ハッピーエンドなんかいらない。

恋っていうのは

恋っていうのは
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×22
  • 萌8
  • 中立5
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
17
得点
72
評価数
23件
平均
3.4 / 5
神率
30.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784877248994

あらすじ

祐仁と千洋は、写真家と写真集の担当編集者として出会った。世界を飛び回り「道」を撮り続ける彷徨の写真家・祐仁に千洋は魅かれ、駆け引きのようなやりとりが続いたある日、祐仁が千洋をベッドに誘った。応じた千洋は祐仁を抱き、その日から――恋に落ちた。彼に話しかける人、触れる人、仕事にさえ嫉妬する。激しい思いをセックスでしか表現できず、言うことといえばかつて面倒だと思った「女」みたいなセリフばかり…。そんな自分に千洋が愕然とする中、祐仁はカメラを持って飛び立ってしまい…。
出版社より

表題作恋っていうのは

編集者 小沢千洋
美人で仕事もできる写真家 高槻祐仁

その他の収録作品

  • 恋っていうのは
  • 恋におちたら
  • はなしたくない
  • 愛でなく愛でなく
  • 恋であるはずがない

評価・レビューする

レビュー投稿数17

恋愛によって成長していく姿

大好きな作品です!
これだけド直球の愛情表現、読んでるこっちが楽しくなります。
同作者の「無色透明」の後のお話です。
発売日で見ると、こちらの方が先だったんですね。
私は「無色透明」から読んだのですが、
私は「無色透明」→「恋っていえのは」の順番で読む事をおすすめします。
「無色透明」で、隆一に絶対服従の中、
無垢のまま成長していった祐仁のその後が書かれているのですが、
あの祐仁が今、こういう恋愛の向き合い方をしているというのが、
納得いくし、癒されます。
あのままだったら、どうなってったんだろと思ってたので。
まぁ、2人なりの形を作っていって、幸せにもなってたかもしれないけど、
なんかリアリティーがない。

この作品を読んで、
本当祐仁は隆一を愛していたんだと思ったし、
隆一も祐仁を愛していたんだと思ったし、
2人は2人でしか作れなかった関係があり、絆がある。
ひれ伏してでもそばにいたいと思った人。
これを聞いた時は、もぅ泣きそうになりました。
本当大好きで、大切で、すべてだったんですよね。
もぅ過去のことだけど、
その過去には誰も立ち入る続き事も出来ないし、
なかった事にも、否定も出来ない。
そんな事、千洋にだってよーく解ってる。
でも嫌なんですよね。もぅ〜超解る。

今、祐仁は千洋と一緒にいるのですが、
千洋は祐仁の事が大好きで大好きでしょうがないのに、
いつか指の間から滑り落ちるように
祐仁はどこかに行ってしまうのではないかと、気が気ではない。
だから言葉も行動もストレート。
で、祐仁の方ですが、
別に本人恋愛に臆病になってる訳ではないんですよ。
勿論、結果臆病になってるんですけどね、
そうじゃなくて、千洋ほど貪欲じゃないのよってな感じ。
恋愛にそこまでもぅ求めてないってだけ。
だから、ただ好きだから一緒にいて、なんでだろうとか悩みながらいるんですよね。
別に心のどこかに「いつか離れる」とか決めてる訳じゃない。
好き同士なのになんでこんなに話が難しいのか…
恋って…本当…なんなんでしょです。

やはりずれがどうにもならなくなり、
2人は一緒にいる事が出来なくなった時、
やっと祐仁は気付く…というか、一歩気持ちが先に進みます。
自分は傷つく事を恐れてた事、何もしてこなかった自分に気付き、
でもそんな自分に千洋は傷つく事を恐れず、
まっすぐ、ただまっすぐ自分を愛してくれてたという事に気付いた。
千洋を手離したくないって思うんです。

こういうのって、男女の関係でもよくある事。
ひれ伏してでも一緒にいたかった人がいた事は
全然否定する事でも、後悔する事でもない。
そして、また次の恋愛をして、
その人との関係を築けばいい。
恋愛に定石はない。
ただ好きなんだし、一緒にいたい。

そんなにエロシーンはないです。
それより、2人が関係を築いていく姿、
恋愛によって、それぞれが成長していく姿がいい。

超おすすめです。
出来れば「無色透明」とセットで読んで欲しいです。






0

地味に魔性な男と軽い執着攻めってやつ

ずーっと気になっていたスピンオフ、『無色透明』のタイトルと表紙に惹かれていたので、こちらが本家ということで先に読みました。ストーリーの展開としてはグイグイ読ませてくれたので、そのふつー過ぎな進め方に気付かず、神作品に近い印象を持ちました。

写真家・祐仁と、彼の担当編集者・千洋の恋を描いた物語。祐仁の魔性性があざとくなく描かれていたところと、彼に惹かれる千洋の心情が、恋をしたことがある人間なら性別を問わず、なんとなく共感できる部分を表現してくれていたところに反応。男が嫉妬に狂う様は、現代劇だとどう見せるか難しいところですが、千洋の祐仁への執着は女の目で読んでもわかるし、男だって同じなんだろうな…って思わせてくれました。

祐仁の魔性性もちゃんと理由づけされていて、スピンオフを併せて読むと際立ちます。この祐仁の掴みどころのないふわふわとしたところと、千洋のウザキャラをのみ込めるか否かで好みが分かれるかもしれません。千洋が本当に好きになった人と出会ったことによって、思いがけず噴出した自分の感情と向き合っているところがさりげなく描かれていたように思いますし、その真っ直ぐさに祐仁が惹か続きれている姿も読み取ることができたので、ただの危なっかしい奴らじゃないのかも、と個人的には感じました。

あとは、男性カップルの葛藤。ただ会ってセックスするだけの関係じゃない、人生を共に過ごしたい。でも先が見えない。どこに着地するのが正解なのかわからないけど、それぞれが模索している姿が描かれていたのもよかったです。

特に奇を衒った演出もないですし、設定も特殊なものではないのですが、タクミユウさんのすれ違いや嫉妬の描き方が好み。作風は淡々としていながら雰囲気があって、恋愛心理の描写で掴まれてしまいました。本作とスピンオフを読んでから既出の作品を読み進め、結果好きな作家さんの一人となってしまいました。

3

登場人物の言動に共感できた

恋に振り回される男達の話です。

祐仁(受け)とつきあって、千洋(攻め)は仕事に支障をきたしてしまうくらい、恋に溺れます。途中、祐仁の元彼&師匠である手塚の登場もあり、紆余曲折ありますが、最後はハッピーエンド。

と、書くとよくある話ですが、登場人物の言動がとても自然なのは特筆すべきことだと思いました。

なんか、普通なんですよね。
千洋は、嫉妬するし、手荒く抱くこともある。でもDVはないし、Sやヤンデレという立ったキャラじゃない。ずっとあなたを愛している、信じているという、理想的だけどある意味嘘くさいキャラでもない。
祐仁を信じて「待つ」と言ったすぐ後から、いなくなってしまうのではと不安で追いかけてしまう。そんな心の揺らぎが、リアリティがありました。

手塚の、余裕のある男を装いつつ、実は…というのは王道ですが、「おまえを愛している」とベタ惚れを告白することもなく、暴力や権力に訴えるようなこともなく、最後に二人を祝福する偽善者でもなく、ごく真っ当でした。

千洋と手塚の二人を振り回す祐仁だって、天然キャラでも、小悪魔でもなく、美丈夫でもなく、流されているだけで続きもなく、普通に悩んで相談して考えて動いてました。自己陶酔もありませんでしたし。

BLで、というか、漫画の中でのやりすぎ感を感じなかったんですよね。それがすごいと思いました。よく説明しきれているかは分かりませんが。

手塚と祐仁の話が「無色透明」で発売されていますが、私はそちらは読む気になれません。それほど、この作品での千洋と祐仁のCPが好きです。
その代わり、祐仁の友達であるカンと男前な彼との「恋を終わりにしたければ」は読んでみようと思っています。

2

恋焦がれ、恋乞われ。

恋はがむしゃら!
なんて軽いノリの話ではありません。

新進のカメラマン:祐仁への恋心に身を焦がす年下の編集者:千洋のがむしゃらが過ぎます。
千洋は初めて恋愛にハマるという経験にとまどい、振り回され何度も何度も泣きそうな顔で怒りながら祐仁に全身でぶつかります。

『かけがえのない』存在になりたい、好きな人には自分を一番必要としてほしい、という想いは誰にでもある気がします。
だから千洋は自分に同じように想い返してくれず、イマイチ反応の薄い祐仁に不安になり傷つき嫉妬でぐちゃぐちゃになりながら足掻いてしまうんでしょうね。

一方の祐仁は心酔していた写真の師匠:手塚との苦い過去から恋愛(相手)に踏み込まないスタンスをとっています。
それは意識してのことではなく、失った時の喪失感を再体現するのを恐れてのこと。
世界を放浪する祐仁が縛られている唯一が手塚の『おまえにまともな恋愛ができるわけない』という言葉。
祐仁が昔の手塚に対する想いや別れた時の心境を語る場面があるのですが、とてもパンチの効いた言葉です。
例え過去のことだと言われても、それほどまでに愛した人がいたと聞かさ続きれ嫉妬に駆られる千洋がちょっと気の毒(泣)

お互いに好きなのに。

好きだからといって嫉妬や独占欲に猜疑心という負の感情オールスターズを総動員し祐仁に当り、時に乱暴に犯す千洋の姿は客観的にイタい。
でも往々にして事態を動かすのはイタい人だったりするんですよね。
千洋は何度も泣きそうな怒ったような顔を無防備にさらしながら『好きだ』と言い、その突きつけられた恋情が心に届いた時、やっと怯えのない祐仁の笑顔が描かれます。

千洋が愛を乞う度にズレを認識するような微妙な祐仁の表情にこちらの胸が痛みました。

帯の「ハッピーエンドなんかいらない」が読みおわった後に沁みます。

手塚も苦しい恋だったんだと思います。
自分より年下の男に自分をさらす勇気がなかったんですよね…写真家としてのプライドもあったろうし最初から上だった立場がジャマをしたのかもしれない。
不遜な自信家が不安に押しつぶされそうになって逃げたんですよね…。

でもさ、自分のために往生際の悪い姿を見せてくれる相手は、やっぱり愛しいと思うんです(笑)

いろいろ波風たてた脇役さんでしたが憎めなかったな←ヒゲ好きww

‐‐‐‐‐

最初の方にある、ちょっと軽いテイストの話も好きですが、まるまる一冊読みごたえのある作品でした!
ヒゲ受けlove!!
心に残る台詞もたくさんあります。
今、自主的にタクミユウさん強化週間開催中なんですが(笑)この頃の絵が一番好きかな~。


4

曝け出す恋

今まで読んだタクミユウさんの作品とは全く違う雰囲気の作品でした。
どちらかというと淡泊な作品が多いと思っていたんですが、この作品はその真逆を行く感じです。

攻め様は今までノンケで、女性ともそれなりに付き合ってきましたが、最後はいつも女性の方から「私と仕事、どちらが大切なの?」と言われ振られてしまう。
そういう攻め様が仕事の関係で以前から気になっていた写真家の祐仁と出会う。
何度か一緒に会ううちに、祐仁から誘われてなんとなく体の関係を持ってしまうんですが、あれよあれよという間に溺れていって…
それなのに祐仁はまたフラッと海外へ出ていってしまう…
という、攻め様がとことん振り回されるお話なんですが、振り回されて軽く扱われても諦めない攻め様がとっても頑張りました!
こんなフラフラと海外にも何人も愛人がいそうなタイプ、本気になるにはとてもしんどいし、祐仁の立場からしても、帰って来るたび浮気してなかったか聞かれ、半ば半分浮気されるのを諦めてはいるが絶対別れないと言う千洋はとてもウザったいと思うんですよね。
でも、自分の恋心や嫉妬心を隠さずにガンガン曝け出し、大事なものを手放し続きて後悔しないように行動する攻め様はすごいな~と思いました。
外見に似合わず情熱的です。
三角関係も絡まってここまでドロドロする作品は漫画では珍しいかなぁと思います。

1

髪型が好きになれない

小沢 編集者
高槻 写真家

あっという間に身体の関係をもつ。
女性としかつきあったことがなかった男が
普通にすぐ男性を恋愛対象として見れるのかという
疑問を、軽く飛び越えてすすみます

そこが問題ではない。
確かに。

今までに自分が恋愛で感じた事のない
嫉妬や焦り不安を経験し、

恋って。恋とは・・・
と考えさせられるストーリーはでした

過去がないわけがないし
忘れられない人がいてもおかしくない。

今気持ちが通っていても
自分の居場所はどこなのか

相手のこころの中に自分はどのくらい
存在しているのか

男女じゃなくとも
かわらない恋愛があり
男同士だからこそのこともあり

わかっちゃいるけど。。。。という
普通の悩みをセンスよいテンポで描かれており
大変面白かったです

なのに、なぜ中立かというと
小沢のあたまが、アーモンドみたいで
どうにも最後まで抵抗があったので。。。。


1

好きになって、関係して付きあって、では終わらない

じっくりタクミさんを読むのは初めてかもしれません。

男を意識するような登場人物ばかりなので
それだけでも得した気分になれます。
可愛らしいタイプじゃなくて。

好きになった人が放浪するような仕事&性格で
自分ばかりが夢中になったとしたら…。
そりゃもうしんどいに違いありません。
最初の誘いが相手からだったにしても、
それはただ単に今までの経験上、という事もあるし、
お互いよく知りもしないまま寝てしまえるくらいの貞操観念ならば尚更心配。

自分の今までの恋愛がただの戯れに過ぎなかったと気づいた時、
言われた言葉をそのままぶつけてしまう。
「俺より仕事が大事って事!?」。
独占欲って、どうしてこんなにも厄介なんだろう。
好きで好きでたまらない、それだけのはずなのに、
相手を束縛して自由を奪ってしまいたくなる。
例え好きな人が望む事すら投げ出して欲しいくらい。

過去の男と仕事に嫉妬ばかり募らせ、自分を見失ってしまう程の想いは
もうきっと一生ない。
ゆっくりした静かなものとは違うけど、決して今だけの気持ちじゃない。
これくらい情熱的な恋がなく続きちゃ、生まれてきた意味がないかも?

どれだけ想いをぶつけてもぶつけられても、
二人とも唯一無二だと思える存在なら
そりゃ抱き合うしかないですよね。

なんだかんだであてられたような読後感でしたw
でも、価値観のすれ違いにきゅうきゅうしました!!!
甘々じゃない、現実にありそうなエピソード。
好きってだけでうまくいってたら、キューピッドも出番が無いだろうし(←?)



2

まるでドラマのような...

激しい恋でした。
千洋の一途さにドキドキしっぱなしでした。
ドキドキって言っても、そこまで言っちゃマズイでしょ?、
それをやっちゃマズイでしょ?って焦りのドキドキだったんですけどね。

千洋は嫉妬に狂い、恋に溺れた乙女の心を持った攻の男で、
見てるのがしんどくなるような行動ばかりするけれど、
恋をしたら男も女もやることは一緒だから、これもアリなのかな?と...
決して女々しいわけじゃなく、男の本能で行動してる肉食系の男で、
一生懸命過ぎる姿がかわいくもあり、かわいそうでもあり、
ひどいなぁ~祐仁!って何回もイライラしました。

BLではほとんど受に感情移入することが多い中、これはずっと攻の
千洋に感情移入してました。
今まで何回も言われてきた「自分より仕事が大事!?」ってセリフを
自分が言ってしまいショックを受けるシーンにはグッとなりました。

タクミユウさんってホントオシャレって言うか、
センスあるストーリー描く人だなぁ~
エレベーターのシーンとか、他にもセリフや仕草に、ドラマのワンシーンの
ような美しさがあるように思いました。

特にこの続き話では、恋することで生まれる醜い感情が多々出てくるものの、
話の流れでキレイにおさめられてるので、そこまで重い話になってない
気がします。

脇キャラのカンさん、いいキャラですよねぇ~
お店のシェフの彼とはどうなんでしょう??
この2人の話もぜひぜひ読んでみたいです♪

5

ダメおとな、バンザイ

みっごとに、ダメダメな
おこちゃま男達が繰り広げる
超・乙女なドロドロ三角愛。

美人なヤンデレ兄さんが、
過去の男の呪縛から逃れられない前時代乙女ヒゲを好きになって、
何とか手に入れたつもりになっても、いつまでたっても落ち着かない乙女にやきもき。
そこへ、乙女のトラウマの元凶、過去の男まで出てきて、、
って、そんな展開。

ちゃんとお仕事もしつつ、恋愛ではダメダメなおとな達。
そんなお話が、まるっと一冊。

この三人のキャラ設定「執着(小沢)」「乙女(高柳)」「駄々っ子(手塚)」そのものに、今いち萌られない。
特に「駄々っ子」
私の「俺様」地雷に、クリーンヒット。

ダメおとな、バンザイ
の「バンザイ」は
「お手上げ、まいった、勘弁して下さい」の、バンザイ


3

表紙負け?

タクミユウさんの単行本の表紙がいつも素敵で
表紙買いしてしまうんですが、内容にいつも裏切られます
カラーイラストは文句無く素敵なのですが
本文はカラーとのギャップも激しく…イラストレーター向きの作家さんですね

お話はいつものテンプレで、今回はアゴにチョビヒゲのある受け
ヒゲ受けなんですが、中身は乙女なのでいつもと変わりません
親父受けとかヒゲ受け属性の方が購入するとはずれ感が強いと思います
アゴにちょっとひげがあるけど、外見は普通の受けですので

どうも同人誌で人気作家さんだったらしく
あちこちの雑誌でお見かけするんですが
カラーとモノクロの差がかなりありますので
単行本を購入予定の方は、一度雑誌などで絵柄や内容を
把握してからの方がいいかもしれません

5

可愛いオヤジ受v

好きなサークルさんのオリジナルBL。
帯に「ハッピーエンドなんかいらない」ってあったのを見てなんてこの人らしいんだ!
と笑った記憶が(笑)
でも、ちゃんとハッピーエンドだった。あはは。

フーテン(笑)な写真家・祐仁と雑誌編集者・千洋。
祐仁と付き合い始めてから、今まで自分と別れた彼女達が同口異音に言っていた
「私と仕事どっちが大事!?」な台詞を
今度は自分が言う番に。そんな自分にジレンマを感じつつ、
どんどん祐仁にハマって行く千洋。
「恋っていうのは」のタイトルはぴったりではないかと。
前作、「見てらんねぇよ」に続き、シリーズモノで読み応えもあり。

ヒゲ受ってのもいいですねv 可愛いオヤジ受と言うか。
ヒゲと言っても、タクミさんの絵なので大変スタイリッシュ。キレイ目です。

3

雰囲気があって素敵

ヒゲ受けって初めて読みました。エロは濃くはないけどそれなりに雰囲気があってなかなかイイ☆

フォトグラマーの祐仁(受)は腕は確かですが、少々身体はだらしない男です。誰とでも気軽に寝てしまえるような。仕事相手であった彼に誘われるまま佑仁を抱いてしまった雑誌編集者の千洋は、そのまま祐仁に恋をしてしまいました。

しかし祐仁は一ヶ所に長く留まっておけない質で、写真を撮るためなら何処へでも行ってしまいます。何ヶ月も連絡がつかないことも。そんな掴み所のない祐仁にヤキモキする千洋がイイ☆

祐仁はホント魔性っていうかだらしない(笑)バレなきゃ浮気してもいいかくらいは思ってるし、世界のあちこちに寝床(男)があるみたいですし。キスマークはつけて帰ってくるし…


後半では祐仁の写真の師匠でもあり「初めての男」である手塚が登場。祐仁にとって手塚は絶対的な存在だった。しかし祐仁があまりに男を引き寄せるため、淫売だと言われ捨てられます。結局手塚は男の祐仁に溺れてダメになるのが嫌で逃げたようですが。

手塚VS千洋は見物。手塚相手に一歩も引かない千洋がカッコイイ。掴み所のない祐仁に焦れて続き八つ当たりして無理矢理抱いてしまうこともあった千洋ですが、彼も成長してます。

そしてまた祐仁は過去を振り切って博巳に全てをかけられるのか。それとも手塚のもとへ戻るのか。注目です。手塚は当て馬にしてはいい味出してたと思います。祐仁との過去がなんとも…

ページ数もたっぷりで分厚いので読み応えありでした。

4

設定も内容も好みだけど、、、

タクミユウさんは初めて読みました。
駆け引きのようなやり取りが続いたある日、ベッドに誘ったとかすごく萌える。
本当の恋を知らなかった千洋が今までふってきた女の人のようになっていくのも萌える。
そして祐仁の過去とかにも、グッと来るものがありました。
でも、何かもう一押し足りなかった感じ。

表紙買いしたので、中身の絵の感じがちょっと違ったかなと思いました。
もっとコッテリしてる感じがした。
結構あっさりした感じの絵。

1回目読んだ時、表情が微妙に分かりづらかった気がしました。
悔しがるとか焦るとか、そういう部分。
2回目読んだときはそうでもないかと思ったんですが、動きが固いのかな?

ちょっと否定的な感想ばかりで申し訳有りません。
3冊ほど本が出てるみたいだし、これからの新作もまた読んでみたいと思います。

3

間違って2冊かったけどこれなら後悔しない!

タクミユウ先生・・・・お上手!!
これは良い゚+。:.゚(嬉´Д`嬉)゚.:。+゚
あんまり期待してなかったんですけどww

嫉妬・執着。自分に無い感情。
いつもどこか冷めていて、愛しているという自覚はあってもそれが伝わらない。
離れていく恋人はいつも同じ言葉を残していく。
そんな攻が出会ったのは、自分とすごく似た雰囲気を持つ男。
彼もひとつの場所に執着できないという特性を持っていた。
そんな二人が体を重ねる。それは愛情ではなかったはずなのに・・・!?
これがですね、これまで女に対して「ウザ」といっていた「嫉妬」「ねたみ」「執着」をどんどん深めていく話。ものすごいスピードで好きになって、どうしようもなくて。
つなぎとめられるのは体の関係しかなくて。
一生懸命な攻がすごく可愛い。ま・・・・体の暴力はいただけませんが(笑
逆に受。この人も、髭が受wうほ☆
なんて思っていたのもはじめだけ。終盤に向かうにつれて明らかにされる過去だったりとか気持ちの持っていきようが恐ろしく巧い。
過去・そして現在。
最初に出会ったときとは違う感情をもった二人。でも結局は似たもの同続き士っていうのも良い。
いつも本気になれなかった。でも、本気になるのが怖かった。
二人が結ばれたとき・・・
最後の最後。
「これしか甘え方をしらない」という受はもう魔性wwww
可愛すぎてどうしてくれようかと(笑
黒髭のおじさんも好きですが、これはこれでハッピーエンド。
なんか感動した。
間違って新刊2冊かっちゃったけどこれなら後悔いたしません。
読めて幸せだw

7

両想いでハッピーエンド、とはいかなくて

 リアルな話だな、と思った。

 好きだという気持ちが、同じ大きさだとは限らない。攻めの強すぎる気持ちも重いけど、受けの逃げ腰の態度も気にくわなーい。

 なんというか、受けの自分を守るがゆえに攻めを傷つけているのがねぇ。男女の恋愛みたいなんですよね。女心がわからない男みたいなんですよ、受けが!!

 途中までそんな感じで、あんまり乗れなかったんですが、後半はよかった!
 やっと、自分の気持ちに気付いたよ、この人……。報われるよ、攻めが。

 後半がBLだったと思うんですね。ちょっとよくあるBLから外れていて、面白かったと思います。

4

エンジンがかかるのに時間が・・・

放浪の写真家・祐仁と編集者・千洋のお話。

似たもの同士の恋愛なのかと思いきや、裏には深い事情があって・・・
大人同士の恋愛なのかと思いきや、主人公たち思いっきりお子様だし・・・
正直申し上げて、第1話目の表題作だけ読んだ状態では、熱く燃える何かを感じないまま終わってしまったのです。
なぜなら、祐仁は飄々としたオジサンで、糸の切れた凧のような人なものだから、熱を感じない。誘ったのが祐仁の方の割に、エッチもさらりとしているし。
千洋は千洋で、一目惚れしちゃったらしいんだけど、そこのシーンがあっさり流されちゃっているので、なぜ祐仁にそんなにこだわり、ガツガツしているのか理解できませんでした。(これまでの恋愛は女性専門だったのにですよ?)

読み進めるうちに、千洋が結局“今までで本当に好きになったのは祐仁だけ”ということが分かり、祐仁は祐仁でこういう人物になる過程があったことが分かったので、それなりに納得できましたが。(ここらへんで、私もエンジンがかかってまいりました。)

行きつけのバーのマスターカンちゃんがいなければ、この二人どうなっちゃってたんでしょうね。
カンち続きゃん曰く「おまえ(祐仁)はフラフラし過ぎ。ヤロウ(千洋)はおまえにハマり過ぎ。」!!そのとおり!!
カンちゃん、「自分より歳くったガキ持った覚えねーよ」だそうですが、あなたは十分お母さんタイプ。祐仁は大きなお子様ですよ。ついでに、千洋も思いっきりお子様ですね。

で、自分の恋心に気付くのが遅い祐仁が、やっと気付いたのですが・・・この二人の恋愛に大きく関係してくるのが、祐仁の写真の師匠・手塚です。
私としては、千洋×祐仁のエッチシーンを描くのにページを割くのではなく、手塚の背景にもう少しページを使って欲しかったです。
(やっとエンジンがかかったと思ったら、手塚関係は意外とあっさり流れてしまったので。)

5

これは神! 文句無しの神!

日頃から適度な萌えは補給していたつもりですが、
ここまで萌えたのは久々かもってくらい良かったです。
人外もショタもSMもいいけれど、
やっぱりこういうリアル系でハマった時は深いですね~。
感動と萌えが同時に襲ってきて満足感が違いました。

もう細かいことは説明したくない! なんだかそんな感じです。
実際に読んでみてほしいです!
でも、もし、なんだったら!
本の1ページ目にあるカラーイラストだけでも見ていただきたいと思います。
(はたしてセロハンで包んでない本屋があるのか?って感じではありますが……)

タクミユウさんの絵は漫画も良いけれどカラーもすっごく素敵!
私はこの1ページ目にある絵を見ただけでズキュンでした。

そして、そして、漫画の中身ももう文句無しに神なのです。
あんまり神神言うと嘘くさいけど(^_^;) これはマジでそのくらい来ました。

例をあげると、鳥人ヒロミさんの「饒舌な試着室」が結構雰囲気近いかもです。

【ネタバレ】
細かいことは書かないつもりでしたが、
萌えたぎる気持ちを抑えられないので、やっぱちょっと書いとくと……、続き

タクミユウさんて、瞬発力はあまり無いと思うのですよ。
なんか、雑誌に数ページ掲載されてるのを読んでもあまり来ないんです。
でもまとまってから読むとすごい来る!

今雑誌の方では、バーのオーナー完治(このコミックでは脇役)編が出てますが、
まとまるまで読まないでとっとこうかと思うぐらいです(笑)
すごい続きが気になって苦しいという理由もあるし……

ところで、タクミユウさんはいつから完治編を考えていたのか気になります。
完治はこのコミックの中では祐仁と千洋の心の拠り所っていうか、
良き相談相手みたいな立場なんですが、初めて出てきた時からすごい存在感なんです。
『あ~これ絶対、話に絡んでくるぞ~』って感じムンムンなんですね。

だから私的には、
受けの千洋がフラフラついでに完治ともやっちゃって、
さらに祐仁が激情ってパターンかもなぁっていう予想をしていたんですが、
どうやら完治は受けみたいなんですよねぇ。

あぁ、気になりすぎて、色々と待ち遠しいです。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ