龍は乱れる 四龍島シリーズ

龍は乱れる 四龍島シリーズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
集英社
シリーズ
コバルト文庫(小説・集英社)
発売日
価格
¥495(税抜)  ¥535(税込)
ISBN
9784086145220

あらすじ

飛の両親は、大龍(ターロン)と尊夫人(スンフーレン)だった…。この衝撃の事実に気づいたマクシミリアンは、飛の戸籍を調べる。一方、悩みを深くした飛は、花路を抜ける決意をするのだが…。
出版社より

表題作龍は乱れる 四龍島シリーズ

マクシミリアン

評価・レビューする

レビュー投稿数1

逃げられて、追いかけて。

 飛は、大龍と尊夫人の間に生まれた子供ではないのか……?
 その疑惑に気がついたマクシミリアンは、確証を得るために、過去の書類を探り始める。
 一方の飛は、自分とマクシミリアンの因縁から、何とか白龍から距離を置こうとする。
 それを許せないマクシミリアンが、いくら呼んでも来ようとしない飛の代わりに、今度は東州茶房主人を囲棋の相手に……と呼び寄せる。
 それを勘違いした飛は、白龍屋敷へと乗り込み、大立ち回りを演じてしまう。

 何とか花路へと帰り着いた飛だったが、それを花路を守るために、飛の下した結論は!?

 という話でした。
 いやー……なんかもう、つらくて見てられないので、なかなか読むのがはかどらないんですが……。
 一回、読んでるからこそ、この辺りがとってもつらいターンなのがわかっていて、本当になかなか進まなくて困ります。

 そういうわけで、飛が何とかマクシミリアンから逃げようと必死で、マクシミリアンはそんな飛を逃がしたくなくて必死で、のすれ違い。
 挙句、最後の最後に、飛を攫って逃げ出したマクシミリアンは逃げ出してしまう……という。

 そして、続き本当の黒幕であった、東州茶房主人が動き出して……と。
 飛の懊悩に胸が痛くてしょうがないですが、そこを乗り越えれば、まぁまぁなハッピーエンドが待っているので、飛には頑張ってもらいたいです。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ