満ちる部屋 2

満ちる部屋 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
13
評価数
4件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
米屋〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
44ページ
版型
B5

表題作満ちる部屋 2

ロジェ

評価・レビューする

レビュー投稿数3

レノの変化

【神様の腕の中】スピンオフ、オリジナル同人誌第2巻。
ロジェが、お金を送金している所から始まります。

そもそも全寮制の学校で、お金で自分を買って貰って、という行為自体に不自然さと言うか意味深さがありますが、やはりそうか、と思った瞬間。
ロジェ本人だけでなく、両親に関しても噂がある訳ですから、何らかの理由があって体を売るんですよね。


ロジェを愛する先輩は言いました、「ロジェの気持ちは金でしか買えない」と。
先輩の頼みごとを、レノはロジェに伝えると「俺の目的は金だ 彼に用はないよ」と告げられました。
それがショックだったレノ。人間をお金でしか見れていないロジェにショックを受けたのです。
何故かって、自分の事もきっと、「部屋を貸してくれる都合のいいルームメイト」としか見られていないんだろうと思ってしまうから。
自分は友達だと思って居るのに、自分だけがそう思って居るんだろうなと思うと、誰しも悲しい気持ちになります。

とある日の行為の後、干渉してくるレノをロジェはうざがり声を荒げます。
親切心だった筈が、それを拒絶され、怒りと悲しみが襲うレノは、お風呂にロジェ続きを押し入れます。
その間に、ロジェの破られていた制服のベストを買いに行くレノ。
部屋を貸す代わりにマージンとしてロジェから受け取っていたお金で。

戻ってから、ロジェの傷付いた体に薬を塗ってあげるレノ。
そして、その行為が正に、レノの気持ちの動きが進む原因となる。
自分が塗った行為そのものではなく、ロジェが相手に突っ込まれ切り傷となった部分に、ロジェ自身が薬を塗った時に漏れた、声。
それに、気持ちが昂ってしまう。
そしてトイレに走り、駄目だと分かっているのに、自慰行為をする。
駄目だと思う背徳感と、それ以上に感じる興奮。
凄まじい気持ちの葛藤が表れていると思います。

最後に、気持ちを荒げて拒絶した事をレノに謝罪するロジェ。
気が立っていたけど本心じゃない、本当に良い友人だと思って居るんだよ、と。
そうなりたかった筈、なのに、それが胸に入って来ないレノの違和感。

さっきの自慰行為とその違和感は直結するのだと、きっと必ず気付くでしょう。
友達じゃないと気付くでしょう。

0

レノが可愛くて

真っ直ぐで人を思いやる心を持った優しいレノが可愛いです。
時には立ち入りすぎることがあるんですが、それは理不尽な事が嫌いなだけで。
少しずつですが、ロジェの考えていることや性格が分かってきます。何か事情があって身売りをしているような感じも伺えます(まだまだ分からないことは多いのですが)。
きっとロジェもレノのことが可愛く見えてくるんじゃないかな、そろそろ。
ゆっくりと展開しているストーリーですが、続きを早く読みたいです。

0

七三の先輩・・・名前ないんですかね^^;

今回は一応受け攻めが客×ロジェになっていますが
いたしているシーンはありません。
手を拘束されて、放置されたあとレノが発見って感じです

だんだんロジェの性格(?)がわかってきました
ロジェはお金がだいじ・・・
そのことでレノと言い争っていた後
レノが泣けてきた気持ちがよくわかる!
なんかロジェって寂しい人だなって思いました。

そして、自慰をするレノに萌ww
自己嫌悪しているレノは凄く素直で可愛かったぁぁあ

ついに恋に発展してきたのか!
と匂わせる一冊でした~^^

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ