満ちる部屋 6

満ちる部屋 6
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
13
評価数
5件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
米屋〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
44ページ
版型
B5

表題作満ちる部屋 6

ロジェ
レノ

評価・レビューする

レビュー投稿数4

幼き日の記憶

【神様の腕の中】スピンオフ、オリジナル同人誌第6巻。
ロジェの回想シーンがメインです。

結局、レノとの部屋に戻る事となったロジェ。
でも戻るのは、レノが寝静まった「フリ」をする夜遅く。お風呂に入って寝るだけ、のルームメイト。
背中を向けてでも待っていてくれる事が、無意識に嬉しく感じるロジェが居ます。
起きている必要なんてないのに、応えてやる事なんて出来ないのに。
そう分かっていながらも、レノの気持ちや温かさが嬉しいんでしょうね。

そして、レノのもっとそばに行きたい、と思い始めます。

回想シーンでは、優しく大人しいお父さんや、美人だけれど親らしいことをしてくれなかったお母さんとの生活が垣間見れます。
そして、初恋の人となった家庭教師の先生も登場します。

ロジェは、もっと先生の傍に行きたい、もっと頭を撫でて貰いたい、もっと抱き締めて貰いたい。
そんな気持ちを糧にして、名門校で現在通う全寮制の学校に受かるよう頑張り出します。
ロジェの両親がその学校に入れると決めた理由は、離婚してしまう為。
そんな事実を幼いロジェに受け止めさせる事は可哀相だという結論続きから決めた事でした。
でも先生は、逆立ちしたって自分は入れない学校に通えるのなら通いたいよと、嫌がるロジェの背中を後押しするんです。
それを聞いたら、ロジェは先生が好きなんですもん、頑張ろうって思いますよね。
幼く素直な心が、真っ直ぐ直向にさせるんです。

けれど、合格した事を知らされ、嬉しくてロジェのおうちへ来た先生は、ロジェのお父さんと書斎で話し込みます。
そして、妻を愛していると言うロジェのお父さんに、先生はそれでもいいと、キスをします。
それを、ロジェは見てしまう。そこから全てが崩れ落ちてしまう。
もう既に離婚は決まっていたし、次の男も決まっていたロジェの母は罵倒し、更に追い打ちをかけて、
「あなたの子供じゃない」
と突き付けます。

それを聞いたロジェのお父さん。
それを聞いていたロジェ。
お母さんよりもずっとずっと温かい愛情を注いでくれていたお父さん、なのに。

私、確実にお母さんが悪いと思うんですけど。
自尊心を傷付けられたんだろう、なんて。
ロジェのせいなんかじゃない。絶対にロジェのせいなんかじゃない。

1

ロジェの過去

またまたロジェの過去、両親のことがちょっとだけ明らかになりました。
母親が出てくるんですが、このお話を読む限りではすごく嫌な女なんですけれど・・・。
ロジェの母親は娼婦だったということですが、結婚前からそうだったんですかね・・・。なんでお父さんと結婚したんでしょう・・・。
男を作って離婚するってのに、本当なら母親の方が慰謝料払う方だと思うんですけど、お父さんが「妻がこの家とロジェを残してくれました」って、どういうこと???といろいろ疑問に思ったり。
そのせいか、あまり萌は感じられませんでした。
まあ、でもあまり細かいことは考えないでおこう・・・(笑)。

0

期待。

消灯を過ぎてバスをつかって寝るだけだけど
ロジェが部屋に戻ってきました!
それを寝たふりしてまっているレノが健気で可愛いですw

今回はロジェの過去のお話。
お父さんとお母さんと家庭教師の先生が出てきます
しかしあのお母さんがお父さんを本当に好きだったんでしょうか??
ちょっと謎mm
ロジェの過去の話ですが、とってもシリアス・・・
ロジェの話というよりお父さんの話かなー?

お父さんと先生のキスを見てしまったあとの
ロジェ少年の心の中の変動は
とてつもなく切なかった;;

そして、今回の表紙は今までとちょっと違う!
今まで似すぎて間違えが多かったらしいです^^;
ロジェの心の葛藤って感じでしょうか

0

過去のお話

ロジェがレノの部屋に戻ってきました。
ロジェは夜中部屋に戻ってくるのですが、
それをレノが寝たふりをして待っているんです。
レノ可愛い☆
それを期待するロジェ!ロジェもレノが好きだと思うんですけどねぇ~!
上手くいきませんね(>_<)
今回はロジェの過去のお話がほとんどでした。
なんか切ない。

うーんやっぱり切ない(;_;)



1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ