満ちる部屋 5

満ちる部屋 5
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
15
評価数
5件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
米屋〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
44ページ
版型
B5

表題作満ちる部屋 5

ロジェ
レノ

評価・レビューする

レビュー投稿数4

怖いもの

【神様の腕の中】スピンオフ、オリジナル同人誌第5巻。
今回から、ロジェ視点です。

ロジェはきっと、一番必要な時に、親の愛情を受けられなくなったんだと思います。
お父さんが自分の言葉で命を絶ってしまい、そんなお父さんを尻目にすぐ別の男と再婚したお母さん。
全く連絡を寄越さなかった癖に、卒業後、ロジェがお父さんの遺産を受け継ぐと知ってから手紙を寄越しだしたお母さん。
自分を愛してくれていた父が死に、自分を愛してくれなかった母が生きている。
ロジェの気持ちは、どこに向ければいいのでしょうか。
どうやってその事実を受け入れたらいいのでしょうか。

ロジェは、部屋を出て別のルームメイトを探します。
数日は礼拝堂で寝泊まりしていますが、さすがに体の限界が来る。
そんな所に、忌まわしい記憶を穿り返す男が現れるけれど、ロジェは拒絶する。

そんなこんなで探し回っていると、以前お金で寝ていた先輩がロジェに声を掛けます。
お風呂と着替えを貸してくれると言う先輩に対し、何で優しくしてくれるのかと問うと、
「弱っている君につけ込んでいるんだよ」
と真っ向から言われ、少し戦く続きロジェ。そして、
「こんな事をされても僕はもう貴方を抱きません」
と冷たく言い放ち、それでもいいんだと先輩は頷きます。

先輩はもしここでお礼に、とロジェに抱かれていたら、それは嬉しかったのかな。
いや、違うよな。嬉しくは、ないよな。
気持ちや情で動かない人間だと分かっているからこそ、嬉しくないかもしれないな。
なんて考えちゃいました。

そしてその後、レノが手紙を読んだと詫びに来る。
言わなきゃ分からないものを、それを告げられた事実に、ロジェは涙します。
「知られたくない、知られるのは怖いんだ」と。
レノの優しい気持ちを知っているからこそ、ロジェは真摯に本音を伝えられたんじゃないでしょうか。
たくさん泣いて、泣いて。
本当はきっと、お父さんやお母さんの胸の中でしたい事なのに、出来ない辛さ。
一人で受け止めて来た事実を、今初めて目の前の他人に知られた辛さ。
それでも尚、拒絶しないレノの優しさをひしひしと感じられた安堵感。

もう何年も感じられなかった安心を、レノによって感じる事が出来た証に、あの夢を見る事なく眠れた。
ロジェにとってももう、レノは大切な存在になりつつあるのは確かな瞬間だったと思います。

1

とりあえずは・・・

ロジェの過去がまた少し明らかになりました。
かなりトラウマになる出来事でしたね・・・。
レノの部屋を出て、新しいルームメイトを探しているロジェですが、なかなか見つかりません。
そりゃ、みんなロジェがどんなことをしているか知っているんだもの、見つからないよね。
実は1巻から気になってるのですが、なぜロジェは体を売ってまでお金が必要なんだろう・・・。どちらかというと、こっちを知りたいんだけどな。
この学校はお金持ちじゃないと入学できないと思うから、実家は裕福なはずなんだけど・・・とまだまだ色々気になります。

0

知られたくない過去。。。

どんどんロジェの過去が明らかになってきました。
先輩のおかげでロジェと話ができたレノ。
手紙を読んでしまったことを謝る。。。
レノがひやかしや嫌がらせじゃないって事はわかっていたけど
知られるのが怖かったロジェ

レノの泣いている姿はよくありましたが
今回はロジェが涙;;
なんかやっぱり山田さんの絵は凄い!美しい!!

で、何とかなかなおりです^^
ロジェとレノは仲直りできたけど、
それを手助けした先輩はやっぱあのままなんだよなー
先輩は肉体関係があったからやっぱりレノと同じようにはいかないですね

0

仲直りかな

ロジェとレノが仲直りできた模様☆
今回先輩のおかげですね。
なかなか進みが遅いというか薄い本なので当たり前ですが、
神様の腕の中の作品で私は一番好きかも!!
まだ続いているんですけどね!
どうしてロジェはそんなにお金が必要なのかがすごく疑問なんです。
二人がくっつくにもロジェがお金で誰かと寝てたらイヤですし(;_;)
二人はどうなっていくのか楽しみです!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ