「愛してる」は最強呪文。お待たせの第2巻

やさしい竜の殺し方 〈第2巻〉

yasashii ryuu no koroshikata

やさしい竜の殺し方 〈第2巻〉
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスDX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥520(税抜)  ¥562(税込)
ISBN
9784048541107

あらすじ

千年前、竜を頂点とする幻獣王と人間の王は大災厄を逃れるため世界を「陰界」と「陽界」に分け、幻獣王は聖王に誓いを交わした。時が経ち、現・幻獣王ウランボルグは「世界が危機に陥った時には陰界を訪れ、聖王の血筋から愛する者を見つけて世界を守る」という誓約の通り、元・聖騎士アーカンジェルに誓いをたてた。幻獣王・ウランボルグの真摯な言葉に、ついに過去の傷を振り払うことができたアーカンジェル。しかし、心が通じた二人の前に現れた敵は、あまりにも悲しい運命の犠牲者だった――。
出版社より

表題作やさしい竜の殺し方 〈第2巻〉

幻獣王 ウランボルグ
元聖騎士 アーカンジェル

評価・レビューする

レビュー投稿数1

どこまでもファンタジー

ウルの人間界に対する思いを知ったたびの仲間は、少しでもウルの助けになる為に頑張ろうと努力する。
アーカンジェルは、自身の悲しい過去を恥とし封印していたが、ウルに見透かされ心のすべてをさらけ出してしまう。
お互いに思いが通じ合う間もなく、ウルは陽気に当てられ狂った竜へと変化してしまう。
世界を救う為には、ウルを殺すしかないと決められていたのだが…。

いいところで終っています。
今回、ウルによって召還されたのは初代の王・セファイド。
なかなか男前でたのしいキャラです。
そしてウルは15歳くらいにしか見えませんが、72歳だという事が発覚!
あと30年かけなければ成人しないと聞いて驚くアーカンジェルは「私にあわせて年をとれ!」と命令します。
甘々になる予感をさせつつ、3巻へ続きます。

3
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ