ステイゴールド~恋のレッスンAtoZ~

stay gold

ステイゴールド~恋のレッスンAtoZ~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×25
  • 萌16
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
19
得点
112
評価数
33件
平均
3.5 / 5
神率
24.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネットコミックス ピアスシリーズ(コミック・ジュネット)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784904468074

あらすじ

見た目は不良だけど実は天然な先輩・けんちゃんはひそかに想う後輩・瑞紀からH指南を頼まれたけど、どんどんエスカレートする質問に心臓ばくばくで!? ミゥミゥがまさかのはじけっぷりを見せる超絶★ハイテンション・ラブコメがコミックス化ついにキタ-!! 描きおろしは前代未聞のアブノーマルプレイw 切なくビターな読み切りもたっぷり収録で、特盛のおもしろさ保証します!!
出版社より

表題作ステイゴールド~恋のレッスンAtoZ~

豊国瑞紀,高1,猫をかぶっている ブリっこ
利多健志郎,高3,見た目とギャップがある 天然

同時収録作品愛のソルジャー

春哉,高校生,居酒屋でバイト
一路,居酒屋の店長,27才

同時収録作品カム

学生
学生

同時収録作品恋のドレイ

新,高校生
陸,高校生

同時収録作品群青シンドバッド

滋,サーファー
朋尋,社会人

その他の収録作品

  • 微熱なテディベア
  • ブラック・ブラック・ドロップ
  • カラフルトライアングル
  • ステイゴールド~未来編~
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数19

瑞紀のキャラがミソ

表題作シリーズの他に短編が3作品収録されています。
印象的だったのはやはり表題作。
予想していたことをいい意味で色々裏切られたので、先を読むのが楽しみでした。
主人公2人ともキャラ設定がいいのですが、目立っていたのは瑞紀の方だと思います。
見かけは小柄で無害そうなんですが、中身はなかなかのくせ者(笑)。
その豹変ぶりが面白かったですね。
年上のけんちゃんも外見のせいで他の人から誤解を受けているキャラなんですが、ほんとはこちらの方が性格的には裏表がありません。
真っ直ぐで優しい性格で、瑞紀が大好きなのですが、ヘタレなところはちょっと乙女で可愛いです。
このシリーズではけんちゃんの友人の一人、友哉のお話もちょっとだけあります。

同時収録作品の中には8ページという短い作品もあるのですが、すれ違ったりはするものの基本甘々なカップルのお話でした。
泣き顔と可愛い絵柄にも拘わらずH度はかなり高いのですが、今回もどちらもすごいと思います。

1

可愛いんだけど可愛すぎて・・・

BLCDが神作品だったので、原作も買ってみました。
大槻ミゥさんの作品は他作品やアンソロジーで読んだことがありましたが、
エロシーンの書き方が超エロかった印象があります。
そしてこの作品もやっぱりエロかった!

「ステイゴールド」
超あまあまだと思います(笑)
BLCDで内容を知ってたので展開が読めましたし、
設定は面白かったんですけど、(攻めが腹黒なのはツボです)
絵が綺麗でふわふわしててとっても上手だと思いますし、
受けのふわふわしてる髪は触ってみたいと思うほどなのですが、
どうしてもエロシーンの表情が可愛すぎて
女の子×女の子に見えてしまうんですよね・・・不思議なことに。。。
まつげとか大きな目とか泣き顔がそうさせてしまうんですかね?
女の子にtnkがついてるみたいな印象(苦笑)
あと途中で出てくる女の子が可愛いけど、
性格がまさにブリッ子で苦手でした(苦笑)
やはりBLに女の子はいらない気がする。。。
この作品は私はBLCDの方が好きです。
受け役の武内さんにはめっちゃぴったりだと思うし、
攻め役の代永さんは見た目は合ってないかも知れない続きけど、
キャラはどんぴしゃだと思いますし(笑)
BLCDを聞いてない方は是非聞いてみて下さい!
あっでも扉絵カラーの攻め君が煙草吸ってるのはカッコイイと思いますよ!

「愛のソルジャー」
修正がモザイクなのにはビックリ!
男性向けエロ本か!?と突っ込みたくなる(笑)
その印象が強い(笑)

「カム」
「恋のドレイ」
「群青シンドバッド」
短編集だからかもしれないですが、
最後がこの結末で良いの!?って思ってしまう作品ばかりでした。。。
すみませんが、モヤモヤして終わりました。。。
あっでも「恋のドレイ」の
受けのア◯ルにリップグロス入れちゃうのはエロイと
思いましたけどね(笑)
あとやっぱ女の子が出てくるのは私はダメです。。。

何か絵とエロに特化した感想となってしまいましたが(^_^;)
私には合わないのかな・・・
でも表題作の設定はBLCDは神作品だと思ったし良かったと思うので、
中立寄りの萌ですかね。
この原作がなければBLCDはなかったと思いますしね。
大槻ミゥさんの絵だったら百合でもいけそうな気がする・・・

1

♡♡♡

作家さんスキです。
あまエロです。

けんちゃん、攻めだけどカワイイです!

1

萌えの宝庫

大槻先生の中で1番好きなこのコミックス。
久しぶりに読んで、また萌えはげたのでレビューします。

「ステイゴールド」
チビ攻めの代表作の1つであろう表題作。
その髪色のせいで不良と間違われ、人が寄り付かなくなってしまった主人公のけんちゃんは、そんな自分に恐がらず話しかけて来てくれた瑞紀に絶賛片思い中。
でもある日、瑞紀に恋の悩みがあると相談され…!?な話。
瑞紀は実は猫かぶりでぶりっ子な腹黒い奴で、そんな瑞紀に天然ほわほわなけんちゃんが上手いこと丸め込まれてしまう。その過程をコミカルにそしてエロエロに、そしてラブラブに描いています。
ピアスレーベルなので、エロ多めで魅せ方や構図も男性向けを匂わせるものがあります。そして、エロを引き立たせる腹黒×天然、年下×年上などの要素が萌えをより高度なものへと進化させていて素晴らしい。
この作品は、私の中で設定・シチュエーション萌え作品としてBL界1、2を争うものです。

「恋のドレイ」
攻めの片思いがついに爆発しちゃう、そんな話。
この攻め、受けへの思いが爆発して受けの彼女を寝取ったり、受けを襲ったりと中々の爆発っぷりです続き
けれど、それまでの余裕を見せる様な態度から一変して、受けへの想いをぶつけるシーンでは余裕のないその表情にギャップ萌えを感じずにはいられません。
そしてなんといっても最後の受けの今までの純粋な姿と一変狡さを覚えた姿にやられた。

特にこの2作品が何度読み返しても好きです。

2

実は計画的でした

「瑞紀♪」「けんちゃん♪」と
毎日抱きしめ合う二人は、
一見微笑ましいバカップルなのですが…?

黒髪短髪眼鏡の瑞紀(攻め)が
実は腹黒という設定なのですが、
身長が低いせいなのか、年下のせいか、
ぬいぐるみに囲まれているせいなのか
憎めないキャラになっています。

ふわゆる系のけんちゃん(受け)は
近寄りがたい、見た目ヤンキー。
こちらは正統派の受け、という印象。

ちなみに、瑞紀が腹黒という事実は
物語の半ばで判明するので
じゃあ過去のアレもアレも計画的?と
思わず最初から読み返してしまいました。
読み返した2回目以降の方が面白かった!

全体を通しても、瑞紀が行動力抜群で
フットワークが軽く、目が離せません。
逆に、けんちゃん側には
比重があまり置かれていないようで、
可愛く喘いでいるだけという印象でした。
ヤンキーに間違われるくらいだから、
もう少し毅然としたお話や、
男っぽい一面があっても良いかも。

この二人のシリーズがメイン。
他にこのシリーズの登場人物のスピンオフが1編、
サーファーのお話が1編、
腕に歯型続きをつけられるお話が1編。

歯型のお話は、
傷痕がリアルで一見の価値があります。

1

身長差萌え

久々に再読して今更ながら気づいた事。攻め君が受け君より身長が低い表題作。
私が求めていた身長差CP。以前読んだにも関わらず思わずはしゃいでしまいました。

身長差に加えて、攻め君が、腹黒(Sっ気有)で、受け君の前ではぶりっ子な所が見ごたえありました。
自分の気持ちを伝える時も、恋の相談と名乗って、受け君を落とす場面もフムフム。

受け君は、周囲からは恐れられている存在なのに攻め君の前では限りなく乙女になる。絵柄もカワイイので女の子に見えるかと思うとそうでもない。攻め君をいつかは組み伏せたいと思っているも、腹黒攻め君にやんわりかわされていて読んでいて微笑ましいかったです。

何より、お互いが相手を好きすぎている。エロにもとても愛を感じます。

表題作の最後、互いが学校卒業し同棲。受け君は外で働き、攻め君は主夫(実は在宅職で、受け君より稼いでいる)な部分も萌えました。攻め君の身長も低いまま!! 同棲しても本性を受け君に見せず、受け君をたてている所もよかったです。

収録作の「カム」と「恋のドレイ」も好きです。
・カム : 行為の際に受け君に噛まれた腕を、大衆の面前続き(学食)で、受け君に分かるように舐める所がエロいのなんの。
・恋のドレイ :親友(受け君)を好きで、その彼女を寝取る攻め君。受け君と彼女を傍から見ている時の攻め君の表情にちょいとキュン。寝取った事を知られて、やけになった攻め君が受け君を抱く場面の切羽詰まったセリフや行動が、今までの気怠い態度と一遍していて好きな気持ちがダイレクトに伝わる。そんな攻め君を受け入れて、彼女とも付き合ったまま(カモフラージュ)の受け君も結構好きです。

2

ちび攻めの原点はここだったのか

あまりにも昔に読んだので全く記憶になかったですが・・・。
そうか、ちっこい攻めと綺麗な受けカプはすでにここで出来上がっていたんですね~!

ピアスシリーズなのでエロも特盛ですね。
綺麗受けがぐちゃぐちゃになっているエロエロをお探しならこれはお勧めです。

それにしてもけんちゃんがアホの子で、毎回瑞紀の思惑通り後ろ使われてます。
気づいてけんちゃんwww
ちょっぴり腹黒瑞紀もそこまで酷い腹黒さじゃないから良かったです。

あと途中で出てきたあの女の子、いい性格してて笑ってしまったw

1

ちっこいの

CDからの~コミックです。
CD これは お勧め!!かわいくて面白い!
脇役の女の子がよかったんですよ~。笑いドコロいっぱいあります。

本の感想。
ちっこいのが攻め。
グイグイ攻めます。嫉妬深さはハンパないですよ。
受けのけんちゃんのみにかわいさ大爆発!腹黒やわあ。
ま~さ~か~
やられるなんて けんちゃん思ってもみないよ。
ぼっこいから騙しやすいんだけどね。
これは 絶対リバならないバージョンだな。
もう 攻めの子背のびないよね?
むさくるしくなったら困るな。

1

一面の表現

全部で4カップルのストーリーが入っていました。

表題作が、腹黒瑞紀とけんちゃんのお話。
高校生のお話ですが、卒業後社会人になった二人のお話も入ってます。

次に入っているのが、
けんちゃんの数少ないお友達の春哉とバイト先店長の一路さんのお話。
ページ数が少ないのでさらっと終わってます。

そして3つ目が、幼馴染の二人である、新と隆のお話。
彼女を作る隆に惚れている新。
BLなんかでよくあるお話だけど、短い中にも
ちょっとした盛り上がりが作られていました。

4つ目は、滋と朋尋。
滋はサーファー、智尋はサラリーマンで無趣味。
このお話の中も3つ目同様、短くても小さな盛り上がりがありました。
要は、サーフィンが大事なのか恋人が大事か?と言ったところ。
お仕事と私、どっちが大事なの?!みたいなねw

面白かったのですが、表題が・・・ものすごーく
ゴチャゴチャした印象。
見ていても、「今、どこに目をおけばいいのか」ということが
解らないくらい色んな情報がバラバラと数多く散らされていました。
そのあたりが読みにくくてちょっとザンネンだったかなぁ。続き。。

1

読み返し率高い

大好きな本でかなり読み返してます。

チビでぶりっこしてるけど本性は腹黒な攻と、背が高くて金髪で怖がられてるけど本当は天然な受。
ブリーチに失敗して金髪になっただけなので、決してヤンキーではありません。

人を疑うことを知らないような受を、攻が手のひらで転がすようにして心も身体もはめていくって感じです。
ぶりっこ技を駆使して!
そこにはもちろん愛があるので、読んでいて楽しいです。
怖がられてるという設定ではあるけど、かわいい雰囲気全開なので強面というわけではなく、ぬいぐるみに囲まれてても違和感ない受がかわいい!

2

ラブリー

とにかく可愛い
とにかくエロい!

表紙買いで久しぶりのあたりでした
短編が多いこのジャンルで
半分以上がメインカップルのお話なので
良かったです

身長さだったり
年下攻めだったり
除毛プレイ?
苦手なはずでしたが
けんちゃんの可愛らしさと
みずきの腹黒さに
もってかれましたね

お人形まみれの可愛いお部屋で
大胆なえっちしーん
絵柄が可愛いのでそこまでに感じないのは
ミゥ先生マジックですか?

両想いなのにすれ違ったり
ちゃんとストーリーがあるのも
引き込まれる理由のひとつです

先生の他の作品も読んでみたくなりました

2

CDで声聞いてからなおさら強烈だ

表紙できゃはっ☆とにこやかにしがみついていた子は表紙裏カラーで悪顔でタバコをふかしてる。

なんとまぁ。2ページ目でどうしたもんかと思った本。
まぁなんにせよ「かわいいけんちゃんを腹黒いチビ瑞樹がいかにして手玉に取るか」見る物語と考えれば、非常に面白いんですよね。
自分に不利な状況に陥ったときに可愛く泣けてしまうし、それで状況をひっくり返せる瑞樹はなんでこんなにブラックな性格になっちゃってんのっ!て感じではあるんですが、みんなが容姿から感じる「かわいい」性格を演じてるだけなんですよね。
健志郎はそういう意味では単純で「怖がられてる」のが不思議なくらい。「怖がられるようにしている」演技はしてたのかもしんないですが、瑞樹相手のけんちゃんはたんなる「金髪ふわ毛のかわい子ちゃん」でしかないよなー、と。
攻めになるような感じには終始思えないタイプ。
瑞樹がそれ以上に攻めっぽくないっていやぁ攻めっぽくないですが。

いつか気づいたときどーなんだろ?と不安に思いはするけど、
二人が高校を出たとき、つまり3年経っても気づいてないって事は・・・一生気づかないんだろーなー。あれだけあざ続きといのに!

まぁなんにせよ。手持ちの本の中では間違いなく五指に入る好きな本であることには違いありません。CDのほうがより好きですが。

2

大きい天然さんの人の好さ

瑞樹は、背は決して高くは無いけれど、腹黒の上に外面を繕うのが上手く、上手にけんちゃんを転がしてます。

一方で”けんちゃん”は、タッパがあって金髪というだけで「怖い人」と思われています。でも本当は寂しがり屋でちょっと天然ボケのお人好し。涙もろいし、優しい。それっぽく見えるというだけで根は真面目。当然、瑞樹にコロッと騙される。

そこが何だかカワイイんですよね。

見た目だけで「怖い人」と思われて、人と目を合わせてもらえなかったり、あらぬ噂を立てられたり……そんな中、瑞樹は自分の外見や噂にも物怖じすることなく話しかけてくれた――それが嬉しくて、そうやって自分に話しかけてくれた瑞樹のことが好きになって……
そんな瑞樹が「実は好きな人がいる」と言う。相談に乗ってほしいと頼まれて、本当は寂しくて仕方ないんだけど断るに断れず――「これで自信が付いて、瑞樹が幸せになるんなら――ッッ」と覚悟を決めたら、その「瑞樹が好きな人」は「自分」だったと知り一安心。

瑞樹も瑞樹で、女子から告白されるエピソードがあります。
最初は即断るつもりだった瑞樹なんですが、けんちゃんの一言で、けんちゃ続きんのために返事を先延ばしに――。
結局その女子とは似た者同士ということで、未来編では何だかんだ言いつつ友達です。(しかも彼女は女子に目覚めていた(笑)!)

寂しがりで、心配性で、お人好しで……けんちゃんのキャラクターが乙女なんですが、そこになぜかキュンとする。
これで瑞樹が単なる「チビの眼鏡くん」だったら面白さが半減していたんじゃないかと思います。
瑞樹の幼少時のモノローグだったり、腹黒さやしたたかさが作品の良いスパイスになっていると思いました。

2

初読みかな

ピアスシリーズは初めて読みました。独特の修正ですね…黒線の方が良いなー。
それ以前に大槻ミゥ先生初読みです。雑誌掲載で連載中のをチラッと読みましたが。

さて、表題作はぶりっ子腹黒後輩×見た目派手ヤンキー?だけど可愛い先輩です。そして肝心なのは身長低×高ということであります。作中で「けんちゃんがかがんでくれなきゃキスもできない」というセリフがありまして、そこが個人的には身長逆カップルの萌え所だと思ってますので、そういった部分が良かったです。で、そういうメンタル面描写はある意味少女マンガっぽいというか繊細さがあるのですが、Hシーンはむしろ男性向け18禁のような画面構成というか見せ方のようなイメージだなと感じました。(実際詳しくは知りませんが。)汁とハートがすごいなぁ…。以前読んだSWEETを思い出したりしました。あの作品の評価を『中立』にした覚えがありますので、こちらもそうしようかな、という感じです。

未来編では、剃毛ぷれいかよ…と。女子に目覚めたマリコに吹きました。「でんぱだ」とか、ギャグが全体的に面白かったです。けれどあまり萌えなかったのは…瑞紀をあまり可愛いと思えなかっ続きたからですかね。中身じゃなく外見がです。

一番話が面白かったのは『恋のドレイ』だったのですが、もっと萌えて良いとこがそこまででも無かったような…。もしかして大槻先生の絵があまり好きではない…?いやエロが濃すぎるのが…というより汁だくが苦手なのかな。
良く分かりません!すみません…。

結構高いですねピアス。

2

キスをしたらその次は?

ブリーチに失敗して金髪になっちゃったために見た目だけ不良なけんちゃん。中身は天然だけど、周りからは怖がられる日々、そんなけんちゃんに普通に接し、しかも怖がられる原因である髪をキレイだと褒めてくれた後輩の瑞紀。
密かに恋する瑞紀に好きな人が出来たからHの仕方を教えて欲しいと頼まれたけんちゃんは…

攻めの方がちっこい眼鏡くん。けんちゃんの前ではぶりっこだけど、腹黒で天然なけんちゃんをうまいことほだしてる感じですね。
まぁけんちゃんも瑞紀が大好きなので問題はないですが。

ピアスということで、汁っけたっぷりなかんじで、エロエロでございます。

受け攻め逆の方が萌えたかも。なんかむりくりな感じがして。
瑞紀が誘い受けでけんちゃんがヘタレ攻めみたいな方がしっくりくる。

まぁ相変わらずエロカワな感じで楽しめましたけども。

1

キラキラしてる感じ

絵がすごく可愛い。やわらかい線で、キラキラしてる感じ~。
だけど、えろすは結構がっつり!
修正トーンが独特で若干気になったかな?

ちびっこで計算くんな後輩攻×天然さんな先輩受。
攻も大分可愛い感じなので、男らしさ重視の方にはおすすめしません。
攻のメイド服(H有り)とかも大丈夫なかたはどーぞ(*^▽^*)

1

ちびっ子攻

まぁ、ショタじゃないんだけど((´∀`))ケラケラ
初めてブリーチしたら、うっかり居眠りしちゃって頭キッラキラ☆v
タッパもあるから、怖い人と間違われてヤンキーに絡まれる。
なんだかんだでみんなに怖がられている“けんちゃん”。
打って変わって相手は、ちっちゃくて、ぬいぐるみとかかわいいものが大好きな“瑞樹”。
対照的に見える二人だけど実は・・・?!
が待っている。
というか、二人とも可愛すぎてこのアンバランスな感じもすごく面白かった。
けんちゃんは、本当はもぅすべてがめろめろだし。
瑞樹は、ちっちゃくてぬいぐるみ好きでも、大好きなけんちゃんのためならどんなことでもやっちゃうし。つぅか腹黒!?
メイドの格好をした瑞樹が攻めている姿はものっそときめきました。
対格差もヨィ。ちっちゃいこが大きい子攻めているすがたはなんかやたら萌える。
大きいお尻をww←ま、女の子ほどじゃないにしても。
個人的には、いつかリバってくれることを祈ってるんですが、瑞樹はきっとそんな気ないんだろうな~ww

「愛のソルジャー」の、可愛い顔に髭~はちょっといただけなかったんですが、その後続きの短編はすごく良かった。
足舐めは・・・・・(*´Д`)ハァハァ

4

天下一品のけんちゃん転がし

今まで読んでいた大槻先生の作品への偏見で、勝手に『眼鏡短髪っ子は受け』だと思い込んでいたこともあり、実際読んで逆カプだったことに驚きましたww
実際は帯裏に可愛いけんちゃんの姿があったんですが…見てませんでしたww

好み的にあまり背の低い攻めとのカプは得意ではないのですが、瑞紀が醸し出す腹黒さ故か、はたまたけんちゃんの愛らしさ故かまったく気にならない作品で、自分の中では結構革命的だと感じました。
なんという大槻マジック。
ただ、えっちの最中の喘ぎ声でただひとつ、ハートマークが多用されすぎているのが残念でした。
え、そこも!?というシーンにも使われていたり、擬音にまでハート乱舞されており…せっかくの可愛らしいけんちゃんが、私の中ではすこーし萎えちゃいました。
エロアングルはもうバッチリでしたが。
穴広げたりだとか腰のしなり具合だとかの細かい描写がとても良かったです!
ここぞという時のエロアングルは、どちらかと言うと男性向けなのかなぁ、とも感じました。
汁だく好きな方にはもってこい!…かも?
剃毛プレイもありましたが、番外編でページ数も少なかったこともあるでしょうが続き案外あっさりさらっと終わってしまって…正直もの足りませんでしたね。
どうせならもっと羞恥プレイで魅せていただきたかった。
絶対けんちゃんも可愛くなっただろうに…。
そしてもうひとつ、お前は剃らなくて良いよ、瑞紀ww


そして『愛のソルジャー』は、なんといっても髭でしょう。
初めは可愛らしい受け顔に髭というミスマッチさに若干引き気味でしたが、次第にそうでもなくなりました。
一路が春哉に乗っかるちょっと手前のアップからはあれ、この人アリかも。と。
ただ、もうちょっと年齢の高い皺のあるようなキャラだと私のツボをグッと刺激するのになぁ、と残念ではありましたが。
でもアホなヤンキー、可愛くて好きでした♪
ぜひカラーで読みたかったですね。

基本的に大槻先生の作品好きですが、今回はちょっと的から外れた感がありましたので、中立評価とさせていただきました。

2

すごい身長差、しかもチビ攻

高校生バカップルのお話。
校内で最強の不良と恐れられている金髪のけんちゃん(実は天然でヘタレ)と実は腹黒のチビ眼鏡・瑞紀のエロエロ話。

年下の瑞紀のほうが完璧な化けの皮を被り、けんちゃんがメロメロになるポイント“かわいい”ふりであれこれ仕掛けます。
単純でやさしいけんちゃんは、それに一々引っかかり、すっかり受けちゃんに育て上げられてしまうのでした。
病気、仮装、女の子からの告白、などを絡めてその度おいしくいただかれてしまうけんちゃんなのでした。いやー楽しい。

それにしても、最近他社のコミックスではあんまり気にならなかったんですが、やおい穴復活してますね先生。どうにも気になるんですが、何とかならないでしょうか?

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ