攻はよくいますが、ヘタレな受というのは初めてでした。
悩み苦しむ受は色っぽいので好物です。
続き

香月が最初に説明してればこんな展開にはならなかったんでしょうが、八木には説明させない強引さがありましたし。
もし否定してたら、2人は出来上がっちゃうことは無かったかな、とも思うので、結果オーライでは?

この作品は何度か読み返してます。
楽しいですから♪

1

ヘタレな美形

出合った時にちゃんと説明していればよかったのに…。
ゲイ・クラブで出くわした同僚八木に、連れの男がただの友達だと言えば、こんな賭けはなかったのに…。

八木の強引な誘いもあったけど、どこかで関わっていたい願望から、『武田を落とす』という八木の賭けに乗ってしまった香月。
本当に好きなのは八木なのに、ヘタレな香月には別れる事を想像して怖くて言えないのです。
体育会系で体当たりで感情をぶつけてくる八木と、胸の内を出さない静かな美形、香月。
二人は営業でコンビを組んだり、成績を競い合ったり、端から見てもいい関係なのです。
そして友情で築くはずの二人は、八木の突然の提案でセフレへと変わってしまいました。

この辺りの進み具合が心に痛いですね。
香月がヘタレなのも原因ですが、悪い条件が重なりすぎてどんどん方向が別の方へ…。
二転三転と、目まぐるしく変化していく環境にまるでジェットコースターな展開。
武田の元カレにも告白され、どうなる香月!…って感じでした。
コミカルなストーリーではないはずなのに、後半のテンポのよさと八木のノリはコミカルのように小気味良いです。

2

素直になれない臆病ものの話

あらすじ読んで、以前から気になってたんで読んでみました。
期待を裏切られませんでしたね~、面白かったです。

同期で同じ営業に配属された、香月と八木。たまたまゲイバーで同じ趣味と知り、その時香月が一緒にいたかわいい系の友達を恋人と勘違いした八木に「同じかわいい系が好きなライバル」と勝手に認定されてしまったのが運のつき。
その後ずっと誤解されたまま二人は仕事も恋も八木のたきつけで競われさせられてしまいます。
もともと人との距離感を取るのが苦手で、競うのも好きではない香月なのに、その事で八木と関わるのが楽しくて流されてしまいます。
更に宣伝部に配属された武田というかわいい系の新人を「どっちが落とすか競争だ!」と言われた辺りからだんだんと二人の間の歯車が狂い始めます。

お互いがお互いを誤解しつつ、流れでセフレのような関係になった辺りからの香月の気持ちが切なかったですね。
抱かれて嬉しい、でもこれがいずれ他人のものになり、自分はそれを見てるだけの存在になると考えると倍苦しい。
セフレはよほどお互いが割り切ってないとやるもんじゃないな~と身につまされますね。
その辺りの誤続き解を、香月の元々の性格のせいで、上手く解消できない。その辺の気持ちの葛藤みたいなのも結構共感してしまい、切なかったです。
更に武田と舞原という宣伝部の二人も絡んで来て、更にややこしく、更に誤解を呼ぶ状態になっていきます。

大きく予想を裏切る展開にもならなかったし、安心して読めました。
その分特に香月の切ない気分や気持ちに引きずられて、結構ドキドキしたりキュンとしたりして楽しかったですね。
自分自身がちょっと最近はずれたの読んでたせいか、久々に王道系の作品を読んで、あーなんかいいな、こういう安心感のある作品もやっぱり好きだと思いました。
キャラの性格や行動にもまったく無理がなかったのもさらりさらりと読めて気分が良かったです。
さらりと読めるっていうのは、やはりうまい人じゃないと難しいと思うんですよ。
私は洸さんは初読み作家さんだったんですけど、良くお名前は聞く方だったので、やはり安定した作風の人なんだなと分りました。これからちょっと気にかけてみようかな。
というわけでとても楽しく読めました。
あ、出来たら武田と舞原の二人でもう一本読んでみたいですね! あの二人もどうなったのかとても気になります。特に舞原がいい人だったんでぜひぜひ幸せになってもらいたいなと思うんですよ。

1

誰にとってのお好み?

今回は可愛い子が好きな意志が強くて自身溢れる営業マンと
自分に自信が持てないクールビューティ営業マンのお話です。

二人がお互いにゲイだと知って紆余曲折を経てまとまるまで。

主人公の二人はビール会社に同期で入社以来、
営業成績を競うライバル同士です。

攻様は人との付き合いで量販店を得意先とし、
攻様はこまめなデータを元に店舗のコンサルティングをする等、
違う点が目立つほど攻様に惹かれていく受様ですが、
友人と連れ立っていったゲイバーで出合った時に
可愛い容姿の友人を恋人と誤解されてしまいます。

誤解を解こうにも「彼好み」という友人は可愛いタイプ。
彼の好みとかけ離れた自分にかなりショックな受様は
強引に自分と同じ趣味だと決め付けられて
否定する気まで失せてしまいます。

ちょっと投げやりな受様の態度が
のちのち自分の首を絞めるのですが
それもまたお話を面白くする鍵ですね。

その誤解のままに
攻様は口説こうとしている後輩も受様に紹介し、
どちらが選ばれるのか競おうとまでされてしまいますが、
件の後輩は気になる彼が出来て攻様は失恋続きしてしまいます。

すっかり意気消沈した攻様を慰めるうちに
良い雰囲気になった二人はなるようになってしまいます。
もうここからはお約束な展開ですね。

最初はセフレ。
でも身体を繋ぐうちに
攻様にとっても受様は特別になっていきますが、
なかなかうまく気持ちを伝えられません。

受様としては恋人になりたいと思っているのですが、
仕事の上でもよそよそしくなる攻様に
どう接していいのかさえ判らなくなってしまいます。

両思いなのにヤキモキしますね。
最後にまた一波乱あってハッピーエンドに。

今回私的に一番ドギトキしたポイントは実はお題です。
『好みじゃない』のは相手にとっての自分か、
自分にとっての相手なのか。

受様はずっと攻様が好きで
ハズミで関係をもったら攻様もメロメロになるという
王道な本作は最後まで安心して読めるお話かと思います。

こんなシチュエーションをお好きな方には
いとう由貴さんの『恋の誘惑、愛の蜜』もお薦めです。

3

「やめないで」「かわいい」がキーワード

ビール会社の同期営業マン同士のお話。
たまたまゲイクラブで出合った八木と香月。
実は香月は以前から八木に片思いをしていたのですが、八木の誤解から「お互い可愛いタイプが好み」だからとライバル宣言されてしまって・・・
香月のゲイ友・純一(可愛い系・恋人あり)、会社の後輩・武田(可愛い系)、武田の上司・舞原(優しく頼れる大人?武田を大変可愛がっている)を巻き込んで、恋のさやあて状態になっていきます。

そもそも香月は八木が好きなので、もともとの性格(事なかれ主義・自分の周りに防御壁を張ってしまう)も災いしてなかなか誤解が解けません。
八木の好みが「可愛い系」だと分かってしまったから尚更、正直に打ち明けるわけにもいかなくなり・・・
重なる八木の誤解の為に、セフレとして付き合っていくことになってしまった二人なのですが、更なる誤解でそれすらもままならなくなり、香月の実家の事情もあってこのまま駄目になってしまうのか・・・だったのですが、
最終的には誤解も解けて実は八木も「かわいい」香月のことが好きだった、ちゃんちゃん。というお話になっております。

押し倒しちゃっている段階で、既続きに両思いなんじゃ?と思うくらいの二人が、些細なことでグルグルしてしまうヘタレっぷりと、
デキる男のはずなのに何かに付け他人がきっかけになって、グラついたり助けてもらったりする情けなさっぷりを堪能するといいと思います。

度々香月のセリフで「やめないで」が出てきます。本のタイトルもこれにすればいいのにと思いました。

0

「可愛い」と一口に言ってもいろいろですよね。

ふたりはビール会社の営業部の同期。
八木は男らしくワイルドな雰囲気の行動派、香月はどちらかといえば八木とは反対のクールな理論派という感じで、タイプは違うが営業成績を競い合い周囲や八木本人からは“ライバル”として見られている。

最初の印象は、八木は香月にとって苦手なタイプではあったのだが、いつのまにか“苦手”は“気になる存在”となり、密かな片想いへと変わっていく。
自分も八木もゲイではあるのだが、しかし八木の好みは「可愛いタイプ」。
そして八木は香月の好きなタイプもそうだと誤解している。
しかもある日、八木は、広報部に入った“可愛い新人・武田(たけだ)”をどちらがオとせるか勝負を持ちかけてくる。

八木の恋人になれないのなら「ライバル」という存在に徹しようと、香月はその「勝負」を受けるが、結局武田は教育係の先輩・舞原(まいはら)にオとされてしまい、二人は撃沈ということになる。
そしてフられた二人で慰めあおうという八木の言葉を受け入れてしまったがために、香月は「片想いの相手とセフレ」というドツボにハマってしまう。

香月は10代の頃継母から「あなたには心がない」と言続きわれたことをずっと引き摺り傷ついていて、「自分は欠けた人間」だと思い込み、他人にそれを気づかれたくないがため恋人とも周囲とも距離を取りたがり「近寄り難い」「冷めている」という印象を与えてしまう人。
でも実際ぜんぜんそんなことはなくて、八木への想いは時に乙女のようだし(笑)、心のない人がこんなにあれこれ周囲を見て気を使ったり悩んだりするはずがないんですよね。
結局継母の言葉には別の意味があって彼女はいい人なのだが、それで数年苦しんでしまった香月って、どんだけ傷つきやすいのかと思った(笑)。
舞原などには、気安さや安心感からか、そういう弱い部分をモロに見せてしまっているので、舞原までオとしてしまう香月ですが、実は最初、意外にしっかり者の武田も香月にハマるんじゃないかとちょっと思ってしまいました。さすがにそれはなかったですが(笑)。

タイプは違ってもそれぞれの得意のやり方で仕事も競うことのできる間柄っていいですね。時には協力してますます力を発揮できそうだし。

結果的に香月にフられてしまうことになる舞原がとても包容力ある穏やかでいい人っぽいので、実はこっちでもいいんじゃないかと思ってしまったくらいです(笑)。
でも、せっかく武田君という可愛い相手がいるのだがら、また元に戻れるのならうまくいって幸せになってくれるといいなと思います。香月に本気で心変わりしてしまったみたいなのが、ちょっと気になりますけど。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ