龍は麾く 四龍島シリーズ

龍は麾く 四龍島シリーズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
集英社
シリーズ
コバルト文庫(小説・集英社)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784086147477

あらすじ

ついに月亮が白龍攻撃の兵を募り始めた。飛は黒党羽の根城に潜入、月亮に不満を持つ党羽たちに協力を求める。そのとき雷英は飛が月亮の嫡子であることを明かしてしまい…。
出版社より

表題作龍は麾く 四龍島シリーズ

マクシミリアン

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ここまできたなら最後まで

 ついに月亮が、白龍を攻めるための人手を集め始めた。
 黒龍全体が不穏な空気に包まれ、黒龍市民の中にも、月亮のやり方を疑問視するものも現れつつあった。
 飛は、何とかこの争いを納めようと、雷英の手引きにより、黒党羽の根城に忍び込み、現状に不満を抱く若い党羽たちに協力を求めた。
 だが、その時、雷英が、飛こそが月亮の嫡子であると、明かしてしまう。
 はからずも次期『黒龍』の名を背負うことになった飛。
 何としてでも白龍の元に帰るために、黒龍の平穏を取り戻そうとしていたはずなのに……

 という話でした。
 こじれにこじれた黒龍がようやく光が見え始めた、と思いきやその光が飛であるという状況に陥ってしまう。
 白龍へ帰るはずだったのに、このまま次期黒龍になってしまえば、ずっと黒龍にいなくてはならず、飛の思惑とはちがう形になってしまう。
 自分は何処かで間違えたのか?
 飛は悩むけれど、ひとまず、走り始めた道を、走り続ける覚悟を決めます。

 せっかく飛が自分の進む道を決めたら、あっちこっちから邪魔が入って、結局真っ直ぐ進めやしない。
 でも、ものすごくうだうだ悩ん続きだ期間が長すぎたから、とりあえずは、間違っているかもしてないけど、今の道を真っ直ぐ進み続けてます。まぁ、あいかわらず、この道でよかったんだろうか? 飛の悩みは尽きないようですが。

 後はラストに向かって走って行くだけ! と思いきや、いろんな邪魔が入ってますが、それでも「自分はどうすればいいんだ?」と悩んでいた時期に比べれば大分健全だと思います。
 どうせここまでシリーズものを読んだのであれば、読者も最後まで付き合っちゃってください!

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ