策略家はワガママに恋をする

策略家はワガママに恋をする
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
3
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784861343322

あらすじ

新任の大学講師・各務真琴は、受け持った講義のなかでも特に熱心な学生・岩室朋章が、心酔する大学教授の息子だと知る。おまけに大学一年とは思えない、大人びた岩室に不思議なほど懐かれ、教授の自宅でもある岩室の家に招待されてしまうことに! だが、教授の蔵書に夢中になっていたはずが、気づくと岩室に押し倒されて、ミダラな行為に翻弄されてしまい――!?
出版社より

表題作策略家はワガママに恋をする

岩室朋章 大学生
各務真琴 新任大学講師

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

付いていけない…

大学教授の息子・岩室朋章×ショタ系新任講師・各務真琴
このお話はあんまり好きではありません…結構、性格やら行動やらが「!?」で…。
岩室と各務は学生と大学講師として教室で出会うのですが、
のっけから各務はミスをして、岩室にうまくフォローをしてもらいます。
いくら新米で初授業だからといって、学生に助け舟を出されるのはどうだろう…。
まぁそういう抜けている所が持ち味となってここからのお話が進むわけですが。

そうやって助けられたり、授業題材のリクエストを受けたりで2人はちょっと仲良くなります。
すると岩室が、各務の尊敬する岩室教授の息子だと判り…
会わせてくれると言う岩室に各務は大喜びです。
岩室もここまでは中々に良い好青年といった感じなのですが…。

実際に家に招いたあたりからちょっと(´・c_・` )ウーン・・です…。
岩室は各務がもう好きみたいで、いきなりキスをしてきたり積極的。
しかし教授の事を気にする各務に不機嫌で…
教授で釣って家におびき寄せたのに、なんなんだろうな?といった感じでした。
なんなら父の事を利用して、もっともっと脅すみたいにして近づ続きけばいいのに。
各務も空手の経験があるならしっかり抵抗すればいいのに、ほぼ流され状態…。
この時は必ずしも相思相愛ではないはずなのに、しかも教え子に迫られていて…。
エロはいい感じですが、設定が生かされていないみたいでちょっと残念です。

私の頭が固いのか…その後の岩室と各務の行動もちょっと理解できない…。
シチュエーション萌えも有りそうですが、真昼間の大学の一室で致すのはちょっと…。
いや、ローターは良かったですけれど。笑
岩室は、好きだということを免罪符みたいにして迫りまくっているし、
各務は相変わらず流されすぎだし、なんだかリアルさに欠けています。
岩室の行動が全部、“若さゆえのワガママ”で片付けられている気がする…。
仮に各務が最初から岩室が好きだったとしても、やっぱり納得できない。。

そして私がこのお話で一番に引っ掛かってしまったのは、
全てがエロだけに向かって動いている感じがあることでした。
BLと言えどエロだけではない何かが伝わってくる作品が大好きなのですが、
今回は一切そういうのが感じられなかった。。
先生のあとがきにも「えっちをかっ飛ばしすぎた」と有ったのですが、
まさにそうだなぁと思っちゃいました…。四分の一はエロシーンです。
色々ネガティブな意見を述べてしまいましたが、単に私の好みではなかっただけです…。
ショタ系・下克上・エロ好きな方はおすすめです。

3

伊吹亜弓

>>ルネ様
まさか自分にコメントを下さる方がいるなど考えもせず、チェックしていませんでした(ノД`)
かなりご挨拶が遅くなってしまい申し訳ありません…コメントありがとうございます!

かなり辛口な事をぺっぺと書いてしまったのですが、逆効果が有ったようで嬉しいです☆
ローターはなかなか良かったので(笑)是非お読みになってくださいo(^▽^)o

ルネ

とっても熱いレビューなのです。評価が低くても、これだけ熱く語らせる作品ならかえって読んでみようかなという気分になるから不思議です。

生徒×先生

年下攻めです。恋愛に関しては策士な大学生と、そんな彼の手の中でころころ転がされちゃう隙だらけの新米大学講師。
そんなふたりの。ちっと強引に進んでいっちゃう恋愛模様にどきどきします・・・vvv エロ度も高くて、そういう意味でもどきどきします。
落ち、というか話の最後にも面白い仕掛けがあって、声を上げて笑ってしまいました。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ