執事は仰せのままに

執事は仰せのままに
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784775513545

あらすじ

「16の身空で見合い結婚なんかできるか!」ある日、名家・桂城家のじゃじゃ馬息子の常葉は、父親から見合い結婚を命じられる。そのしつこさから逃れるため、「男が好きなら諦めるだろう」と迷案を思いついた常葉は、執事の麻生に自分の恋人として振る舞うように命じる。父親を騙すため麻生とイチャつく常葉だったが、抱き締
められてうっかり気持ちよくなってしまい!? クール執事
×お坊ちゃまの偽装ラブの行方は!!

表題作執事は仰せのままに

執事
坊ちゃん

その他の収録作品

  • お坊ちゃまの言う通り(表題作
  • お坊ちゃまのやる通り
  • キスがご褒美
  • タベテシマイタイ
  • 発情リミット
  • 気分はHoney Moon
  • 牙の楔

評価・レビューする

レビュー投稿数1

執事×お坊ちゃん

桂城家には、代々にわたったしきたりがある。桂城家の子供は16歳になったら結婚しなければならない。じゃじゃ馬息子の常葉(トコハ)は十六になった今、父親から見合いの話を迫られている。そこで、「男の恋人がいれば、親父もあきらめるだろう」と、恋人役に、いつも世話係としてそばにいる執事の麻生に恋人役を頼むのだが・・・?!
短編なので、やけにあっさりした仕上がり。
「恋人なんだから一緒の布団に寝るのはあたりまえだろ?」
無邪気に誘ってくるあたりが、麻生的立場からすれば据え膳www笑
ただ、気持ちの変化の部分に関してがあまり描かれていないせいもあってかなりライトな感じだったかなと思います。
絵柄はかわいいので◎。
親父殿も、だまって見合いの席を設けて~とかあくどいことを考えないあたりが悪を感じさせないですね.。゚+.(・∀・)゚+.゚
付属品大好きな私としましては、猫耳な「発情リミット」をプッシュしたいところですが、今回は「キスはご褒美」これがイチオシかもです。
小さいころに、家庭教師に来ていた先生(今は学校の教師と生徒)に、ご褒美と称してキスをもらっていた。それは今も変わらず。
続きしかし、年上である先生にとって、それはちょっとおかしなこととして認識は強まるばかり。あるとき、「キスは好きな人とするものだ。もうしない」と告げるが・・・!?
ありきたりな設定な印象はありますが、悪くないです。
他作品にしてもですが、感情の動きがもう少しあれば良。
絵柄はウマw今後に期待

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ