風と木の詩2

kaze to ki no uta

风与木之诗

風と木の詩2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
10
評価数
2件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック
出版社
白泉社
シリーズ
白泉社文庫
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784592881520

表題作風と木の詩2

セルジュ
ジルベール

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ジルベールを理解しよう。
ジルベールの悲しさ、受け入れよう。
求めるものはなんなのか。
ジルベールとセルジュの格闘。
根気良く、めげないセルジュにはすごく胸を打たれます。
どれだけ反発されても、意地悪を言われても拒まれても
セルジュすごいよセルジュ。゚+(。ノдヽ。)゚+。
そんなセルジュが好きでした。

パスカルの実家編。
弟くんの~が有りきではあるものの。
こういう大家族で~のイベントはほのぼのしてて好きでした。
結局のところジルベールを置いてきてしまったセルジュ。。。
ジルベール視点でいうと、なんだかなぁと思わなくもない。

後半~ジルベールの過去へ

0

金字塔

セルジュはとてもイイ子です。
彼にも複雑な家庭の事情があることは、チラホラ出てくるエピソードで何となくわかるんですが、そういうものを感じさせないぐらい真っ直ぐに育っている。
そんなセルジュがジルベールに囚われてゆく。かつて娼婦と駆け落ちまでした父親と似たような激情が、おそらくセルジュの中にも眠っているのだ。
でも彼はそんな自分をうまく受け止められない。ジルベールに見とれ、見とれた自分に衝撃を受ける。
『なにも恥じることはない恥じることはない!美しいものは美しいんだ!そう感じてどうしていけない!?』
ジルベールは叔父(実は父親)のオーギュストに囚われている。
読者の前でゆっくりと、ジルベールの過去のベールが剥がされていきます。

色んな男とセックスを繰り返すジルベールの不安定さ、昔は、時にはウザく、時には魔性に思えたんだけど、改めて読むとひたすら痛々しかった。
自分の肉体をいじめ、痛みを実感することによって、彼は自分自身を確認していたんだろうなと。
この時期彼は、そうすることでしか自分を保つことができなかったんだろうな、と。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ