西洋骨董洋菓子店 4

西洋骨董洋菓子店 4
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
16
評価数
4件
平均
4 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Wingsコミックス(ウィングスコミック・新書館)
発売日
価格
¥530(税抜)  ¥572(税込)
ISBN
9784403616907

あらすじ

「俺はこの日を待っていたんじゃないのか?」小野と再会し、エイジと出会い、千影の世話を焼き、ケーキを売る。いつの間にか、あの暗い部屋で嗅いだ臭いは、遠くなったと思っていた。それなのに。誘拐され、冷たくなって見つかった子供たちの胃に俺が売ったケーキが詰まっていたと刑事は言う。途端に俺を襲ったのは、あの部屋の生クリームと血の臭いと、かすれた低い、男の声??。そんな俺の耳に、かすかなこどもの叫び声が届き??。すべての苦さと甘さが交差する、アンティーク最後のレシピをお楽しみください。

表題作西洋骨董洋菓子店 4

小野

評価・レビューする

レビュー投稿数1

甘くほろ苦い

最初に言っときます。エロは全くありません。そして、小野は魔性のゲイと呼ばれていますが他はノンケのような感じに見えます。その辺が曖昧なんですけど…この巻は恋の駆け引きと言うものもほぼなく、橘の過去のトラウマを軸にして話が進んでいっています。

よしながふみさんは最初、漫画の書き方や絵が苦手で避けていたのですが機会があって読んでみると意外に面白かったです。最後の終わり方とか結構好きだし、橘がトラウマと向き合う場面も表情などから真剣さが伝わってきました。

この巻は少し痛い面もありますが全体的にはほのぼので独特な世界観が楽しめる作品です☆

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ