風と木の詩7

kaze to ki no uta

风与木之诗

風と木の詩7
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
10
評価数
2件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック
出版社
白泉社
シリーズ
白泉社文庫
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784592881575

表題作風と木の詩7

セルジュ
ジルベール

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ひたすらにオーギュを求めるジルベール
ただひたすらに。
狂ったように男に抱かれ、それも本心ではないから心が泣いて
見ていてとても辛い。
純真無垢だった子供の時代。
ただ愛を求めるだけだったものが、、、と思うと
見るだけで切ない気持ちになってしまう゚(゚´Д`゚)゚カワイイジルベール

ひたすらにジルベールを追いかけるセルジュ
野をかけ笑い合う。
いかにして遠ざけるかと考えていたジルベールが
セルジュに心を開きはじめ、笑顔を見せるジルベールが可愛い
のだけれど、しあわせの後には絶望。
そしてまた・・・この作品のすごいのはそこなのかなとも思うのだけれど
決してしあわせなままでは済まさない。

実の父親との肉体関係。
そしてまだ幼いセルジュの身体を蹂躙するオーギュ。
ああ無情

1

鬼畜オーギュスト

『――その夜ジルベールはけっしてセルジュを傍らから離そうとはしなかった
それがセルジュを受け入れた一つの印であったかもしれない
二人だけの時がもしこのまま続いていたなら
それはたぶん動かし難い信頼になって二人を結びつけただろう』

長い長い夏期休暇、帰る場所のないセルジュとジルベールだけが学園に残ることになる。
セルジュとジルベールは激しくぶつかりあったあと、急速に接近する。

この巻が一番好きです。
セルジュの真摯さによって変化していくジルベールに、胸をときめかせた記憶が蘇ってきます。
オーギュストによって汚されるセルジュを見て、倒錯的なゾクゾクを感じたことも思い出します。

竹宮恵子さんは、物語のなかに、当時は存在してなかった『萌え』を確実に描いてるなァ。
随所で趣味に走ってるのが見えて、ニヤケるw

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ