豪華客船の花嫁

goukakyakusen no hanayome

豪華客船の花嫁
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
集英社
シリーズ
コバルト文庫(小説・集英社)
発売日
価格
¥438(税抜)  ¥473(税込)
ISBN
9784086012829

あらすじ

船上で繰り広げられる甘く切ないBLロマンス
式の直前に失踪した姉に代わり、花嫁役をやることになった郁。花婿の渡会賢聖は、郁が密かに憧れていた人。式の後の新婚旅行では切ない気持ちを抱えながら、新婚夫婦らしく振る舞う郁だったが…?
出版社より

表題作豪華客船の花嫁

渡会賢聖 実業家・郁の姉の結婚相手(28歳)
芝谷郁 姉の身代わりで花嫁になった大学生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

タイトルそのままです。

花嫁シリーズ2作目ですね。

『豪華客船の花嫁』いやもうその通りです。ただ、その花嫁が男で姉の身代わりだってだけです。

郁(受)は、家庭教師をしてくれていた賢聖(攻)にずっと憧れていて、3年前に思い切って告白したものの拒絶され、賢聖はそのまま家庭教師も辞めて離れ離れになってしまったんですね。

でも、その後賢聖は郁の姉と付き合っていたようで、2人は結婚することになります。

ところが、豪華客船での結婚式に参列するためにやってきた郁に、姉からの『あとは任せる』というドタキャンの連絡が。
郁は急遽姉の身代わりに花嫁を務め、そのまま新婚旅行の2週間のクルージングに行くことになってしまうんですね。

こうして挙げてみても『うわあ、ありがちな・・・』と思ってしまうくらいですが、いやもう『王道』です。テンプレートそのままです。

でも、あくまでもそれを承知の上で読めば、先読みできて浅い・薄いお約束の連続も、逆に安心できてなかなか面白かったんですよ。

まあ、安定してる分一応あった波風も浅いというかヌルいです。当て馬もなんとも中途半端でした。

続きただ、意外というほどではないですが賢聖がかなりのヘタレでした。
私はヘタレ攻大好きなのでいいと言えばいいんですが、ずっと年下の郁がひとり頑張ってんだからもうちょっと覚悟決めろよ!という気にはなりました、ええ。

シリーズ他作品のレビューでも書いていますが『こういうもの』として読めば結構楽しめます。それが無理な方はやめておいた方が無難です。
もちろん女装が苦手な方は読まないほうがいいですが、そういう方はもう表紙イラストで避けるでしょうね。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ