ワンダフル・スクールライフ、嬉し恥ずかし初合体v

秋霖高校第二寮 リターンズ2

秋霖高校第二寮 リターンズ2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×23
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
82
評価数
19件
平均
4.3 / 5
神率
57.9%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784403522109

あらすじ

「聡のことが死ぬほど好きなんだ」と、波多野は安藤の告白を断った。でも日常は変わらず、うっかり立ち聞きした台詞は聡の空耳だったとしか思えない。だから波多野の卒業まで、毎日がこんなふうに続くはず、と考えていたのだ。そこへ聡の両親が帰国するというニュースが! 聡は今すぐ寮を出ることになってしまうのか、そして波多野との恋(?)の行方は……?
(出版社より)

表題作秋霖高校第二寮 リターンズ2

カリスマ美形高校生作家、乱暴粗暴横暴・波多野帝
寮のみんなに使われまくる長女体質・奥村聡

その他の収録作品

  • 後は野となれ山となれ
  • 私を温泉に連れてって

評価・レビューする

レビュー投稿数4

恋人らしくなってきた

今さら言うのもなんですが、二宮さんのイラスト、本当にこの作品に合ってますね。5巻目に来ても尚、可愛く整ったイラストに目を惹かれてしまいます。

そんなこんなの秋霖高校第二寮シリーズ5巻目。
前半は、聡の家族が帰国する事になり、寮を出て再び家族と住むことに…?というお話です。波多野と聡の家族の初対面・その後、波多野は自分の生まれ育った家に聡を連れて行きます。
ここにきてやっとキス以上の展開になるのですが、朝帰りをした日の寮の皆の反応が楽しいです。予想できたことだろうけど。

リターンズになってから、糖度がどんどん増して来ている気がして嬉しいです。波多野も聡も相変わらずの性格だけど、波多野が口は悪いにしてもちゃんと聞けばすごい殺し文句ばっかり言っていて、聡はめちゃめちゃ執着されているし、愛されてるんだと思うのに、それでも未だに後ろ向きに立ち止まっては波多野の気持ちを微妙に疑う。
ナナメに見れば卑屈ともとれますが、個人的にはこういう受けは嫌いじゃないです。その度に波多野が悶々するのも、普段波多野が済ましている分非常に楽しい。

後半は美希と望の実家の温泉に皆で旅行に行くとい続きうもの。
こちらは若干シリアスでした。藤井兄弟の問題は簡単にカタがつきそうなお話ではないと思うので、広げていくのかなぁ?と言った感じでした。

今回のお話で一番気に入ったのは、寮を出ても学校を辞めるわけじゃないし…と考えこんでいた聡が教師に指された時、周りの友人達が一斉に答えを教えてくれるシーン。1巻で聡は自分の境遇をアレコレ愚痴って波多野に一喝されますが、今なら何となく共感できる気がします。
友人に恵まれて充実した高校生活を送れるという事がどれだけ恵まれているか、こうやって自分で気づいていなくとも他人から「羨ましい」と思われる部分を聡は沢山持っていて、それに気づいていないから愚痴っていたわけですね…。
勿論聡の境遇は人徳と努力によるところが大きいと思うので、「ごく平凡な主人公」に見える聡というキャラクターが自分にはとても魅力的に見えます。それがほのぼのなコメディな短編集この作品を大好きに思う大きな理由なんだなぁと感じました。

0

思わず

5冊目にして、ようやくエッチまでこぎつけたというわけで、ここまで頑張った攻めにおつかれさん、と言ってやりたいです(笑)

月村さんお得意のグルグル後ろ向き思考の受けをシリアスでやられると、ツボがはずれた時、本当にうんざりしてしまうんですが、これだと笑い飛ばせるので、逆におもしろさ倍増。
受けの家族と会うシーンは、爆笑につぐ爆笑でした!

もっと攻め視点で読みたいかも。

1

おおっ、合体しよった!

 とはいっても、そのものの描写はないですよ。

 シリーズ物だし、とっくに両想いだし(全然ラブラブではないですが)、月村先生の初期作品のような痛くて涙があふれるようなことはないのですが、それでもずっと読んでいたいような心地よさはありますね。

 これからは、双子ちゃんたちの恋愛にシフトしていくのかな。

 寮モノは、いつか終わりがくるだろうから、最後は多少は切なくなるのかな。月村先生の、切ないけど幸せな気分になるラストが早く読みたいです。続きが楽しみです。

1

秋霖シリーズ、ついに初合体…!(笑)

リターンズ2冊目。
秋霖高校のおんぼろ寮・第二寮に住む仲間たち+αの恋だったり青春だったり、しかし時に寮生の生い立ちに泣かされたり…という読んでいるだけで喜怒哀楽に尽きないこのシリーズも、通算すればもう5冊目。
1巻から見れば、イラストの二宮先生の絵柄もだいぶ変わっております。

……そう、それだけ長い間待たされいた本懐です!!
やっと…!ついに、初合体を迎えましたーーー!!(笑)

本当に長い道のりでしたネ…。
ここまでの道のりで5巻…って、かなりすごいんじゃないでしょうか?
今時のBL小説にあるまじき道のりの長さ!!
でも私はこの作品のこういうところがすきです。
聡はエッチなんて怖くて無理だ!と思いつつも、波多野の一挙一動に妄想を膨らませ期待しているところが、リアルですごくかわいいのです。
そして、俺様な波多野がさりげなく聡を気遣う姿がどんどんかっこよくなってます。
いままでの秋霖シリーズのなかで、ラブ度最大値!
なんと、一冊で2回も!ありますからね~。しかも2回目は…(笑)
…まあ、とはいっても月村さんです。全て朝チュン程度です。
しかし、コトに及続きぶ流れやコトの最中をチラッと伺える朝の描写の、なんて恥ずかしいこと…!
チラ見せだから余計に恥ずかしいのかしら?チラリズムのエロさってこういうこと?
とテンションが上がっておりますが、今回は波多野と聡だけの進展ではありません。
石田先生と望も、晃(聡の兄)と美希の関係にも少し、進展が…?
「私を温泉に連れてって(本当はハートマーク)」の、温泉地とは…実はあそこ。
謎に包まれた藤井家&藤井シスターズの過去も、またちらりと覗けます。少し切ないです。

とりあえず何はともあれ本懐おめでとう!!
やっと本懐ということは、ラスト?と思いますが、秋霖シリーズにはまだまだ続きがあるようです!
2009年Dear+フユ号に続編が掲載だとか。
そろそろ卒業の話が見えてくるのかしら…楽しみですね!

3

弥七

ああっ! 買いに行かなきゃ~。近くに売ってなかったんですよね。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ